CRM

NPO向け 無料/低コストCRMソフトウェア

NPO向け 無料/低コストCRMソフトウェア
ダルメノヴァ・ アンナ
2021年7月12日
最終更新日:2021年7月13日

目次

ご予算はおいくらですか?

ご自分に必要な機能を把握しましょう

どの統合を使いますか?

NPO向け 無料CRMソフトウェアスイート

  1. Bitrix24
  2. Nutshell
  3. Netsuite
  4. Salesforce


2017年、アメリカ合衆国では8.8億時間がボランティアとしてNPO活動に費やされました。ボランティアと非営利チームを調整するのは至難の業です。紙とペン、といった旧式のテクノロジーを用いてチームを追跡しようとすれば、いずれは破綻するのが目にみえています。

山積みの書類、迷子のボランティア・・・ハプニングは続き、やがてあなたはチームメンバーからの信頼を失うでしょう。混乱を避け、組織を管理する方法はないものでしょうか?たとえば、NPOチームをまとめて組織できるオンラインツールがあったなら・・・

それが実は、あるんです。しかも、まさにあなたが求めているようなツールが!

非営利活動に顧客はいませんが、ボランティアとドナーはいますよね。ボランティアとドナーの関係を管理することは、顧客関係管理とさほど違いがないのです。

非営利活動にマーケティングは不要であるとお考えですか?もう一度、よくお考えになってみてください。ドネーション(寄付)を集め、ボランティアをイベントへ誘う方法は?リードを追跡し、人々を呼び込む必要はないとお考えですか?お待ちください。ボランティアもドナーも、自分たちのお金や時間を喜んで無条件に手放すわけではありません。あなた(NPO)が合法であること、自分の提供したお金や時間が適切に使われたことを、彼らは確認したいのです。

顧客関係管理(CRM)スイートは一般企業だけでなく、非営利団体でも使えます。CRMスイートを使うと、ボランティアの追跡、チームやイベントの組織がスムーズに行え、資金とチームの士気を高めることができます。

ここでひとつ問題があります。数多あるCRMツールの中から、一体どのツールを選べばよいでしょうか?この記事では、ご自分にぴったりのツールを見つける方法と、NPO向け人気CRMをご紹介いたします。


1.ご予算はおいくらですか?

非営利団体の収入源は寄付と短期間の販売が中心であり、常に金欠気味です。政府の助成金が頼りの場合もありますね。いずれの場合も、あまり懐が潤っているとはいえません。

その為、CRMソフトの導入なんて高価過ぎるとお考えの方もいらっしゃるでしょう。しかし、その考えは間違いです。というのも、多くのCRMソフトはある一定の人数までは無料で使えるからです。小規模チームであれば、お金を掛けることなくCRMソフトを使うことができるのです。

非営利団体が拡大して予算が増えるにつれて、チームメンバーの数も増えます。やがて、チームのサイズに合わせてCRMソフトをアップグレードする必要が出てくるでしょう。その頃には運営予算も増えているでしょうから、費用の心配はありません。

CRM制作会社にとって、自社のツールが機能していることは絶対条件です。CRMツールは、企業の成長と拡大を促すよう設計されています。CRMツールが非営利団体の拡大を促さないとすれば、そのCRM制作会社は自分たちの義務を果たしていないということになり、そのような会社にお金を支払う必要はありません。

このことから、ご予算にぴったりのものをお探しの際には、まずはオンラインCRMツールの無料プランを使い始めることをおすすめいたします。


2.ご自分に必要な機能を把握しましょう

CRMソリューションにはそれぞれ個性があります。低コストまたは無料のものが、高価なものよりも優秀な場合もあります。

まずは、ご自分に何が必要であるかを考えましょう。一般企業が必要とする機能やトリックは、NPOには不要なケースもあります。たとえば、特定の食品や製品の嗜好といった顧客情報を理解することは、NPOには不要ですよね。しかし、何がボランティアやドナーの動機や刺激となるかを理解する必要はあります。つまり、こうした情報を収集できる機能があったら便利ということになりますね。CRMソフトの中には、情報収集ツールと統合ができるものがあります。

ドナーの多くは、オンラインで寄付をすることに抵抗はありません。寄付をするならオンラインが良い、という人もいます。貴重な資源を無駄にすることなく、オンラインで寄付を集めるには一体どうすればよいでしょうか?CRMソフトの中には、オンライン決済機能を持つものがあります。

NPO団体に必要な機能が何か、まだピンとこない方もいらっしゃるでしょう。では、ご自分の胸に訊いてみてください・・・新しい機能が必要となった際に、ぴったりのツールを探し出し、不慣れなソフトを使いこなせるようになるまで、毎回どのくらいの時間を費やしたいですか?すべての機能がひとつのインターフェースに集約され、イベントの登録フォーム、メールニュースレターの作成、寄付のモニタリングを一か所でまとめて行うことができたら、便利ではありませんか?

