採用凍結の中でチームをエンパワーメントするための10の戦略

23 分で読めます
Bitrix24チーム
2023年7月6日
最終更新日:2023年10月16日
採用凍結の中でチームをエンパワーメントするための10の戦略

現在の急速に変化するビジネスの環境では、予期せぬ課題に直面することがあり、採用凍結に直面することも珍しくありません。プロジェクトマネージャーであろうと起業家であろうと、チームを力づけ、高い士気を維持することで、凍結にもかかわらず成功する準備をしておく必要があります。しかし、適切な戦略を用いることで、この障害を成長とチームの発展の機会に変えることができます。

この記事では、厳しい状況でも生き残るだけでなく、優れた成果を上げるための10の効果的な戦略を紹介しています。

クロスファンクショナルなコラボレーションを受け入れることから、マイルストーンを祝い、イノベーションの文化を育むことまで、これらの戦略によって士気を高め、チームの結束を強化し、逆境に直面しても高いパフォーマンスを維持することができるようになります。

さあ、新たなメンバーを採用できない状況でも、既存のリソースを最大限に活用する方法を見てみましょう。

1. 採用凍結を既存のチームメンバーの成長の機会に変える

採用凍結は、社内で何かがうまくいっていないことを意味し、その結果として新たな採用を一時停止しなければなりません。このような状況では、特に競争の激しい分野では、チームが将来について不安を感じるのは自然なことです。

この不確実性を障害にするのではなく、既存のチームメンバーに成長の機会として捉えましょう。例えば、テック企業における採用凍結を見てみましょう。技術的なスキルとマネジメントのギャップを埋めることを促し、採用凍結によって生じたギャップを埋めるだけでなく、チームのエンパワーメントを促進します。

では、どこから始めればいいでしょうか?

最初のステップは、各チームメンバーの強みと興味を特定し、新しい役割やプロジェクトに参加する機会を提供することです。各個人とのミーティングを設定し、彼らのポジションに対する安心感と進歩のためのロードマップを提供する時間を取りましょう。

これにより、彼らは困難な時期でもやる気を保ち、士気を高めることができます。(そしてリーダーシップのタスクに少しの休息も得られることができます!)。

 

2. クロスファンクショナルなコラボレーションの力を活用する

クロスファンクショナルなコラボレーション力を活用するのは、部下を強化するための効果的な戦略です。クロスファンクショナルチーム(CFT)は、プロジェクトと革新的なソリューションに協力するために、複数の部門から集めて構成されます。採用凍結中にリソースの最適化に役立ち、職場の知識やアイディアの共有を活発化させるフレンドリーな雰囲気を醸し出します。

クロスファンクショナルな協力を促進するために、定期的なブレインストーミングセッションやワークショップを開催しましょう。ここでは、チームメンバーが進行中のプロジェクト、課題、潜在的な解決策について議論することができます。テック企業における採用凍結の例に戻ると、アイデアの自由な交換によって、 開発チームが見落としていたシンプルな提案を営業チームが提供する可能性があります。

チームに対して、採用凍結をお互いから学び、新しいスキルを開発する機会と捉えるように促してください。クロスファンクショナルなコラボレーションを受け入れることで、困難に直面しても適応し繁栄することができる、よりアジャイルで強靭なチームを作り上げることができます。

 

3. スキル開発プログラムを強化してチームを強化する

採用凍結は、チームの成長に必要なツールやリソースを提供する絶好のチャンスです。チームが、採用凍結がもたらした新たな課題に適応していくと、学習とトレーニングに投資することで、チームを前進させることができます。まさにWin-Winですよね。チームは新しいスキルを習得し、職業的に成長しながら、会社自体も活性化します。

まず、チームが持っているスキルを慎重に評価し、成長の余地がある部分を把握します。これは、新しいソフトウェアやプログラミング言語の学習などのハード スキル、またはプロジェクト管理やコミュニケーションなどのソフト スキルを含むことができます。個人の好みを考慮し、個人的な育成計画を立てましょう。

様々な学習の嗜好に対応するために、社内のトレーニング、オンライン コース、ワークショップを提供することを検討してください。さらに、チームメンバーに新しいスキルを試す機会をつくることがいいです。


4. 士気と生産性を向上させるために、イノベーションの文化を育成する

採用凍結中に、高い生産性と士気を維持することは必要不可欠です。創造性や革新的な考え方を積極的に奨励することで、チームのエンゲージメントとモチベーションを維持することができます。さらに、ビジネスを前進させる新しいアイデアを発見することもできます。

まずは、チームメンバーが安心して自分のアイデアや戦略を提案できるオープンで包括的な環境を作り出すことです。ブレーンストーミングのセッションを定期的に開催し、共同ツールを導入し、建設的なフィードバックを提供することで促進できます。タスクの自動化は、面倒な作業や繰り返しの作業を大幅に削減して、業務効率を上げられるソリューションです。

