CRM

【2021】無料で使える市場調査ツール おすすめ6選

【2021】無料で使える市場調査ツール おすすめ6選
ダルメノヴァ・ アンナ
2021年10月18日
最終更新日:2021年10月18日

現代社会において、顧客のニーズを把握するには、データに基づくエビデンスを理解することが重要です。エビデンス収集に役立つ市場調査ツールは様々あり、無料で使えるものも多く存在します。

フリーツールの中には、有料ツールと機能があまり変わらないものもあります。この記事では、有料ツールに負けない優秀な機能を持つ、無料で使える市場調査ツールを6つご紹介いたします。

低コストでエビデンスに基づき顧客のニーズを把握したい方は、ぜひ最後までお読みください!


1.     Googleトレンド - キーワード比較ツール

数多のマーケティングチーム御用達のGoogleトレンドは、無料で使える市場調査ツールとして業界トップに君臨しています。Googleトレンドを使うと、インターネットで最も頻繁に検索されているキーワードへの洞察を深めることができます。

Googleトレンドで2つのキーワードを入力すると、Googleがキーワードを採点し(満点は100点)、2つを比較してそれぞれのパフォーマンスを確認できます。

Googleトレンドの魅力は何といっても、Google製品であることです。汎用性が高く、リアルタイムで更新を受け取ることができます。

Googleトレンドでは4つのキーワードを同時に比較できますが、その提案には限りがあることが難点かもしれません。


2.    Answer the Public -人々が何を検索しているのかを把握できるツール

Answer the PublicGoogleトレンドと同じく市場調査ツールですが、単一のキーワードを比較するというよりも、入力したキーワードに基づいて長いキーワードを提案してくれるツールです。国や言語を選択できますので、国際的なブランドや新たな市場へ参加したいビジネスにおすすめです。

Answer the Publicは、人々があなたのキーワードを検索する際に使っている様々なクエリを見やすく表示してくれます。これにより、顧客の心の内を理解し、デスクに座っているだけでは得られないリアルな洞察を得ることができます。プチプチ(気泡緩衝材)はもともと壁紙として開発された製品ですが、ストレス解消に使っている人もいますよね。このように、あなたの製品を人々がどのように見たり使っているかを把握することは大切です。


3.    Mention - すべてのソーシャルをまとめて追跡できるツール

似たようなツールが有料である中、Mentionは無料で使える数少ない市場調査ツールです。Mentionを使うと、キーワードに基づきソーシャルメディアをスキャンできます。Mentionの目的は、ウェブ上でのあなたのブランドに関する言及をすべてまとめて追跡することです。流行っているものとそうでないものを監視して、自分のマーケティングアプローチに取り入れることができます。さらに、ライバル企業のアクティビティを監視し、何が彼らを成功に導いているか/そうでないかを理解することができます。

Mentionを使うと、InstagramFacebookTwitterLinkedIn無料バージョンへの投稿もできます。

Mentionの欠点は、言及の意味合いまではスキャンできないという点です。つまり、ウェブ上で誰かがあなたのブランドについて言及をしたことはスキャンできますが、その言及が好意的であるかそうでないかを把握するには手動で確認を行う必要があります。


4.    Bitrix24  すべてが一か所に集約されたツール

顧客が何を求めているのかを、顧客ひとりひとりに確認できたら素晴らしいですよね。Bitrix24は、オンラインフォームでそれを実現できるツールです。初心者でも簡単に使える便利なアプリが満載で、ストレスフリーにビジネスの成長を促します。

Bitrix24を使うと、CRMで人々にフォームを送信したり、ソーシャルメディアに投稿したり、フォームをウェブサイトに埋め込んだりして、顧客のレスポンスを収集できます。フォームはCRMと完璧に連携していますので、コードを一行も書くことなくデータを収集できます。

Bitrix24の市場調査ツールを使うと、CRM内で販売結果を分析して、カスタム可能なCRMレポートを作成することができます。会話率、販売速度、ディールパイプラインをモニタリングして、調査に基づき調整を行うことができます。GoogleFacebook広告を既に使用している場合は、それらをBitrix24と統合することで更に深い洞察を得ることができます。


5.    SellerApp Amazonのリスティングをブーストするツール

SellerAppの有料バージョンは類を見ないほどパワフルですが、無料で使える市場調査ツールもたいへん優秀です。キーワードを入力してマーケットプレイスを選択するだけで、Amazonのリスティングを最適化することができます。SellerAppは、あなたのリスティングを最適化するキーワードの膨大なリストをクリックひとつで示してくれます。

キーワードを賢く選択することで、競争に勝ち、ライバル企業の一歩先を行くことが可能となります。Googleトレンドと同様、マーケットプレイスを選択できることも相まって、SellerAppは無料で使えるAmazon市場調査ツールのトップのひとつであるといえます。

SellerAppはその操作もたいへんシンプルです。ウェブサイトでも使えますが、エクステンションとして自分のブラウザにアプリをインストールすると、Amazon製品にぴったりなベストキーワードを常に把握することができるようになります。


6.    Make My Persona - 独自のペルソナ(顧客像)を作成できるツール

2018年以降の市場において、HubSpotが提供する無料ツールであるMake My Personaは、顧客の心の内を理解するのにたいへん役立つツールとして人気があります。

Make My Personaを使い始めるには、ステップに従い質問に答えていきます。それらに人口統計情報、役職、課題、目標などを割り当てると、古典的な顧客像(ペルソナ)が出来上がります。

すると、それらを達成するのに最適なタイミングと方法がアドバイスされます。顧客が変わればペルソナも変わりますので、実際に見つけた新たな情報は何でもこのツールに適用することができます。

Make My PersonaB2B市場調査ツールとして人気がありますが、B2Cにも活用できます。

banner aprel FR_13-67 (1).jpg


自分にぴったりの市場調査ツールを見つけましょう

市場調査を始めるのに最適なタイミングは、あなたが自分の会社について最初のアイデアを得た瞬間、あるいは・・・今この瞬間です!

手始めに、このリストでご紹介いたしました市場調査ツールをお試しになってみてはいかがでしょうか。リストのツールはすべて無料で使えますので、有料ツールを使いたい場合であっても、料金を支払う前に実際の機能を試すことができます。

この記事でご紹介いたしました市場調査ツールの中でも、ひときわ群を抜いているのはBitrix24です。Bitrix24の市場調査フォームと販売分析は、無料で使える他のビジネスアプリとシームレスに統合できます。セットアップも簡単にでき、市場調査だけでなく、企業の成長をブーストさせる便利な機能が豊富に揃っています。世界各地で900万社を超える導入実績を誇るBitrix24の実力を、あなたも試してみませんか?

 

Free. Unlimited. Online.
Bitrix24 は誰もがコミュニケーションを取り、タスクやプロジェクトでコラボレーションし、クライアントの管理などを行える場所です。
あなたへのおすすめ
プロジェクト管理
【プロジェクト管理ソフト】おすすめ6選&自分に合うものを見つけるには?
コミュニケーション
【2021】無料で使えるマーケティングツール ベスト10
CRM
【2021】知らないと損する!無料で使えるマーケティングツール5選
コミュニケーション
【2021】チームコミュニケーションツール おすすめ11選