Articles 強力な CRM ソフトウェアを使用してEメール マーケティングを最適化するための8つのテクニック

強力な CRM ソフトウェアを使用してEメール マーケティングを最適化するための8つのテクニック

CRM
Bitrix24チーム
25 分
103
更新済み: 2023年9月18日
Bitrix24チーム
更新済み: 2023年9月18日
強力な CRM ソフトウェアを使用してEメール マーケティングを最適化するための8つのテクニック

 Eメール マーケティングの最適化-それは、絶えず進歩を続ける、実証済みのマインドセットです。

有意義な方法で自身の存在感を高め、顧客と繋がることは、あらゆる業界の企業にとって使命です。これを達成するため、彼らはコンバージョン率を増加させるマーケティングキャンペーンの最新の成果に常に注目しています。

こうした取り組みの中心となるのは、顧客関係管理ソフトウェア (CRM) です。CRMは、データの収集、ユーザーのセグメント化、キャンペーンの開始、結果の分析をワンストップで行うことができます。

Bitrix24 は、Eメール マーケティングを最適化するためのテクニックの価値を熟知しています。この記事では、それらを活用してキャンペーンを強化する方法をご説明いたします。


FAQs

Eメール マーケティングを最適化するのには、次のような方法が最も効果的です。

  • 顧客を理解する

  • 顧客の目を引き、惹きつけるようなタイトルを作成する

  • ユーザーを次のステップに導くための明確なCTAを提供する

  • モバイルファーストのアプローチをとる

  • ユーザーのセグメントに合わせてEメールをカスタマイズする


CRM ソフトウェアは、どのようにEメール マーケティング戦略を最適化できますか?

CRM ソフトウェアは、次の方法でEメール マーケティング戦略を最適化できます。

  • プロファイルに基づき、新規見込み客を自動的にセグメント化する

  • CRM からのデータを使用し、各メッセージをパーソナライズする

  • A/B テストを実行して、どのコンテンツが最も効果的かを確認する

  • キャンペーンのワークフローを自動化して時間を節約する

  • キャンペーンのパフォーマンスに関する洞察をもたらす


CRM システムをEメール マーケティングに統合するメリットは何ですか?

CRM システムをEメール マーケティングに統合すると、時間を要する作業が軽減され、人的エラーのリスクが減り、データに基づいた洞察が得られる等、さまざまなメリットがチームにもたらされます。


最も強力なEメール マーケティング最適化手法は何ですか?

最も強力なEメール マーケティング最適化手法の 1 つは、ゲーミフィケーションです。ゲーミフィケーションでは、エンゲージメントとコンバージョンを高めるためにEメールにゲームの要素を組み込みます。


1. CRM を使用して顧客を理解する

魔法の杖を振るだけで視聴者をすぐに理解できれば、マーケティングはとても簡単になります。 残念ながら現在のテクノロジーはまだその段階に達していませんが、顧客関係管理 (CRM) システムは視聴者を理解するための鍵となります。

効果的なEメール キャンペーンを作成するには、顧客が誰なのか、何を望んでいるのか、ブランドとどのように関わっているのかを知ることが重要です。これらを実行する際には、堅牢な CRM が役に立ちます。 たとえば、CRMは人口統計、購入履歴、ビジネスとのやり取りなどを明確かつ簡潔に視覚化してくれます。

分析したデータは今後のやり取りの参考にも出来ますので、顧客を理解することはEメール マーケティング最適化の基礎といえます。 データ分析ツールを使用すると、顧客がどこにいるのか、顧客がどのようにやり取りをしているかが分かります。これらの情報をもとに、Eメール マーケティングに関するアプローチを微調整できます。

それでは、こうしたデータを活用して、顧客の各セグメントとのコミュニケーションを改善する方法を具体的にみていきましょう。


2. セグメンテーションとパーソナライゼーションの活用

対象ユーザーへの理解が深まったら、Eメール マーケティング最適化の次のステップはセグメンテーションとパーソナライゼーションです。 セグメンテーションとパーソナライゼーションでは、行動、興味、人口統計などのさまざまな要因に基づいて視聴者を個別のグループに分割し、各グループの特定のニーズや好みに合わせてEメールを調整します。

完全に均一な視聴者は存在しません。セグメンテーションを使用すると、視聴者のサブグループの心を掴むよう、ターゲットを絞ったEメールを送信できます。 では、そもそもユーザーをどのようにセグメント化するのでしょうか?

