Articles RACI モデルとは?

RACI モデルとは?

プロジェクト管理
Bitrix24チーム
24 分
109
更新済み: 2023年10月4日
Bitrix24チーム
更新済み: 2023年10月4日
RACI モデルとは?

RACI やガントチャートが取り入れられるなど、プロジェクト管理はテクノロジーやトレンドの面で常に進化し続けています。プロジェクトの役割と責任をめぐり、意思決定者は大きなストレスに晒されることもあります。 すべての利害関係者を効果的に管理しながら、最初から最後までプロジェクトを確実に進捗させるためのプロジェクト計画や、確立された構造が存在しない場合は特に顕著です。

これらの要素が欠けていると、プロジェクトの進捗やタスクの現状を把握できなくなります。こうした混乱やストレスを防ぐには、 RACI チャートと呼ばれるアプローチが効果的です。

この記事では、戦略的管理における RACI チャート モデルの重要性について詳しくご説明いたします。RACI がプロジェクトを健全に保ち、成功に導くようすを探っていくと共に、色々なケースに対して、 RACI モデルの実装がどう役立つのかもご紹介いたします。 それでは、RACIがあなたの会社にとってどのように役立つのかを早速見ていきましょう!


RACI とは端的に言うと何ですか?

プロジェクト管理の分野には、RACIマトリックスと呼ばれるツールがあります。 責任割り当てマトリックス (RAM) として機能するRACIチャートは、戦略への利害関係者の関与のレベルを表すために作成され、個人の役割を表す文字で分類されたスプレッドシートまたは表として表示されます。

  • R(Responsible/実行責任者)
  • A(Accountable/説明責任者)
  • C(Consulted/相談先)
  • I(Informed/報告先)

これらの役割が明確に定義されると、役割に応じてタスクを割り当てることができるため、作業を開始しやすくなります。


Responsible(実行責任者)

「実行責任者」のラベルは、特定の個人またはグループが RACI 全体のタスクに直接割り当てられていることを示します。 「実行責任者」の個人またはチームは、タスクを完了し、望ましい結果を達成する責任を担います。 各タスクに 1 人の担当者を指定するのが理想的ですが、ひとつのタスクを複数人で分担する場合もあります。 結果の達成に関与する開発者や、その他の個人を含む戦略チームのメンバーが「実行責任者」に割り当てられることが一般的です。


Accountable(説明責任者)

RACI で「説明責任者」として指定された個人は、タスクの割り当てと監督を担当します。 「説明責任者」の役割は、各タスクの責任者が何をする必要があるかを理解し、指定された時間枠内にタスクの割り当てを完了することです。 チーム内で各タスクの責任者、つまりリーダーまたは管理者の役割を担う人が「説明責任者」として割り当てられるのが一般的です。


Consulted(相談先)

「相談先」は、プロジェクトの作業について考えや意見を提供する役割を担う人々です。 巨額の予算を費やせばプロジェクトが成功すると考える人もいますが、実際には真逆です。 ビジネスプロセスに携わる全員のパフォーマンスを管理するスキルと才能はたいへん重要です。 利用可能なリソースが豊富にあるからといって優れた結果が得られるわけではありませんし、その逆もまた然りです。

プロジェクトを開始する際、プロジェクトマネージャーとチームが実行すべき重要なことがありあります。それは、プロジェクトに興味や懸念を持つすべての人と協議することです。 つまり、プロジェクトの関係者と話し合う必要があります。話し合いをすることで、プロジェクト全体を通して前向きな理解が生まれます。ただ、この話し合いは、利害関係者の関与により主要なグループやチームと効果的で長期的な関係を築くという意味ではありません。ステークホルダーエンゲージメント戦略では、主要なグループのニーズを特定しますが、それらのニーズを確実に満たすのはスポンサーの重要な役目です。これは、プロジェクトを成功させるチャンスとなります。


Informed(報告先)

