CRM
無料で登録

読みたくなるメルマガを作成する方法

読みたくなるメルマガを作成する方法
Bitrix24チーム
2022年6月14日
最終更新日:2022年6月23日

メルマガとは

メルマガとはメールマガジンの略で、企業やWEBサイト運営者が購読希望者に対して電子メールを利用して情報を発信するメール配信形態の一つです。メルマガの配信は技術的な障壁が低く、安価で始めることができるためユーザーへの情報発信手段として多くの企業で活用されています。


メルマガを始めるには

メルマガを書くには、以下の4つの基本的なヒントがあります。

●      短く簡潔な文章。

●      顧客に定期的に配信する。

●      自分で読みたい興味のあるメルマガを作成する。

●     開封率を向上する。

開封率以外のパラメータも測定できれば、いいと思います。これについては後で詳しく説明します.

初心者がメルマガを始める場合、どんな手順で始めればいいのでしょうか。以下に、メルマガの作り方には、5つのステップをご紹介します。

  1. 目的を明確にする
  2. 友達に話すように、草案を書く
  3. 草案の見直し
  4. 10~15%のサブスクライバーに草案を送信
  5. 開封率を確認し、顧客からご意見や感想をもらって、あとは他のユーザーに送信します。

独自のEメールをデータベースに含めたら、受信トレイで自分で作ったメルマガを確認できます。


良いメルマガのコツ

以下にメルマガの最も重要な要素があります。

●     見出し

●      ロゴ

●      画像

●      コンテンツのレイアウト

●      パーソナライズされたコンテンツ

ユーザーに役立つ情報を配信します。会社と商品の情報の代わりに、ユーザーに価値のある情報を届けるはずです。例えば、業界の最新動向、ステップバイステップのガイド、特定の問題に関するインサイトなどを提供できます。

BtoBメルマガで成果を出すには?

前の情報は、B2BとB2Cの両方のメルマガに適しています。B2C(消費者向け)はカジュアルな軽めの書き方になります。B2Bでは少し固い感じの書き方になることが多いでしょう。B2Bで購買決定に至る道筋はB2Cより複雑です。B2BとB2Cのそれぞれのターゲットオーディエンスに合わせて、コンテンツマーケティングにも大きな違いが出るのは当然です。その違いをキャンペーンにきちんと反映できれば、見込み顧客に効果的にリーチできる可能性はぐんと高まります。

B2Bマーケターの93%は、観客とコミュニケーションにEメールを使用しています。B2Bのクライアントは長期的なソリューションにもっと深い興味を持つため、販売サイクル、組織との連絡と関係がかなり長くなります。購入するためには社内稟議を通し、上からの承認を得なければなりません。そのため、担当者は社内の関係者が納得できるように、その商品やサービスについて有益な情報を集める必要があります。BtoBメールを作成する際は、情報を充実させて様々なコンテンツを取り入れるようにし、担当者が自信を持って上司にプレゼンできるようにサポートしてあげましょう。次のことも必要です。

●      認識度を高める
●      安定性とコミットメントの感覚を創造する
●      プロジェクトの基本情報を提供する

本文が長すぎたり、改行がなく画面が文字で埋め尽くされていると、読者が途中で読むのを止めてしまう可能性が高まります。伝えたいテーマが複数ある場合は次回配信にするなど、なるべくテーマは1つに絞ることが大切です。

メルマガの重要性


メルマガを作成する前に、以下の点を確認してください。

●     この業界の他社はこのコミュニケーション方法を使用していますか?
●     彼らのメルマガの配信頻度と内容がわかりますか?
●     彼らは、メルマガを作成には、時間、資金、その他のリソースをどのくらい投資していますか?