さらに、従業員が独自のプロジェクトに取り組む時間を与えたり、またはアイデアが実装された場合にボーナスを与えたりするなど、革新的な考え方を報いるシステムの導入をご検討下さい。これは、イノベーションの重要性が強調されるだけでなく、チーム内の当事者意識を持たせることができます。


5. チームを強化するツールとしてリモートワークを活用する

リモートワークの活用は、不困難に直面した企業に大きな変革をもたらします。柔軟な勤務形態を取り込み、テクノロジーを通じてつながりを維持することにより、生産性を維持しながらチームに報酬を与えることができます。

リモート移行を計画する時に重要なことは、チームとアイディアや戦略について話し合うことです。採用凍結中のリモートワーク用の主なツールは、次のとおりです。

  • インスタントメッセンジャーやビデオ通話などの通信チャネル
  • さまざまなアジャイル手法を備えたプロジェクト管理ツール
  • 安全なファイル共有プラットフォーム

これらのツールに加え、定期的なチェックイン会議、バーチャル チーム ミーティング、1 対1の個別ミーティングを使用して、チーム内で強いつながりとコラボレーションを維持できます。

ワークライフバランスを整える、意識的に休憩を取る、運動を続けるなど、在宅勤務への健康的な習慣を実践しておくようチームを促進しましょう。これで、リモートワークが、時間の経過とともに持続的になります。

6. 採用凍結中に主導権を取ることに対するインセンティブを生み出す

現在の従業員が立ち上がって、困難な時期に頼りにされたい場合、それを奨励するための優れた方法の 1 つは、インセンティブを提供することです。積極的な行動を認識し報酬を与えることで、チームに自身の仕事に取り組む意欲を促し、より参加意識を高め、組織の成功に積極的に貢献するよう促すことができます。

無意識の偏見を避けるために、常にインセンティブプログラムを構築することを目指すべきです。まず、追加の責任を引き受けること、コスト削減策の特定、または重要な問題に対する革新的な解決策の提案など、促進したい行動と結果を特定します。次に、これらの貢献を認識し報酬するシステムを開発します。ボーナス、追加の休暇、またはチームミーティングでの公的な認識などが考えられます。

インセンティブプログラムがすべてのチームメンバーがアクセスできるようにします。これにより公平性が促進され、誰もが参加することが奨励されます。凍結期間中も効果と関連性を維持するために、プログラムを定期的に見直し更新します。


7. オープンなコミュニケーションと積極的傾聴(アクティブリスニング)を奨励する

オープンなコミュニケーションとアクティブリスニングを促進することは常に重要ですが、自分やチームがプレッシャーの下にある時にはなおさら不可欠です。これにより、透明性と信頼が促進され、チームメンバーが自分自身を評価され、聞かれ、サポートされていると感じることができます。その結果、すべてをオープンにし、背後で有害な感情が悪化するのを防ぎます。

オープンなコミュニケーションを促進するには、すべてのチームメンバーが採用凍結とその影響について明確な理解を持つことを確認してください。対面または、リモートチームの場合、ビデオ通話で行うことをおすすめします。ただし、組織が直面している課題の記録を共有ドライブに保管することも必要です。定期的な議論を通じて、これらの課題に対処するために取られている手段について話し合います。チームからフィードバックや提案を引き出し、可能な限りチームの意見に対応するようにしましょう。

アクティブリスニングも同様に重要です。これにより、共感と理解が示されます。一対一の会話、チームミーティング、非公式なチャットなどでアクティブリスニングを実践しましょう。全神経を集中し、質問をすることで明確化し、建設的なフィードバックを提供します。


8. マイルストーンを達成したら、祝い、成功を認識します

マイルストーンは楽しく活用することもできます。たとえば、大きなプロジェクトマイルストーンに完了のチェックマークがついたときのためにお祝いを計画できます。このようにお祝いして感謝を示すことはチームの士気を高めると同時に絆を深めることにつながります。

個人とチームの両方のマイルストーンを追跡し、祝うシステムを作成します。これは、プロジェクトの完了、スキル開発の達成、または特定のパフォーマンス目標の達成が含むことができます。結果だけではなく、結果がでない努力努力と献身も認識する必要があります。

成果を祝うことに加えて、チームメンバーが自分の成功を紹介する機会も作りましょう。これは、プレゼンテーション、デモ、またはオンライン会議などで紹介することができます。チームメンバーがお互いの成功を祝うことができるチャネルを促進して、認識とサポートも促進します。これで、チームを強化することができます。


9. 採用凍結を資源配分の再考のきっかけとして活用する

以前のポイントで、日々の生産性は確保できるはずです。では、より戦略的に考えてみませんか?チームの効率性、機敏性、権限を高めるために、リソースの割り当てを再考することについて人事チームと話し合ってください。現在、プロセスを効率化し、成長の新たな機会を特定するのに役立つ、あらゆる詳細な人事ツールが市場に出回っています。