CRMソリューションをお探しの際は、Eメールマーケティングツールを搭載したものがおすすめです。さらに、これらのツールが自動化できることも重要なポイントです。NPOの運営は時間との闘いです。メールアドレスの収集やメールの送信に、貴重な時間を割くのは可能な限り避けたいものですよね。

自動化されたEメールマーケティングツールを使うと、プロが書いたようなメールを作成できます。メールアドレスがメール受信者にどのように表示されるか等、あらゆる詳細を把握できるなど、より専門的な作業ができるようになります。


3.どの統合を使いますか?

包括的なツールをセットで備えたCRMプラットフォームを使いましょう。もしも機能に不足があれば、統合をしましょう。統合とは、現在あなたがお使いのソフトウェアと、外部ソフトウェアとをエコシステム内で接続(連携)させ、画面を閉じることなく使えるようにすることです。統合をすることで、たとえばZoom、Slack、Googleドライブ、Gmail、Googleカレンダーなどを使うことができるようになります。

CRM(顧客管理)という単語に聞き覚えのある方もいらっしゃるでしょう。もしもそうならば、既に他のツールをお使いの筈です。それらのツールを使い熟せるようになるまでにあなたが費した時間も、そこに保管されている情報も、あなたの組織にとって貴重な財産です。現在お使いのツールと統合ができるCRMスイートを探し、2つを統合して両者を最大限に活かしましょう。そうすれば、異なるツール同士が互いに邪魔をすることなく、業務フローをスピードアップすることができます。

新しいソフトウェアスイートの導入前に、他のソフトウェアを既に利用していた場合、連絡先や寄付者に関する多く野情報がツールに保管されていますよね。そんなとき、新しいツールセットを使わずに寄付ができ、新しいツールセットを使って連絡先を素早くインポートできたら、時間もコストも削減できます。

さらに、多くの場合、統合では連絡先とデータをインポートできます。これらすべてのデータを瞬時に使えるようにすることで、他のマーケティングツールの有効性を高めることができます。


NPO向け おすすめ無料CRMソフトウェアスイート

NPO向けCRMソフトウェアを選ぶ方法はお分かりいただけましたでしょうか?それでは、弊社がおすすめするCRMソフトウェアをご紹介いたします!

1. Bitrix24


CRMコンサルタントを依頼すると、1時間、またはそれ以上につき100ドル掛かります。CRMを有効に活用し、その効果を最大限に引き出すためには、それくらいの費用が必要です。そこで、考えてみてください。カスタマイズが難しかったり、使いこなすのが難しいCRMソフトウェアを使う必要はほんとうにありますか?

Bitrix24は、カスタマイズも使いこなすのも簡単です。サインインして2秒後には、Eメールテンプレートの作成、ステータスのカスタマイズ、アクセス権のアレンジができるようになります。操作につまずいたら、マニュアルやガイダンス動画をいつでもチェックできます。

すべてが一か所に集まっていれば、ボランティアやドナーの追跡がしやすくなります。Bitrix24 CRMツールを使うと、人材もコストも無駄にすることなく最終目的を達成することができるようになります。

Bitrix24にはビルドインの業務フローがある他、自分で業務フローをカスタマイズすることもできます。アクティビティストリームと呼ばれる社内連絡掲示板では、従業員同士が効率的にコミュニケーションをとることができます。アクティビティを確認したら、いいね!をつけることで、時間を無駄にすることなく既読を示すことができます。リモート勤務のチームでも、音声/ビデオチャット/通話でミーティングをセットアップすることができます。

ドネーションファネルをオンラインで構築したり、潜在ドナーを追跡したり、Bitrix24でできることはたくさんあります。Bitrix24のツールは管理工程を合理化し、寄付の増加を促します。

もしも何らかの問題が生じた際には、無料でカスタマーサポートを利用できます。Bitrix24のカスタマーサポートはマルチチャネルを経由して、いつでもあなたの問題解決をサポートします。

