コミュニケーション
無料で登録

リモートチームでプロジェクトへのモチベーションを高める為の8つのヒント

リモートチームでプロジェクトへのモチベーションを高める為の8つのヒント
Bitrix24チーム
2022年10月21日
最終更新日:2022年10月31日

この記事の内容:


5人であろうと数百人であろうと、チームの管理は決して簡単ではありません。様々な個性を持つ個人をクラスタリングすると、衝突や誤解、さらには作業効率の低下が頻発する可能性があります。一方で、この問題に慎重に対処すると、チームを奮い立たせ、高い目標を達成できます。人々を同じ波長に合わせることと、共通の目的を達成する為に協力させることは同じではありません。

リモートワーカーを鼓舞する斬新な方法を模索することで、組織は一貫性や社会的結束、誠実さ、包括性を備えた明確な共通文化を生み出す機会を得られます。ビジネスがリモート構造へ移行している場合は特に、プロジェクトの動機付けと従業員の関与が企業の成長にとって必要不可欠です。


プロジェクトに対するリモートチームのモチベーションを改善する為の戦略とは?

1.期待を明確に定義する

まずは最初のステップとして、在宅勤務時に従業員がどのように行動すべきかについて、制限と基本的ルールを設定してください。チームがあなたの期待を理解しているかどうかを確認し、プロジェクトのモチベーションが先延ばしになるのを避けましょう。この場合の期待には、次のような形式があります。

  • 企業文化

  • 作業アプローチ

  • プロジェクトの仕様

  • スタイル マニュアル

  • コミュニケーションのガイドライン

  • 関係の発展

マネージャーの方は、従来のオフィス環境と同様に、人事シフトや作業手順に関するリモートチームへの通知を怠らないでください。リモートチームメンバーが期待に応えているかを確認する為に、彼らの作業パフォーマンスを監視することは大切ですが、度が過ぎると不信感を生む可能性があります。

期待を明確にすると、より良い結果を得る為の協力体制がチーム内に生まれます。さらに、目標達成までの過程と達成の瞬間をチームの誰もが認識できるよう、ビジョンの定義に基づく明確且つ達成可能な目標を頻繁に設定してください。チームの連携を強化すると、プロジェクト管理における生産性、リーダーシップ、モチベーションが向上し、従業員は自分達がプロジェクトに関与していること、感謝されていることを実感できます。


2.連絡と会話を維持する

効果的なチームとプロジェクトの動機付けには協力体制が重要です。チームと繋がりの薄い人がいると、コミュニケーションに不具合が生じます。まずは、チームに必要なリソースが装備されているかどうかを確認してください。たとえばインターネットや、従業員向けの会社の携帯電話などです。たとえば、プロジェクト管理とチームメンバーのコミュニケーションをより効率化し、全員が正しい方向に進んでいることを確認するには、Bitrix24のような管理ツールプラットフォームを使うのがおすすめです。チームでクラウドを使うよう促進し、ファイルを共有して従業員間のコミュニケーションを改善しましょう。

オフサイトの従業員が疎外感を感じないよう、スケジュールされたチェックインコールを設定したり、同僚同士のカジュアルなコミュニケーションを促進するよう、オンラインメッセージやチャットサービスの使用を促進しましょう。

可能な限り、電話には対応してください。感情的またはストレスの多い状況では尚更です。Eメールでは声のトーンが感じられない為、感情を伝える手段としては電話の方が優れています。また、テレワークにはビデオチャットやWeb会議が必須ですので、画面の外観に慣れる為にも、今から練習を始めてください。


3.成長マインドセットを奨励する

成長マインドセットを意識している人は、自分のスキルや知識、能力が更に向上する可能性があると感じています。成長志向の人は、新しいことを学んだり、新しいスキルを習得したりして、現在の能力を向上させる機会を探しています。成長マインドセットを持つ人は、困難に直面しても、それを失敗の可能性として恐れずに、進歩の機会と捉えます。こうした人々は、人生の成功は運や偶然ではなく、努力によってもたらされると考えています。

プロジェクトのモチベーションを高めるには、チームが高度なスキルを持ち、優れたスキルを持っていることに加えて、持続的な刺激を受ける必要があります。マネージャーの方は、個人の能力開発とパフォーマンスの目標の両方を強調して、リモートワーカーに刺激を与えてください。

この手法は、サービスの最前線やトップマネジメントなど、あらゆる段階において常に成長の可能性があるという開発精神に基づいています。マネージャーとして、グループのパフォーマンスだけでなく、グループの能力に集中すると、自分自身と遠く離れた労働力(テレワーカー)に新たなチャンスを生み出すことができます。