見込み客獲得の取り組みは通常、ユーザーが手動で入力したデータ (通常は名前、Eメール アドレス、電話番号) を収集する Web フォームなどの CRM を通じて行われます。 IP アドレスに基づいて、ユーザーがいる国などのメタデータも収集します。 顧客の行動と組み合わせて、データベースを自動的にサブカテゴリーに分類すると、それぞれのサブカテゴリ―を具体的にターゲットにすることができます。

このデータを使用すると、所定のフィールドのテキストを入力するカスタマイズ可能なパラメータを使用して標準メッセージを作成することもできます。 名前を例に挙げると、CRM がメッセージを即座にパーソナライズしてくれますので、Eメールを 一通ずつ確認して名前を編集する手間が省け、より重要なタスクに集中できます。パーソナライズされたメールは開封され、読まれ、リアクションされる可能性が高いので、コンバージョンに向けてメールマーケティングを最適化するのに大変効果的です。


3. A/B テストを実行して戦略を洗練する

スプリットテストとしても知られる A/B メソッドでは、1 つの重要な違いがある 2 つのバージョンのEメールを作成し、それらを 2 つの類似した視聴者セグメントに送信し、どちらのバージョンのパフォーマンスが優れているかを分析します。

A/B テストのメリットは、そのシンプルさと強力さにあります。 件名、行動喚起、コンテンツやレイアウトに至るまで、Eメールのほぼすべての要素をテストできます。 2 つのバージョンのパフォーマンスを比較することで、視聴者の共感を呼ぶものとそうでないものについて貴重なヒントを得ることができます。

複製可能なワークフローテンプレートを作成すると、A/B テストへのアプローチを構造化し、プロセスをより科学的にできます。

  • 変数を選択する

  • テストの目標を設定する

  • 2 つのEメールを作成する(両者の唯一の違いは変数)

  • 同様のグループにメールを送信する

  • 結果を分析する

不確実なマーケティングの世界において、A/B テストは最も賢明で信頼できるEメール マーケティング最適化手法のひとつです。A/Bテストは、重要業績評価指標 (KPI) を達成するという最終目標に向けて、テスト、学習、最適化の反復プロセスを使用してEメール キャンペーンを改善するという科学的な方法です。


4. マーケティングオートメーションを深く掘り下げる

今日のビジネス環境では、マーケティング オートメーションを戦略に適用せずに競争することは不可能です。 おそらく、マーケティング オートメーションを既に使用している人も多いでしょう。 即時のセグメンテーション、パーソナライズされたEメール、自動返信、カレンダーのリマインダーなど、自動化はわたし達の日常に溶け込んでいます。

自動化(オートメーション)を最大限に活用するには、さらに深く掘り下げましょう。 Eメール マーケティングの自動化とは、手作業を行わず、適切なタイミングで対象を絞ったメッセージを購読者に送信することです。 これにより、時間とリソースが節約されるだけでなく、Eメールがタイムリーで関連性が高く、効果的になることが保証されます。

すべてはトリガーとアクションで機能します。 たとえば、顧客が購入すると (トリガー)、CRM ソフトウェアは確認メールを送信します (アクション)。 CRM トリガーを使用すると、創造性を発揮できます。 たとえば、顧客から音沙汰が無いときには、10% 割引で顧客を活性化させることができます。 同様に、低評価のレビューを受けたときに送信するテンプレートメールを作成しておくと、自分の意見に注意が払われていることを顧客に実感してもらいながら、貴重なフィードバックを得ることができます。

まるで顧客ひとりひとりに個別のマーケティング担当者を配置しているかのように、迅速かつ集中的な対応を可能にしてくれる自動化(オートメーション)は、最も効果的な電子メール マーケティング最適化手法の 1 つです。


5. メールの内容を最適化する

構造的な側面から創造的な領域に目を向けるとき、Eメールの誕生以来コアであり続けているテクニックがあります。それは、Eメールのコンテンツを改善することです。ただ、それは良さげな行を追加すればよいという単純なことではありません。