Bitrix24の価格

12ユーザーまでなら、Bitrix24は無料で使えます。主要なツールは、無料プランでも使うことができます。

12ユーザーを超えるチームでの使用には、Standardプランがおすすめです。Standardプランでは、月額99ドルで無制限にユーザーを登録できます。さらに、独自のロゴと100GB のストレージを使用できます。

Professionalプランでは、無制限ストレージ、ミーティング&ブリーフィングの全ツール、独自のドメインを使用できます。

2. Nutshell

nutshell.jpeg

Nutshellは、たいへんフレキシブルなCRMです。実用的なデザインで、Bitrix24と同じくらい自由にカスタマイズできるCRMをお探しの方には、Nutshellがおすすめです。

Nutshellが搭載するドナーカードとスキャニングアプリは、他のソフトウェアには無いユニークな機能です。寄付者の名刺をアプリでスキャンすると、連絡先情報がCRMの連絡先リストへ自動送信されます。

Nutshell最大の欠点は、選択できるツールの種類があまり豊富ではない点です。しかしなお、Nutshellは多くのNPOにとって使いやすく便利なCRMソフトウェアです。

Nutshellの価格

Nutshellは完全に無料ではありませんが、14日間の無料トライアルがあります。Nutshellのプランは、ユーザーひとりにつき20ドルで全機能を使えるプランがひとつあるのみで、シンプルでお手頃価格なプランといえるでしょう。


3. Netsuite

netsuite.jpeg

Oracle Netsuiteのパッケージ型CRMは、NPOや小規模企業よりも大企業向けです。しかし、よりパワフルなツールを活用したい小規模団体にも向いています。

Netsuiteの強みは分析機能です。分析機能により、追跡、保管、データの監視、改善点の洗い出しがスムーズに行えるようになります。情報の流れはたいへんシームレスで、寄付者のライフサイクルを追跡できます。様々な販売指を使用して、寄付者とマーケティング活動を監視することができます。

Netsuiteを使いこなすにはコツが要ります。Netsuiteは古いソフトウェアで、ユーザーインターフェースの最新トレンドに対応していません。機能を探すのは簡単ではなく、使いたいツールを探しているうちに何時間も経ってしまった・・・なんてこともあるかもしれません。

Netsuiteの価格

Netsuite CRM+の価格は見積りベースです。つまり、Netsuiteは上手にやれば低コストまたは無料で使うことができます。


4. NPO向けSalesforce

sales force.jpeg

Salesforceには、NPO向けのソフトウェアがあります。NPO向けSalesforceの目的は、組織が360度ビューで業務を管理できるようにすることです。

個別のエンゲージメントプランで寄付者の改善を追跡することで、資金調達とボランティア活動を後押しできます。カスタムマーケティングキャンペーンは、様々な種類の寄付者を対象とするよう設計されています。

NPO向けSalesforceには、寄付や寄付品を管理する為のツールもあります。これらのツールを使うと、Eメールキャンペーンをより温かみのあるものにカスタマイズできます。

NPO向けSalesforceの価格

NPO向けSalesforceは、10ユーザーまで無料で使えます。ただし、利用にはSalesforceの厳格な資格ガイドラインを満たす必要があります。


NPO向けCRMソフトウェアを試してみましょう

寄付者やボランティアの追跡が間に合わず、現場が混乱していませんか?現在お使いのソフトウェアがEメールキャンペーンソフトウェアと上手く連携できませんか?そんなときには、NPO向けCRMソフトウェアの導入をおすすめいたします。

優秀なオンラインツールには多くの利点があり、それはビジネスだけのものではありません。ご自分にぴったりのNPO向けCRMソフトウェアを見つけましょう。手始めに、まずはBitrix24を無料で試してみませんか?

 

Free. Unlimited. Online.
Bitrix24 は誰もがコミュニケーションを取り、タスクやプロジェクトでコラボレーションし、クライアントの管理などを行える場所です。
あなたへのおすすめ
プロジェクト管理
【2021年】プロジェクト管理ツール Trelloの代替 おすすめ5選
プロジェクト管理
【2021年】Slackの代替 おすすめ4選
プロジェクト管理
リモートチーム向け タイムトラッキング&タイムマネジメントツール
プロジェクト管理
【プロジェクト管理ソフト】おすすめ6選&自分に合うものを見つけるには?