ただし、成長のメンタリティを持つことは、失敗をも教育の機会として受け入れることをも意味します。エコーチェンバーにいる時、わたし達は通常既に能力を発揮することに秀でていますが、スキルセットを拡張することはありません。己の信念を広げ、キャリアアップを目指すチームメンバーは、マネージャーから励まされるべきです。


4.多様性と共感を示す

すべての従業員は異なる環境で働いているということを念頭に置いてください。結婚していて子供がいる人、独身の人、オフィスで仕事をする人、カフェや裏庭、或いは寝室などお気に入りの場所で仕事をする人など様々です。各人の職場環境を理解すると、より優れた適応性と共感をもってリモートチームを率いることができます。

病気や個人的な問題を抱えているチームメンバーがいたら、彼らの状況を理解する必要があります。理解は、あなたの人間性と彼らへの関心の表れです。組織の労働形態が従来のオフィス勤務からテレワークに移行する過程では、マネージャーはストレス解消や気晴らし等の調整に気を配る必要があります。

コンピューターによるデータのやりとりの背後に隠れがちですが、持続的な繋がりを築く為には共感が重要です。人々へ共感を示すと、チームの士気と生産性が高まります。共感を示すには、チームメンバーの悩みに細心の注意を払ったり、彼らの意見を訊いたりするのが有効です。

5.メンタルヘルスデーの導入を促進する

従業員が良好な健康・心理状態にあると、生産性は向上します。ですので、これらに気を配ることは管理者にとって最優先事項です。プロジェクトに対するチームのモチベーションを向上するのに有効な方法は、メンタルヘルスデーの導入です。

リモートチームを指導する際には、受容と慣れには個人差があることを忘れないでください。テレワークやプロジェクトのルール、会社の方針にすぐに慣れる人もいれば、在宅で仕事をするのになかなか慣れない人もいます。

プレッシャーなど重圧の中で仕事をする際、テレワークに慣れるのに時間を要する従業員は、メンタルヘルスに関する問題を経験することがあります。私生活で何らかの問題を抱えていて、仕事との両立に困難を感じている従業員がいるかもしれません。こうした人々が心理的に追い詰められないよう、こうした問題には迅速且つ効率的に対応する必要があります。

6.テクノロジーを導入する

仮想コミュニティの作成と管理は、これまで以上に簡単に行えるようになっています。デジタルチームワークと共同作業に最適で、高品質且つ費用対効果の高い製品は複数あります。基本的な機能に着目して、シンプルで使いやすいツールを選びましょう。

メール、電話会議ツール、ダイレクトチャット、データの共有とダウンロードが出来ることは、テレワーカーにとって必須です。プロジェクトリーダー、開発者、その他多くの専門家が、適切なワークフローソフトウェアを使って作業を行えるようにしてください。

オフサイド業務の殆どはテクノロジーに依存しています。その妨げとなるものはすべて、プロジェクト管理における生産能力、リーダーシップ、モチベーションを低下させます。動作の遅いプログラムやラップトップを使っていると、毎日の作業が長引く為、従業員の意欲が大幅に低下します。ですので、信頼できる最新テクノロジーを導入しましょう。

プロジェクトや目的を説明する際に、従業員のガジェットが誤作動したり、動作が遅かったりすると、オンライン会議がスムーズに進みません。ですので、組織で高速インターネットを使えるよう環境を整えてください。

7.報酬プログラムを設定する

リモートチームを率いる際には、チームメンバーの努力を認めて称賛することがたいへん重要です。努力を認められた人はモチベーションが向上します。それを見ている他の従業員のモチベーションもまた向上します。社会的認知度、感謝のしるし、キャリアアップの可能性、ボーナスなどで従業員の努力を認めていることを示しましょう。普段は成長のチャンスを得ることが少ない従業員に、社内のプロジェクトのモチベーションを高める機会としても利用できます。

テレワーカーの管理は離れた場所から行うことを考慮して、監視手順と即時レポートで従業員とのやり取りを強化してください。クイックパルスサーベイを使って生産を追跡し、的を絞った質問をし、データを収集して傾向を特定しましょう。従業員と仮想会議を行い、克服した障害や同僚のサポート方法を調べ、チームと従業員両者の成果を認めて称賛する要素を見つけてください。こうすることで、マネージャーは報酬の種類や適切な報酬システムを確立する方法を見つけることができます。