 一流のメルマガを作成するガイド

このガイドは、B2BとB2Cの両方を含む、ありとあらゆる業種の企業に適しています。

目的を明確にする


読者にとって満足感の高いメルマガを届けるためには、目的を定めることがとても大切です。例えば、ある会社は冷凍食品を製造販売します。B2Cのクライアントを対象とすると、読者に健康的な食材プラン、ダイエット、健康の維持などについてメルマガを配信できます。B2Bのセグメントを対象とすると、読者に使用する技術、ロジスティクス、マーケティング、そのほかのビジネスの面を紹介できます。メールの内容は、業界のニュース、トレンド、イベントと同期させることができれば良いです。


興味深い件名を決める


メルマガの件名を決めるにあたって、以下のポイントをおさえる必要があります。

●      短くシンプルにする
●      短期間で何通ものメールを配信するのは控える
●      スパムのような迷惑なタイトルを避ける
●      メルマガ内容の具体的な内容が分かる言葉
●      いくつかの件名をテストし、コンバージョン率が最も高い件名を選択します。

「【抽選でギフト券3000円が当たる!】エイジングケアに関するアンケート実施中」とクリックしたくなるメルマガ件名は最適です。


メルマガの件名を作るコツ


開封率が低いと悩んでいる方は、ぜひメルマガ件名を作るコツやテクニックを参考にしてください。以下、重要なポイントをご紹介していきます。

●      文字数は30文字前後で
●      冒頭14文字に重要事項を入れる
●      目に止まりやすいフレーズ・数字を入れる
●      記号・装飾などで目立たせる
●      限定感を出す言葉
●      受信者のメリットを伝える

同じ業界の様々な企業のメルマガを比べると、似たような件名が多く出てくることがわかります。これはあまり良くないです。

●     他の会社から目立つチャンスを失う

●      開封率は低くなる

顧客とより深い関係を築くには、クリエイティブになる必要です。さらに、ユーザーが得る具体的な利益を指摘することができます。また、FOMOマーケティングを使用して、顧客に迅速な購入選択を促すこともできます。


デザインをミニマルにする

以下に、視覚的に好感をもつメルマガの作成コツをご紹介します。

●      メールコンテンツの各セクションの間に空白を十分に取る

●      ユーザーがコンテンツに集中しやすい適切な色合いを使用する

●      著作権侵害しないようにロイヤリティフリー画像を使用する

●      読みやすいプロフェッショナルなフォントを使用する

●      自社ブランドにマッチするデザインを作る

●      単調な本文を分割するために小見出しを作成する


画像にALTテキストを入れよう

画像つきのメールの方が好まれクリックされやすくなるものの、ほとんどのメールクライアントのデフォルト設定は、画像が表示されないようになっています。そのため画像に『ALT(代替)テキスト』を追加しておくことでその対策ができます。この『ALTテキスト』は、画像が表示されていない場合に表示されるので、それが何かを伝えることができます。


メルマガにテンプレートを使う

メルマガ配信を行う際、都度一から内容を作成するとなると手間がかかってしまいます。そのようなときは、テンプレートを使って作ると便利です。メルマガ作成にテンプレートを使うと、テキストの内容は異なっても、毎回の見た目を統一することができます。テンプレートによって、同じデザイン、決まったコンテンツでのメルマガ作成が可能となり、自社のブランディングに大きな効果を発揮します。レイアウトが統一されればユーザーの記憶にも残りやすく、開封率も上がることが期待できます。

ドラッグ&ドロップで編集できる高度なテンプレートがあります。ドラッグ&ドロップ機能を使用することで、開発者はコンテンツエディター内でレイアウト、スタイル、コンテンツを直接変更できる、ページ内のセクションを作成できます。


メルマガのパーソナライズ

現在では全員に同じメールを送ってもなかなか読まれないことが多くなっています。しかしメルマガの効果は、一人ひとりの関心に合わせた内容のメールを送る「パーソナライズ」をすることで大きく変わることがあります。パーソナライズができれば、顧客の興味を引くだけでなく顧客にとっても役立つ情報が得られるため、よい関係性の維持につながります。最初に、受信者の名前、メールアドレスなどを追加し、より個人向けにカスタマイズされた読み応えのあるコンテンツを作成しましょう。また、顧客が興味を持つであろう商品を予測して、個々に自動表示するレコメンドは予測精度によって効果が大きく変わります。