まず、チームの現在の業務量、責任、リソースの割り当てを徹底的に評価しましょう。スキルが重複しているチームメンバーの再割り当てや、繰り返しのタスクを自動化するなど、資源を再配分または最適化できる領域を探します。

リソースをより効果的に使用できると思われる領域を特定することで、チームがこのプロセスに参加するよう奨励します。この協力的なアプローチにより、チームは意見を聞いてもらっていると感じることができ、チーム独自の洞察に基づいて意思決定を行うことができます。


10. 様々なアクティビティで職場を盛り上げます

最後に、仕事に関連した戦略だけに限定する必要はありません。仕事関連のタスク以外で強力な関係を築く機会を作ることで、困難な時期を一緒に克服するのに役立つチームの仲間意識を得ることができます。

さまざまな興味や好みに応じたチームビルディング活動を定期的に計画し、チームメンバー全員が含まれているし、関与していると感じることを保証します。これらのアクティビティは、仮想空間ゲームや一般的なクイズゲームから、野外活動やボランティア イベントまで様々です。

チームビルディングイベントに加えて、健康的なワークライフバランスを促進します。柔軟な働き方、定期的な休憩などはすべて、採用凍結中に燃え尽き症候群を防ぎ、チームの士気を高めるのに役立ちます。


次の凍結に備えましょう!

この記事をお読みになり、採用凍結と、それに対処するための10の効果的な戦略は得られましたか?手品のような解決策を探し回る代わりに、自信を持ってチームを力付け、士気を高め、不確実な時期に一緒に繁栄することができます。しかし、戦略を実行するには、作業を容易にする信頼性の高いプラットフォームが必要です。

Bitrix24 は、プロセスを効率化し、コミュニケーションを改善し、成功の文化を育むために必要なすべてが揃った、包括的なプロジェクト管理およびコラボレーション プラットフォームです。すべてのビジネスツールを1つの場所に集約することで、いかなる困難にも対応できる準備が整います。

次の採用凍結がいつやってくるかわからないので、今すぐBitrix24にサインアップして準備しましょう!


FAQs

採用凍結とは?

採用凍結とは、企業が一時的に社員の採用を停止することを意味します。採用凍結の背景には、想定外の市場の不安定化や、企業の経営悪化などがある場合が多いでしょう。


採用凍結中に生産性を維持するには、どうすればよいのでしょうか?

採用凍結が実施されたときの3つの対処法をご紹介します。

  • 既存リソースを最適化する
  • 従業員のクロストレーニング
  • 効果的なチーム管理の戦略を導入する


一般的な採用凍結期間はどれくらいですか?

採用凍結の期間は、企業と経営陣の判断に左右されますが、通常3~6か月間ぐらいと考えられます。

最も人気
コミュニケーション
Googleカレンダーの代替 おすすめ18選
コミュニケーション
【2023年】オンライン会議ツールZoomの代替
CRM
人気トップ10の販売追跡技術を駆使して売上を2倍に延ばす方法
CRM
タスクとプロジェクトの効率化、CRM自動化によってビジネスを成長させる方法
コミュニケーション
英語メールの署名の書き方とデザインテンプレート25選
目次
1. 採用凍結を既存のチームメンバーの成長の機会に変える 2. クロスファンクショナルなコラボレーションの力を活用する 3. スキル開発プログラムを強化してチームを強化する 4. 士気と生産性を向上させるために、イノベーションの文化を育成する 5. チームを強化するツールとしてリモートワークを活用する 6. 採用凍結中に主導権を取ることに対するインセンティブを生み出す 7. オープンなコミュニケーションと積極的傾聴(アクティブリスニング)を奨励する 8. マイルストーンを達成したら、祝い、成功を認識します 9. 採用凍結を資源配分の再考のきっかけとして活用する 10. 様々なアクティビティで職場を盛り上げます 次の凍結に備えましょう! FAQs

Free. Unlimited. Online.

Bitrix24 は誰もがコミュニケーションを取り、タスクやプロジェクトでコラボレーションし、クライアントの管理などを行える場所です。

無料で始める
あなたへのおすすめ
お客様と長期的な関係性を作るためのヘルプデスク ソフトウェア ソリューションのおすすめ16選
CRM
お客様と長期的な関係性を作るためのヘルプデスク ソフトウェア ソリューションのおすすめ16選
30 分で読めます
【チャットプロンプトでビジネスを促進したい方必見】コンテンツ作成のガイド
【チャットプロンプトでビジネスを促進したい方必見】コンテンツ作成のガイド
18 分で読めます
共同プロジェクト計画に役立つ8つの生産的なブレーンストーミングテクニック
CRM
共同プロジェクト計画に役立つ8つの生産的なブレーンストーミングテクニック
23 分で読めます