グローバル化プロセスを歓迎する業界のひとつであるプロジェクト管理において、世界中の何百万もの人々にとって切望されるニーズは、革新的な意思決定です。

タスク管理のプロセスがどれほど困難であるかは見落とされがちですが、軽視してはいけません。 信頼できるソリューションを使用しなければ、時間を無駄にすることになります。 イベントがマイナスの結果をもたらすことを回避するには、どのような事項を考慮すればよいかを確認する必要があります。

進捗状況について常に通知を受けている個人は、意思決定には積極的に参加せず、 特定の RACI タスクに関する意見を述べます。 アップデートの必要性は、これらの開発が仕事に与える影響によりけりです。戦略の決定に直接関与するのはこうした個人ではなく、チームの部門長やディレクターなど、特定の部門社内で上級職に就いている人であることが多いです。

これは、プロジェクトに最初から最後まで関与するすべての関係者間のコミュニケーションとコラボレーションを促進する役割と責任を決定するための組織的かつ体系的な方法です。


プロジェクト管理における RACI: 役に立ちますか?

プロジェクト管理の分野には、RACI マトリックスとも呼ばれる with というツールがあります。 これらの RACI チャートは、タスクの成果物に関して関係者が持つ役割を特定するのに役立ちます。 R、A、C、I の文字を使用して責任のレベルを表します。

このマトリクスは、簡単に作成できます。 まず、色を選択して設定します。次に、それらの色を RACI 責任レベルに割り当てます。 続いて、色が表形式で整理されます。 一度図を見たら、その外観に感動する筈です。


RACIは、わたしのプロジェクトに適していますか?

もちろんです! RACI の専門知識があれば、顧客のニーズに簡単に対応できます。 RACI モデルは、フレームワークを確立し、戦略関係者が担う責任を理解するのにたいへん役立ちます。 RACI の主な目標は、関係者全員が自分の任務と義務を確実に認識し、関係者全員の間で信頼を育むことです。

RACI 責任割り当て成果物マトリックスを使用すると、プロジェクトのライフサイクル全体にわたるすべての関係を管理するための基盤を作成できます。

大規模なプログラムが関係する場合、政府規制当局、重要な顧客、戦略スポンサー、企業幹部、ビジネスアナリスト、社内製品ユーザー、顧客、サプライヤー、投資家など、幅広い RACI 利害関係者が存在することがあります。 RACI 戦略の開始時から各利害関係者の責任を計画し、それらの情報を共有して、時間的および財政的マイナスを引き起こす可能性のあるエラーやミスを防ぐことが大切です。 こうして関係者全員の協力と調整を促進することで、ステークホルダーの関与の取り組みを改善できます。


RACI マトリックスを使用するのに最適な時期とは?

フレームワークの有用性はすべてのプロジェクトに当てはまりますが、その有効性はチームやプロジェクトによって異なります。 たとえば記事を執筆する場合、コンテンツの執筆に積極的に関与している人(ストーリーを伝える人)は、責任を負う役割を果たします。 一方、タスクの割り当てとレビューに対する責任を負うのは編集者であることを、専門家が正確に計画します。 このタスク成果物のプロセスには、編集長や SEO スペシャリストなどの個人とのコラボレーションや情報共有が含まれる場合もあります。

この特定の成果物プロジェクトはとても単純で、関与しているのは複数のステップと少人数のグループです。 正式な RACI を持つことは、タスクにおいてはそれほど重要ではないかもしれません。 RACI を使用する真のメリットは、利害関係者、複数のタスクの成果物、および重要なマイルストーンが関係する長期的な取り組み、特にこれらのタスクが重複する場合に対処するときに顕著になります。

たとえば、企業の Web サイトを再設計するための RACI 成果物戦略を考えてみましょう。 この取り組みには、デザイン、コピーライティング、開発チーム間のコラボレーションが含まれます。 これらのチームが完了するタスクは、営業、マーケティング、財務、事業開発などの部門に影響を与えます。 さらに、期限を守って変更を行うこと、経費の入力、上級管理者からの承認の管理も含まれます。

割り当てにおけるニーズや要件の見落としや無視を回避するには、RACI を適切に調整することが不可欠です。 プロジェクトマネージャーは通常、この問題に対処し、成果物の割り当て全体を通じたコミュニケーションを確保するためにチャートを作成します。 このチャートは、責任を特定し、説明責任を割り当て、アプローチを維持するためのリソースであり、 最終的には戦略の完成に役立ちます。


RACI マトリックスを使用するのは誰ですか?

