Webサイトビルダーを選ぶ際に考慮すべき10のポイントとは?

23 分で読めます
Bitrix24チーム
2023年2月22日
最終更新日:2023年2月22日
Webサイトビルダーを選ぶ際に考慮すべき10のポイントとは?

この記事の内容:

  1. どんなドメイン・ホスティング機能が使えますか?
  2. プロレベルのテンプレートが使えますか?
  3. すぐに使える適切な機能が備わっていますか?
  4. CRMやマーケティング自動化プラットフォームと統合できますか?
  5. SEOやオンラインのマーケティング機能が組み込まれていますか?
  6. レスポンシブでモバイルフレンドリーなデザインですか?
  7. 更新や変更が簡単にできますか?
  8. Webサイトビルダーはコンプライアンスに準拠しますか?
  9. 価格は適切ですか?
  10. きちんとしたサポートは提供されていますか?

FAQ



最近では、Webサイトを持っていないことは存在しないことと同義です。

そんなことはない、と否定する人も大勢いるでしょう。Webサイトの作成をプロに依頼すると、結構な費用が掛かります。正直、個人事業主や新興企業にとっては痛い出費です。そこで最近では、誰でも簡単にWebサイトを作成できるソフトウェアが人気を集めています。

市場には様々な特徴を持つソフトウェアが溢れています。使える機能が異なる場合もありますので、ソフトウェアを選ぶ際には、自分や会社のニーズにぴったり合うものを選ぶことが重要です。

この記事では、Webサイトビルダーを選ぶ際に考慮すべき重要なポイント10点をご紹介いたします。現在市場にはどのようなソフトウェアが存在するか、Webサイトビルダーとしてマストハブな機能や特徴も併せてご紹介いたしますので、ぜひ最後までお読みください。


1.どんなドメイン・ホスティング機能が使えますか?

Webサイトビルダーを選ぶ際にまず注目すべき点は、ドメインとホスティングです。簡潔に言うと、ドメインはWebサイトの名前であり、ホスティングはWebサイトの背後にあるエンジンです。ドメインもホスティングも、Webサイトをオンラインにする為に必要ですので、まず初めに準備する必要があります。

あなたのWebサイトが検索されやすいよう、自分で好きなドメイン名を選べるのが理想的ですよね。Webサイトビルダーでは、価格帯(プラン)によって使えるドメインのスタイルが異なる場合があります。たとえば、無料版ではドメインにWebサイトビルダーの製品名が含まれますが、有料版ではWebサイトビルダーの製品名をドメインに含まないようにアレンジできる場合があります。

ホスティングに関しては、2つの選択肢があります。

Webサイトを作成する際、殆どの人はクラウド ホスティングを選択するでしょう。クラウド ホスティングでは、オンサイトで自分のサーバーを管理する必要がなく、ファイルはすべて安全な外部ストレージに保存できますので、お財布に優しい選択です。

セルフ ホスティングは、ファイルを社内で保管したい組織向けです。セルフ ホスティングは多くの費用が掛かりますので、実績のある技術専門家チームを組織内で保有していない場合は、クラウド ホスティングがおすすめです。


2.プロレベルのテンプレートが使えますか?

ドメインを取得したら、次はWebサイトの作成です。その際にはテンプレートが使えると便利です。Webサイト作成用のソフトウェアを選ぶ際には、使えるテンプレートの量と質に注目してください。まずは「何の為のWebサイトなのか?」という点を明確にしてみてください。

何の為のWebサイトなのかが明確になったら、業界固有のWebサイトテンプレートを探しましょう。テンプレートを使うと大幅な時間の節約になるだけでなく、見栄えと使い勝手の良いWebサイトを作成できます。

Webサイトに自分のオリジナルのテイストを加えたい人もいるでしょう。もちろん、問題ありません。Webサイトビルダーで使えるテンプレートの多くは、後からカスタマイズできます。Webサイトビルダーの殆どは、シンプルにドラッグ&ドロップだけで編集作業ができます。コーディング等の専門知識がなくても簡単にWebサイトを作成できますので、これを使わない手はありません。


3.すぐに使える適切な機能が備わっていますか?