メルマガの内容を設定しよう

パソコン向けのメルマガは、縦200行程度の分量に納め、横は36文字程度にしましょう。スマホ向けの場合は、3スクロールほどの文量、横は15文字程度にするのがおすすめです。メルマガを作成する際は、1通あたりのコンテンツを少なくし、伝えたいことを明確にします。また、句読点をつけて一文を短くし、2~3行に1回改行してください。テキストにあまり多くのリンクを含めないでください。ユーザーがリンクをクリックすると、ニュースレターを忘れて、二度と戻ってこない可能性があります。 さらに、リンクが多すぎると、CTAが目立たなくなる可能性があります。

リンクを設置しすぎるのは得策ではありません。リンクが多くなればなるほど、読者の心理はどのボタンを押せば良いのかわからない状態に陥ってしまう可能性があります。


CTAボタンを活用しよう

CTAボタンとは、メルマガの文中で、訪問者に起こしてほしいアクションを促すボタンです。CTAボタンによく使うアクションは以下のようなものです。

●      商品やサービスを購入する

●      調査に参加する

●      チャンネルへのサブスクライブ

●      メルマガをソーシャルメディアで共有する

●      事前登録

メールのクリック率を高めたいのであれば、CTAにはテキストではなくボタンを選択するべきだと言えます。CTAボタンに表示するテキストは、具体的な行動を促すものでなくてはなりません。曖昧な表現や、長文になってしまってはいけません。シンプルで分かりやすいテキストであることが重要です。

1つの商品や1種類のサービスを紹介する場合は、リード文に1つ、本文に1つ、そして終わりに1つというように、3つのリンクを設置するのが効果的です。

読者があらゆるプラットフォームでメルマガをシェアできるように、ソーシャルメディアへのリンクを位置することもできます。


定期配信

メルマガを定着させるには、コンスタントに配信して顧客との接触頻度を上げていき、信頼関係を構築していく必要があります。定期的にメルマガを配信する理由は、主に以下の3つがあります。

●      既存顧客のロイヤルティ向上

●      顧客に企業への理解や関心を持ってもらえる

●      顧客離れを防ぐ

好感を持ってもらいやすくするには頻度が高い方がいいですが、質の低い内容の場合には逆効果の可能性もあります。


メルマガの購読解除リンク


メルマガ配信停止を希望する全ての方が、内容に不満を抱いて解約に至るわけではありません。中には「内容は気に入っているが、複数のメルマガに登録していて読み切れないため解約する」という方もいるかもしれません。だから、メルマガに、配信停止オプションを含めることが重要です。配信停止ボタンは目立つ場所に設置する必要があります。このボタンはメールの冒頭または末尾に設置しましょう。
また、メルマガの解約ページは、読者と接触できる最後の機会です。メルマガ配信停止の案内文面を見直したり、解約ページで施策を行ったりして、読者の気持ちに寄り添ったメルマガ運営を目指してみてはいかがでしょうか。


メルマガ登録ページの用意


メルマガの登録者を増やすためには、メルマガの登録ページを用意しておくことが重要です。メルマガによる特典がシンプルに分かりやすく表示されなければなれません。一般的には、クーポン情報、無料プレゼント、お問い合わせ、資料請求などを取得するためにメールアドレスやその他の情報を入力するフォームを設置し、そこからメルマガを開始するという形がよく取られています。


効果測定

計測できるメトリクスの例:

●      直帰率
●      配信率
●      迷惑メールとして報告される率
●      メルマガ登録数の変動
●      開封率
●      メール記載URLのクリック率
●      シェア率
●      1通あたりの獲得売上
●      コンバージョン率
●      購読解除率


Free. Unlimited. Online.
Bitrix24 は誰もがコミュニケーションを取り、タスクやプロジェクトでコラボレーションし、クライアントの管理などを行える場所です。
無料で登録
あなたへのおすすめ
プロジェクト管理
ワークフローにぴったりなプロジェクト管理ソフトウェアを選ぶ方法
CRM
営業を活性化するアプリ おすすめ25選
プロジェクト管理
【プロジェクト管理】うっかり起こりがちな12のミス
プロジェクト管理
【2022】有料/無料 Microsoft Projectの代替