8.信頼関係を築き、マイクロマネジメントを控える

効果的な繋がりは、信頼関係の上に成り立つ必要があります。特にオフサイトのチームと連携する際には、信頼関係が更に重要度を増します。チームメンバー間で信頼関係を築くことは、成功には不可欠です。往々にして、マネージャーはチームのタスクやプロセスに関する色々な面に没頭しがちです。それは、チームを効率的に管理することの妨げとなります。ですので、マネージャーはチームメンバーにタスクを割り当てることに集中して、チームメンバーがワークロードを管理できるようにしてください。

常時のマイクロマネジメントを避け、チームメンバーがタスクを完遂できるようにすると、プロジェクトのモチベーションを保つことができます。仕事の完了方法についてアドバイスをする際でも、チームメンバーが自分で重要な要素を整理できるようにしてください。そうすれば、従業員は自分で仕事をコントロールしていると感じ、能力を最大限に発揮できます。

テレワーカーを雇用する際、雇用主は従業員に自分でタスクをコントロールする自由を与え、時間管理能力を磨くことで、従業員への信頼を示す必要があります。信頼はモチベーションを高めます。こうして仲間意識が生まれると、リモートワーカーは自分に仕事に関する問題について、躊躇することなくマネージャーと話し合うことができるようになります。

まとめ

最高の結果を得るには、リモートチームを鼓舞し、プロジェクト管理におけるモチベーションの重要性を理解することが大切です。チームメンバーの持つ特性、役割の範囲、私生活の事情などを考慮して、個人としても集団としてもメンバーが関与できるような戦略を立ててください。

その際には、様々なアプローチを試してみてください。そして、必要に応じて柔軟に対応することが大切です。チームメンバーの共感を呼ぶものが見つかれば、チームの主体性が高まります。


FAQ

管理者がテレワーカーのモチベーションを高める必要があるのはなぜですか?

在宅で仕事をしていると、ふと孤独を感じたり、組織や仲間との繋がりを感じづらいことがあります。従業員のモチベーションは、とても大切です。ですので、彼らの生産性を保つ為には、彼らの関心を維持する為に最善を尽くすことが極めて重要です。たとえば、従業員の努力や成果を認めて称賛すると、彼らが仕事により意欲的になることが期待できます。


リモートチームのやる気を引き出す為のユニークな方法とは何ですか?

プロジェクトのモチベーションを向上させるには、次のような方法があります。

  • オンラインチームビルディングのイベントを設定する
  • オンラインパーティーを開催する
  • 調査ツールを使用してモチベーションを測定する
  • チェックインを定期的に行う
  • 従業員エンゲージメントのソフトウェアを使う
  • 健全な労働競争を促進する
  • 社員旅行や健康関連など福利厚生を充実させる


プロジェクトチームのモチベーションを高める方法は何ですか?

プロジェクトチームの意欲を高める方法は次のとおりです。
  • 期待を明確に定義する
  • 連絡と会話を継続する
  • 成長マインドセットを奨励する
  • 多様性と共感を示す
  • メンタルヘルスデーの採用を促進する
  • テクノロジーを導入する
  • 報酬プログラムを設定する
  • 信頼関係を築き、マイクロマネジメントを控える


モチベーションの主な2つのタイプは何ですか?

モチベーションには主に、外因性と内因性の2つのタイプがあります。外発的動機付けは、外部から報酬を受け取る為にとる行動を意味します。いっぽう内発的動機付けは、情熱を追求し、スキルを磨く際に、障害を見つけて克服しようとする生来の傾向を意味します。

リモートチームを率いる際の課題は何ですか?


リモートチームを率いる際には、次の問題点に速やかに対処することでチームメンバーのモチベーションを高めることができます。
  • 組織文化の無視
  • コミュニケーションに関する問題
  • 進捗の監視が行われていない
  • 信頼の欠如
  • スケジューリングの問題
  • 出力レベルが低い
  • 勤務時間の短縮
  • オフラインの集まりが皆無


Free. Unlimited. Online.
Bitrix24 は誰もがコミュニケーションを取り、タスクやプロジェクトでコラボレーションし、クライアントの管理などを行える場所です。
無料で登録
あなたへのおすすめ
CRM
営業を活性化するアプリ おすすめ25選
CRM
運送会社にCRMが必要な理由とは?
CRM
CRMで売上を増やす方法
プロジェクト管理
【プロジェクト管理】うっかり起こりがちな12のミス