テンプレートをゲットしたら、次はWebサイトをレベルアップしましょう。前の段落で述べたポイントと似ていますが、Webサイトビルダーを選択する際には、コーディングをしなくても色々な機能を簡単に作成できるものを選んでください。

Eコマース サイトを例に見てみましょう。すべての在庫を顧客が簡単に閲覧できるようにアレンジできる機能が必要です。実際の倉庫内の在庫と、Webサイトに表示される在庫数を同期できると尚更ベターです。

Eコマースのテンプレートには、製品カタログ、注文管理、在庫管理ツール等の機能が含まれているのが理想的です。これらが最初からテンプレートに含まれていれば、細部調整に頭を痛める必要がなくなります。また、支払いシステムと簡単に統合できることも重要なポイントです。

リード生成ツールもまた重要です。リード生成ツールはカスタマージャーニーの始まりを表すものです。フォームのカスタマイゼーションや連絡先ウィジェットのコーディングには高度な専門知識が必要ですので、Webサイトビルダーを選ぶ際には、ドラッグ&ドロップで簡単に操作できるものを選択するのがおすすめです。


4.CRMやマーケティング自動化プラットフォームと統合できますか?

前の段落でも触れましたが、Webサイトの主要な目的のひとつはリードを獲得することです。優秀なツールを使うと、見込み客の獲得からカスタマーサービスに至るまで、パイプライン全体をカバーできます。これに関しては、CRMやマーケティング自動化ツールと統合されているWebサイトビルダーを選ぶのが賢明です。

カスタム可能なフォームと連絡先ウィジェットはCRMのゲートウェイです。これらに入力された情報はすべて、自動的に顧客関係管理にも入力されます。システムによって連絡先がパイプラインに挿入されますので、人間はリードナーチャリングという人間的側面を必要とする作業に集中できます。

優秀なWebサイトビルダーには、パーソナライズ&自動化されたキャンペーンを色々なチャネルで送信する機能があります。マーケティング キャンペーンやソーシャルメディアの宣伝など、CRMから各人口統計に特定のメッセージを作成できます。Google分析を統合すると、Webサイト上のユーザーの行動を追跡してマーケティング活動を強化できます。

CRMは、カスタマーサービスセンターとしても使えます。CRMにはすべての連絡先とやりとりが記録されます。通話やインスタントメッセージを受信したり、顧客についての情報を瞬時に引き出すこともできます。


5.SEOやオンラインのマーケティング機能が組み込まれていますか?

法律に準拠していて、CRMと統合されている素敵なWebサイトがこれで完成しました。では次に、あなたのWebサイトを人々に見つけてもらうには何をすればよいでしょうか?

Webサイトビルダーを検討する際に、検索エンジン最適化(SEO)の重要性に触れる機会ががあったかと思います。検索エンジン最適化を良く知らずにWebサイトを運営している人が多いですが、これは勿体無いことです。SEOの可能性を最大限に活かすと、僅かな費用の有料広告で顧客をWebサイトに誘導できます。その為には、SEOを適切に使う方法を知っている必要があります。

優秀なソフトウェアには分かりやすくて直感的に使えるSEOツールが備わっていますので、画像やメタディスクリプションに代替テキストを追加できます。こうした細かな調整は、検索エンジンのトップに表示されるか、2ページ目に表示されるかを左右します。

ですでの、Webサイトを作成する為のCMSを選ぶ際には、検索エンジンでWebサイトが効果的に表示されるよう、備え付けのSEOツールに注目してください。


6.レスポンシブでモバイルフレンドリーなデザインですか?