まず、モバイルデザインの重要性を無視することはできません。 デスクトップ ユーザー向けに作成したニュースレターが、スマートフォンで不適切に表示されると、プロ意識が低いと不評を集め、大きな顧客ベースから切り離されてしまいます。

コンテンツに関して言えば、タイトルは購読者が最初に目にするものであり、コンテンツの品質を評価する最初のテストとなります。 人々にメールを開いてもらうことができなければ、CTA をクリックしてもらうこともできません。 ですので、最初からユーザーの興味を引くか、何らかの価値を提供するようにしてください。

そして、 伝えたいことを隅々まで詳しく説明するのは避けましょう。 最近は、人々の注目が集中する時間が短くなってきています。顧客エンゲージメントの向上を目指しているのであれば、要点を押さえて簡潔に説明してください。

ただ、ここで実際に行っているのは、コンバージョンを目指してEメール マーケティングを最適化することであり、その重要な要素は行動喚起 (CTA) です。 行動喚起(CTA)は、購入、ウェビナーへの登録、レビューの記入など、購読者を次のステップへ導くものです。 CTA は、影響力のあるものであることを確認してください。たとえば「可能性を解き放つ」は「もっと詳しく」よりも人々の心を掴みやすいです。

さらに、CRM のデータ分析機能を使用すると、コンテンツのパフォーマンスを追跡し、何が機能し、何が機能しないかについての洞察を得ることができます。 これらの洞察を参考に、創造的なプロセスを導き出し、視聴者の共感を呼び、結果をもたらすコンテンツを作成することができます。


6. 顧客エンゲージメントを向上する

顧客エンゲージメントの向上は、コンテンツ、テスト、セグメンテーションなど広範囲にわたるEメール マーケティング最適化戦略です。 これらのテクニックの多くはこれまでの章で触れましたので、この章では顧客関係構築を通じて顧客エンゲージメントを向上させることに焦点を当ててお話しいたします。

最初の戦略は、定期的なニュースレターを発行することです。これは、チームが対処するべき最も簡単なタスクの 1 つとなります。 最も単純な形式のニュースレターは毎月のコンテンツの概要で、ヒント、アドバイス、業界ニュース、製品やサービスに関する最新情報を載せましょう。 最適な送信時期を検討すれば、ニュースレターは顧客ベースと定期的にやり取りするための優れた手段となります。

パーソナライズされた取引や割引を通じて顧客を惹きつけ、顧客との信頼関係を築きましょう。 たとえば、顧客としての最初の丸1年をお祝いしたり、顧客の誕生日をお祝いするのがおすすめです。 トリガーとアクションを使用すると、こうした非常にパーソナライズされたコミュニケーションを簡単に設定できます。パーソナライズされたコミュニケーションは、自分が大切にされているという実感を顧客にもたらし、顧客との長期的な関係を強化するのにたいへん効果的です。


7. CRM統合でEメールマーケティングの最適化を拡大する

市場で最も強力なCRM システムには、殆どのビジネス ニーズを網羅する広範なツールが揃っています。CRMシステムを選択する際には、プラットフォームにEメール マーケティングの最適化を強化する複数の統合が備わっているかどうかに着目してください。

CRM統合のもと、これらのツールはプロセスを合理化し、時間を節約し、ミスの可能性を減らします。 たとえば、サードパーティのスプレッドシートを CRM に接続して、Eメール キャンペーンからの洞察を色々な方法で視覚化できます。

サードパーティのアプリは便利ですが、統合されたCRMには勝りません。統合されたCRMでは、 異なるツールが同じシステムの中でシームレスに相互接続されていて、覚えておくべきパスワードは 1 つだけです (毎月の請求書も 一通で済みます)。

CRM 統合は、Eメールマーケティング キャンペーンの範囲を拡大し、本格的な創造性を発揮する自由をもたらしてくれます。


8. メールキャンペーンを最適化するために、ゲーミフィケーション要素を組み込む

Eメール マーケティング最適化テクニックの最後のポイントは、ゲーミフィケーションです。ゲーミフィケーションは、あまり活用されていませんが、エンゲージメントを高めるための非常に効果的な戦略です。 ゲーミフィケーションを機能させるには専門家の協力と、最高のクリエイティブな頭脳が必要かもしれませんが、目を見張る結果をもたらすのもまた事実です。