チャートの RACI モデルは、プロジェクト マネージャーが利害関係者に対処するためのツールです。 ただし、使用する前に、割り当ての範囲と会社の組織構造を考慮することが大切です。

RACI マトリックスは、次の特徴を持つプロジェクトでの使用に適しています。

  • 役割の割り当てが必要な成果物やワークグループが定義されている大規模なプロジェクトである

  • 組織には固定された役割と責任があり、全員が自分のタスクを確実に理解している

  • 割り当てには、取り組みの側面に貢献する利害関係者が関与する

  • コラボレーションと説明責任を要するさまざまなチーム間の部門に取り組みがまたがっている

  • 厳格な手順と説明責任が重要視される、規制された業界に属している事業である


RACI マトリックスの使用に適さないプロジェクトとは?

ただし、RACI マトリックスの使用が有益ではない場合もあります。 たとえば、次のような場合です。

•タスクがそれほど複雑でも多くもなく、RACI チャートがもたらす詳細さを必要としない、部門内の小規模プロジェクト。

•チーム構造が機能横断的に設計されていて、コラボレーションがすでに文化に深く組み込まれている、スクラムなどのフレームワーク内で運営されるプロジェクト

• 組織でチーム内の自己組織化を促進している場合は、従業員の自発的な行動と、タスクに対して責任を負うことが奨励されますので、厳密な RACI チャートのアプローチが不要なことがあります。


RACI モデルのガイドライン

コンサルタントとのコミュニケーションを維持することは、たいへん重要です。 専門家は定期的な最新情報を正確にマッピングし、会話を促進することで、洞察と専門知識を効果的に統合します。

関与レベルに関係なく、関係者全員とのコミュニケーションを確保することが重要です。 プロジェクトの進行中に更新や変更について全員に常に通知することで、透明性とコラボレーションが促進されます。

これらの原則に従うことで、プロジェクト管理者はRACI を最大限に活用し、利害関係者とのコラボレーションを改善し、最終的にタスクの成功を達成することができます。 RACI マトリックスは、プロジェクト内での責任を簡素化し、意思決定を促進し、オープンなコミュニケーション環境を育むためのリソースになります。

すでにご存知のとおり、RACI マトリックスは、プロジェクトを正確に完了するための責任者を明確化します。 個人の役割は、表ツールに追加されます。 それぞれがプロジェクト全体を通して活躍します。プロジェクト管理を成功させるには、役割と責任をチーム全体で理解することが重要です。 管理業務を変更し、より良いパフォーマンス基準を確立する機会を活用しましょう。 たとえRACIが十分に活用されていないとしても、最新の情報を得るにはまず試してみる必要があります。


まとめ

プロジェクト管理の世界では、プロジェクトが予測不可能な課題を引き起こすことがあります。 これらのハードルを克服するために、プロジェクトのあらゆる側面をチームで調整し、組織の進行状況を順調に維持できるタスクコントローラーを活用することで、これらのハードルを克服できます。

コラボレーションを促進し、ステークホルダーとの関係を促進するステークホルダーマッピングは、プロジェクト成功の可能性を高めます。 ステークホルダーマッピングは、主要な関係者からのサポートを獲得しながら、プロジェクトを正しい方向に導くための洞察と戦略をタスク管理者にもたらします。 ステークホルダーマッピングでは、プロジェクト管理におけるコミュニケーション、コラボレーション、積極的な関与に重点が置かれます。