最近の顧客は色々なデバイスを使っていますので、柔軟性に欠けるWebサイトを作成すると、最初からユーザー エクスペリエンスの質を下げることになります。人々の期待は非常に高く、彼らがひとつのことに集中する時間は短いので、素早く人々の注意を惹きつける必要があります。

Webサイトビルダーを選ぶ際には「レスポンシブ」と言う言葉に着目してください。「レスポンシブ」なWebサイトビルダーを使うと、スマートフォンとパソコンで同じように機能するWebサイトを作成できます。次に、詳細に着目してください。「レスポンシブル」がレイアウトやデザインのみを指すのか、それともウィジェットやSEO、画像、動画も対象となっているかを確認してください。


7.更新や変更が簡単にできますか?

優れたUIは必須ですが、それは必要なものの半分に過ぎません。UIと同じくらい重要なものに、コンテンツ管理システム(CMS)があります。更新や手順が分かり難いと、コンテンツを実際に作成するよりもアップロードに多くの時間を浪費することになります。

時間が掛かっても慣れれば大丈夫だろう、というのは危険な考えです。外部のサプライヤーを招いたり、新しいスタッフにツールの使い方を教える必要が出て来る可能性は常にあるからです。ですので、オンボーディング プロセスは出来るだけ簡単にしておくのがおすすめです。

時間の節約だけではありません。コンテンツ管理システムは、複雑な機能が多ければ多いほどミスや問題が発生する率が高くなります。専門知識がないまま操作や機能が複雑なシステムを使うと、Webサイトの見栄えが悪くなるリスクがあります。

ですが、実際に使ってみないとそのツールが使いやすいかどうかは分かりません。ですので、Webサイトを作成するCMSを選ぶ際には、まずは無料体験版を試してみるのがおすすめです。


8.Webサイトビルダーはコンプライアンスに準拠しますか?

Webサイトを成功させる鍵のひとつは、すべてを高い水準に維持することです。専門家の人以外は、何か不明な点があったらそのまま作業を進めるのではなく、その都度ソースを参照してください。

ここ数年間でテクノロジーは飛躍的に進歩し、コンプライアンスを維持するWebサイトは以前にも増して見つけやすくなりました。技術的な観点に加えて、最近のWebサイトビルダーではプライバシー ポリシーとCookieポリシーの指標や文言をを地域の法律に合わせてアレンジできますので、色々な地域で安全にWebサイトを公開できます。

この記事のリストで何度か触れましたように、Webサイトを作成する際のポイントは物事をシンプルに保つことです。既成のドラッグ&ドロップで使えるテキストはマストハブです。


9.価格は適切ですか?

Webサイトビルダーを選ぶときに最も重要な項目のひとつはコストです。特に小規模ビジネスにとって、費用は大きな問題です。

かつて殆どの企業はWebサイトの作成を外部の専門家に委託していて、その費用は決して安くはありませんでした。ですが最近は、コーディングの専門知識がない人でもプロが作ったような綺麗なWebサイトを作成できます。最初からテンプレートが使えるWebサイトビルダーを選べば、サイト全体がクラッシュする心配がなく、ドラッグ&ドロップで色々とアレンジができます。

ただし、将来の計画を立てていないと費用が増加する可能性があります。綺麗なWebサイトを作成することだけに気を取られているうちに、気づいた時にはWebサイトがぽつんと孤立していた、という状況は多くの企業が陥りやすい罠です。Webサイトの孤立を解消するべく、CRMやSEOツールを取り入れ、気づけば費用が膨れ上がっていた、というパターンはとても多いです。

ですので、最初から色々なツールが統合されているオール・イン・ワン型のWebサイトビルダーを選ぶのが賢明です。


10.きちんとしたサポートが提供されていますか?

