Blog 自動化ルールとワークフローアクションを無効にする方法

自動化ルールとワークフローアクションを無効にする方法

CRM
Bitrix24チーム
5 分
98
公開済み: 2023年9月19日
Bitrix24チーム
公開済み: 2023年9月19日
自動化ルールとワークフローアクションを無効にする方法

この度は、自動化ルールを無効化できるようになりました。 自動化ルールを無効化すると、アクションの実行は停止されますが、アクションチェーンには残ります。


操作方法

CRMセクションに移動し、自動化ルールのボタンをクリックします。

販売自動化のページで自動化ルールを選択し、アクションをクリックして無効化を選択します。

 

編集モードが自動的に開きます。 ここでは、複数の自動化ルールを一度に無効にすることができます。

自動化ルールを有効にしたいときには、アクションメニューから有効化できます。


ビジネスプロセスにスマートスクリプトを追加する方法

一連のアクションを自動化する際には、スマートスクリプトが便利です。 スマートスクリプトは、ビジネスプロセス内で実行できます。 たとえば、カレンダーで従業員のタスクを設定したり、会議をスケジュールしたりできます。

CRM ページ を開き、 設定からCRM 設定を選択し、 自動化へ進み、ビジネスプロセスを選択します。

テンプレートを選択します。

スクリプトの実行時に、スマートスクリプトの開始をビジネスプロセスの必要な部分に移動します。

設定アイコン( ⚙️) をクリックし、パラメータを入力します。

 

次の項目を設定します。

• タイトル – アクション名を書き込みます。

• アイテムID – ビジネスプロセス内の特定のオブジェクトまたはデータを参照するために使用されます。 特定の取引に対してスマートスクリプトを実行するには、その ID を指定します。

• ユーザーとして実行 – スクリプトを実行する従業員を選択します。

• スマート スクリプト – リストから目的のスクリプトを選択します。

設定を保存します。

 

ビジネス プロセスを開始すると、スマートスクリプトが同時に実行されます。手動で有効にする必要はありません。


まとめ


  • 自動化ルールを削除する必要がなくなりました。 自動化ルールだけを無効にすることもできます。
  • グループアクションを使用すると、複数の自動化ルールをまとめて無効化できます。
  • ワークフロー内のアクションを無効にすると、関連するアクションもすべて無効になります。
  • ワークフロー内のアクションと自動化ルールはいつでも有効にできます。
  • スマートスクリプトは、ビジネスプロセスで使用します。 スクリプトのアクションを複製して、ビジネスプロセスで構成する必要はありません。
  • スマートスクリプトは、100 件の取引、リード、その他の CRM エンティティに対して同時に実行できます。
  • スマートスクリプトとビジネスプロセスを同時に実行すると、エラーが発生しプロセスが停止します。



 

最も人気
New
CoPilotでより良いテキストを生成するための詳細プロンプト作成方法
ホームページ
サイトのCoPilot: 画像の作成方法
CRM
リピートリードとディール
ホームページ
YouTube動画やショートをWebサイトに載せる方法
CRM
BIビルダーのアクセス権限を設定する
目次
操作方法 ビジネスプロセスにスマートスクリプトを追加する方法 まとめ
あなたへのおすすめ
記事
ウェビナー
用語集

Free. Unlimited. Online.

Bitrix24 は誰もがコミュニケーションを取り、タスクやプロジェクトでコラボレーションし、クライアントの管理などを行える場所です。

無料で始める
あなたへのおすすめ
自動化ルール: 顧客データと従業員通知の管理
CRM
自動化ルール: 顧客データと従業員通知の管理
7 分
取引(ディール)フォーム内で支払いを受け取る方法
CRM
取引(ディール)フォーム内で支払いを受け取る方法
11 分
倉庫のカスタムフィールド
CRM
倉庫のカスタムフィールド
8 分