ニュースレター内でブログ投稿へのリンクがあまり注目されないときは、簡単なクイズを取り入れて戦略を変えてみることをおすすめいたします。うまくいけば、割引につながる可能性があります。 エコノミードライブをしている場合は、結果によって顧客の質が浮き彫りになることがあります。 同様に、仮想宝探しではWeb サイトを編集して、ユーザーが移動して見つけなければならない手がかりを追加することができます。

これらのゲーム要素により、メールがより楽しく魅力的なものになり、購読者とコンテンツとの対話が促進されます。 さらに、購入や Web サイトの訪問など、望ましいアクションを起こすよう購入者を動機づけることができますので、コンバージョン率が向上します。

コミュニケーションの行き詰まりを打破し、ストレスフリーに顧客とのやり取りを促進できるゲーミフィケーションは、Eメール マーケティングの最適化に最適です。


Bitrix24は、 Eメール マーケティングを最適化するための包括的なプラットフォームです。

視聴者への理解を深め、メールをセグメント化してパーソナライズするほか、A/B テストの実施、キャンペーンの自動化、コンテンツの最適化、パフォーマンス分析、顧客エンゲージメントの改善、ゲーミフィケーションなどの左分野のテクニックの組み込みによって、Eメールマーケティングキャンペーンの効果を最大限に高めることができます。

Eメールキャンペーンの最適化には、堅牢な CRM ソフトウェアが必要不可欠です。CRMソフトウェアには、顧客と関わり、コンバージョンを促進するために必要なツールと洞察が揃っています。

Bitrix24 を使用すると、Eメール マーケティング キャンペーンの計画、実行、分析、最適化に必要なものすべてを 1 つのプラットフォームで使用できます。 さらに、ファイル ストレージ、プロジェクト管理、社内人事機能など、Bitrix24 の他の機能と接続することでコストを節約できます。

Eメール マーケティングなどのあらゆる可能性を知りたい方は、今すぐ Bitrix24 にサインアップしてください!

 

最も人気
コミュニケーション
英語メールの署名の書き方とデザインテンプレート25選
コミュニケーション
Googleカレンダーの代替 おすすめ18選
コミュニケーション
【2023年】オンライン会議ツールZoomの代替
CRM
人気トップ10の販売追跡技術を駆使して売上を2倍に延ばす方法
CRM
【2023】おすすめの在庫管理ソフトウェア
目次
FAQs CRM ソフトウェアは、どのようにEメール マーケティング戦略を最適化できますか? CRM システムをEメール マーケティングに統合するメリットは何ですか? 最も強力なEメール マーケティング最適化手法は何ですか? 1. CRM を使用して顧客を理解する 2. セグメンテーションとパーソナライゼーションの活用 3. A/B テストを実行して戦略を洗練する 4. マーケティングオートメーションを深く掘り下げる 5. メールの内容を最適化する 6. 顧客エンゲージメントを向上する 7. CRM統合でEメールマーケティングの最適化を拡大する 8. メールキャンペーンを最適化するために、ゲーミフィケーション要素を組み込む Bitrix24は、 Eメール マーケティングを最適化するための包括的なプラットフォームです。
あなたへのおすすめ
ブログ
ウェビナー
用語集

Free. Unlimited. Online.

Bitrix24 は誰もがコミュニケーションを取り、タスクやプロジェクトでコラボレーションし、クライアントの管理などを行える場所です。

無料で始める
あなたへのおすすめ
【2023年】プロジェクト管理ツールについて知っておくべきこと
プロジェクト管理
【2023年】プロジェクト管理ツールについて知っておくべきこと
27 分
中小企業がCRMを導入すべき理由
CRM
中小企業がCRMを導入すべき理由
50 分
【プロジェクト・コミュニケーション】強固なチームを結成して結果を出すための コツ 10選
コミュニケーション
【プロジェクト・コミュニケーション】強固なチームを結成して結果を出すための コツ 10選
31 分