CMSを選んでWebサイトを構築する際には、トラブル発生に備えたサポート体制がきちんと提供されるかどうかにも着目してください。

たとえば、トレーニングセンターはユーザーの知識を増やし、オンボーディングやトレーニングの為のヒントやコツを教えてくれます。

優秀なWebサイトビルダーには、テキストガイド、ハウツー動画、検索可能なFAQ、トレーニングコース等が付随します。こうした豊富な知識ベースがあれば、自信を持って適切にWebサイトを構築できます。オンボーディングを支援し、質問に答えてくれるパーソナル コンサルタントを得られるものもあります。

緊急事態が発生した際には、Webサイトをオンラインに保つ為にホットラインが必要なケースがあります。Webサイトビルダーを選ぶ際には、この種のサポートが提供されるかどうかにも注目してください。

この記事をお読みになり、適切なWebサイトビルダーを選ぶ為のコツやヒントはお分かりいただけましたか?

Webサイトビルダーを選ぶ際には、ぜひBitrix24をお試しください。Bitrix24にはブロックベースの編集フォーマット、100種を超える業界固有のテンプレート、協力なCRMとのシームレスな統合など色々な機能が含まれていますので、プロが作ったようなWebサイトを構築できます。

Eコマース ビジネスの為の洗練されたWebサイトや、見込み客を惹きつける魅力的なランディング ぺージを作成したい人は、今すぐBitrix24にサインアップしましょう!


FAQ



Webサイトを構築する為には誰にどれくらいの費用を支払えばいいですか?

Webサイト構築を委託する際の価格は、委託先とその拠点によりけりです。その種類は様々で、場合によっては数百万円以上掛かるケースもあります。

Webサイトの価格はいくらですか?

Webサイトを外注すると、多額の費用が掛かる可能性があります。近年では多くの組織や企業がWebサイトビルダーを使ってWebサイトを構築しています。Webサイトビルダーを使うと、コーディングなどの専門知識がなくても無料で綺麗なWebサイトを作成できる為です。

 

最も人気
コミュニケーション
Googleカレンダーの代替 おすすめ18選
コミュニケーション
【2023年】オンライン会議ツールZoomの代替
CRM
人気トップ10の販売追跡技術を駆使して売上を2倍に延ばす方法
CRM
タスクとプロジェクトの効率化、CRM自動化によってビジネスを成長させる方法
コミュニケーション
英語メールの署名の書き方とデザインテンプレート25選
目次
この記事の内容: 1.どんなドメイン・ホスティング機能が使えますか? 2.プロレベルのテンプレートが使えますか? 3.すぐに使える適切な機能が備わっていますか? 4.CRMやマーケティング自動化プラットフォームと統合できますか? 5.SEOやオンラインのマーケティング機能が組み込まれていますか? 6.レスポンシブでモバイルフレンドリーなデザインですか? 7.更新や変更が簡単にできますか? 8.Webサイトビルダーはコンプライアンスに準拠しますか? 9.価格は適切ですか? 10.きちんとしたサポートが提供されていますか? FAQ Webサイトを構築する為には誰にどれくらいの費用を支払えばいいですか? Webサイトの価格はいくらですか?

Free. Unlimited. Online.

Bitrix24 は誰もがコミュニケーションを取り、タスクやプロジェクトでコラボレーションし、クライアントの管理などを行える場所です。

無料で始める
あなたへのおすすめ
お客様と長期的な関係性を作るためのヘルプデスク ソフトウェア ソリューションのおすすめ16選
CRM
お客様と長期的な関係性を作るためのヘルプデスク ソフトウェア ソリューションのおすすめ16選
30 分で読めます
【チャットプロンプトでビジネスを促進したい方必見】コンテンツ作成のガイド
【チャットプロンプトでビジネスを促進したい方必見】コンテンツ作成のガイド
18 分で読めます
【プロジェクト・コミュニケーション】強固なチームを結成して結果を出すための コツ 10選
コミュニケーション
【プロジェクト・コミュニケーション】強固なチームを結成して結果を出すための コツ 10選
31 分で読めます