RACI マトリックスでは、列やステータスなどのカスタマイズに加えて、内部ユーザーまたは外部関係者向けに作成されたゲストユーザーにロールを簡単に割り当てることができます。 割り当てられたすべてのロールに向けて、作業項目のステータス変更が自動通知されます。

  • ステークホルダーマッピングは、マネージャーが管理を維持し、順調に事を進める助けとなるプロジェクト管理ツールであり、プロジェクトに関心や影響力を持つ個人やグループを理解するための手法です。 プロジェクトの利害関係者を特定することで、プロジェクトマネージャーは各タスクに対して責任レベルを割り当てることができ、プロジェクトの存続期間全体を通じて説明責任と所有権を確保できます。
  • プロジェクトマネージャーがプロジェクトを順調に進める際のステークホルダーマッピングの有用性は、専門家のお墨付きです。ステークホルダーマッピングでは、タスクに関与するすべての利害関係者を特定し、各タスクの責任レベルを割り当てて、それぞれの役割を果たします。ステークホルダーマッピングを使用すると、チームメンバー間のコミュニケーションが促進され、タスクの全期間を通じて全員が情報を得て積極的に参加できるようになります。
  • ステークホルダーマッピングを使用して、マネージャーはチーム内のコミュニケーションとコラボレーションを促進するステークホルダーエンゲージメントの状況の概要を作成します。 これにより、関係者全員がタスク全体を通じて常に情報を入手し、関与し、積極的に参加することが保証されます。
  • 利害関係者のマッピングは、コミュニケーションには役に立ちません。 また、さまざまなステークホルダーに関連する潜在的なリスクと機会を特定する際にも重要な役割を果たします。ニーズ、期待、懸念事項を理解することで、プロジェクト管理者はリスクに対処し機会を活用する戦略を立てることができ、プロジェクトの成功につながります。

さらに、ステークホルダーの関与マッピングにより、ステークホルダーとの関係の発展が促進され、プロジェクトを実行する際にステークホルダーが関与するための協力的な環境が生まれます。 継続的に意見を求めることで、より多くのサポートや協力を得られます。 こうしてプロジェクトの遂行がスムーズになり、プロジェクトの成功に繋がります。

 

最も人気
コミュニケーション
英語メールの署名の書き方とデザインテンプレート25選
コミュニケーション
Googleカレンダーの代替 おすすめ18選
コミュニケーション
【2023年】オンライン会議ツールZoomの代替
CRM
人気トップ10の販売追跡技術を駆使して売上を2倍に延ばす方法
Webサイト
【2023】中小企業向けのWebサイトビルダー おすすめ13選
目次
RACI とは端的に言うと何ですか? Responsible(実行責任者) Accountable(説明責任者) Consulted(相談先) Informed(報告先) プロジェクト管理における RACI: 役に立ちますか? RACIは、わたしのプロジェクトに適していますか? RACI マトリックスを使用するのに最適な時期とは? RACI マトリックスを使用するのは誰ですか? RACI マトリックスの使用に適さないプロジェクトとは? RACI モデルのガイドライン まとめ
あなたへのおすすめ
ブログ
ウェビナー
用語集

Free. Unlimited. Online.

Bitrix24 は誰もがコミュニケーションを取り、タスクやプロジェクトでコラボレーションし、クライアントの管理などを行える場所です。

無料で始める
あなたへのおすすめ
【2023年】プロジェクト管理ツールについて知っておくべきこと
プロジェクト管理
【2023年】プロジェクト管理ツールについて知っておくべきこと
27 分
中小企業がCRMを導入すべき理由
CRM
中小企業がCRMを導入すべき理由
50 分
【プロジェクト・コミュニケーション】強固なチームを結成して結果を出すための コツ 10選
コミュニケーション
【プロジェクト・コミュニケーション】強固なチームを結成して結果を出すための コツ 10選
31 分