デジタル ワークプレイス ソフトウェアおすすめ10選

26 分で読めます
Bitrix24チーム
2023年4月26日
最終更新日:2023年4月26日
デジタル ワークプレイス ソフトウェアおすすめ10選

この記事の内容

  1. Microsoft Teams
  2. Slack
  3. Zoom
  4. Asana
  5. Google Workspace
  6. Trello
  7. Bitrix24
  8. Salesforce
  9. HubSpot
  10. Jira
ビジネスに適したデジタル ワークプレイス プラットフォームを入手しましょう
FAQ


現代は、デジタル ワークプレイス ソフトウェアは、リモート チームや社内チームの生産性に不可欠ツールになってきています。デジタル ワークプレイス ソリューションは、コラボレーション ツール、プロジェクト管理、ドキュメント編集機能が含めています。

この記事では、デジタル ワークプレイスに最適な10のツールについて詳しくご紹介すると共に、それらを使ってビジネスを改善する方法をご説明いたします。小さなスタートアップや大企業を問わず、これらの革新的で使いやすいツールは、チームの生産性を高め、顧客志向のサービスを促進します。




1. Microsoft Teams

メリット

  • シームレスなコラボレーションとドキュメント共有を実現するMicrosoft Office スイートと統合できます。
  • ビデオ会議、グループ チャット、プライベート メッセージなどの通信オプションを備えています。

ディメリット

  • サードパーティ統合が少ないです。
  • 最大限に活用したい場合、かなり高価です。

Microsoft Teams は、世界中のオフィスに利用されるデジタル ワークプレース ソフトウェア ツールの 1 つです。Microsoft Teams は、従業員のコラボレーションと管理を改善するための豊富なツールを数多く搭載しています。

ライブ イベントやウェビナーを含めるオンライン会議やビデオ会議オプションにより、Teams では、場所を問わずシームレスなコミュニケーションが可能です。Teamsのオンライン SharePoint サイトでは、簡単にアクセスできるよう、従業員がドキュメントを中央に保存できます。このドキュメントは、チーム全体または特定の個人がクラウドでアクセスでき、さらに複数人で同時に編集できます。

様々なコミュニケーション チャネルを使用すると、アナウンスのために会社全体をまとめたり、特定のプロジェクトのための小規模なフォーカス グループを作成したりできます。これは、リモートの従業員がチームの一員であると感じさせるしながら、フォーカスワークグループには邪魔しないための重要な機能です。


2. Slack

チャネル、ボット、統合などの高度な機能を備えたコミュニケーションおよびコラボレーション ツールです。

メリット

  • 使用および移動しやすいシンプルで直感的なインターフェース
  • 新入社員にわかりやすい

ディメリット

  • チャネルや通知が多すぎて注意がそらされる可能性があります。
  • 他のツールに比べてビデオ会議機能が制限されています。

Slack は、チーム間のインスタント メッセージングに使用されていて、単なるデジタル ワークプレース ソフトウェアよりも専門的なツールです。ほとんど誰もSlack の使い方を理解し、チームやプロジェクトごとにチャンネルを設定できます。

かつて、単なるリアルタイム チャット アプリだった Slack では、ビデオ通話と音声通話が最大14人まで参加できるようになりました。共有ファイルはアプリで保存されますが、このストレージをナビゲートするのは簡単ではありません。そのため、会社レベルでファイル ストレージが必要な場合は、統合をリンクする必要があります。

つまり、Slackは、コミュニケーションと強力なコラボレーションに最適ですが、他のソフトウェアと比べて完全なクラウドベースのデジタル ワークプレース プラットフォームを提供できません。


3. Zoom

メリット

  • 画面共有機能を備えた高品質なWeb会議と音声会議システム
  • インストールが不要で、簡単に使用&アクセスできます。

ディメリット

  • ビデオ会議を除き、制限されたコラボレーション機能
  • 大規模なグループが使用する場合は、パフォーマンスの問題が発生することもあります。

Zoomは、ビデオ会議の業界のSlackと見られています。しかし、Zoomは、デジタル ワークプレース体験としてより柔軟性があると考えております。

最初に、Zoom はモバイルとデスクトップで利用可能な優秀で安全なビデオ通話ソフトウェアです。さらに、ミーティングだけではなく、顧客や同僚のためにイベント、ウェビナーなどを業界で最も信頼されるプラットフォームで開始できます。

また、Zoom はスマートなコラボレーション ツールと派手なビデオ機能を搭載し、競合他社の激しい競争の中でも際立っています。例えば、画面を共有したり、ホワイトボードを共有編集したり、グループ分けしたり、相手の空いている日時を簡単に確認したりできます。

しかし、リモートチームは、絶えず続くビデオ会議に疲れ果てる可能性がありますので、量よりも質を重視するのです。


4. Asana

メリット

  • プロジェクト ボードとタイムラインでプロジェクトの進捗状況と期限を明確に把握できます。
  • チームメンバー同士のコラボレーションとタスクの割り当てを簡単にします。

ディメリット

  • 全機能を最大活用できるようにトレーニングが必要です。
  • 多数のタスクを含むプロジェクトがあったら溢れてしまう可能性があります。

Asana のプロジェクト管理ソフトウェアは、チームが自分のタスクを管理し、日々のタスクから包括的な計画までの作業を調整できます。Asana はすべてのタスクを一箇所にまとめて、カスタマイズ可能なガントチャート、かんばんボード、カレンダー、またはリストの形式で視覚化できます。

マイルストーン、期限、締め切り、および関連リソースを持つプロジェクトを作成できます。上位の支払いプランでは、チームと個人の作業負荷、目標、またパフォーマンスを詳しく確認できるレポートツールを取得します。しかし、大量のデータを保存したい場合は、クラウドストレージ システムを統合する必要があります。

最後に、すべてのコミュニケーションは、アプリの各タスク カードを通過する必要があります。しかし、これは必ずしも悪いことではありません。これで、無駄な会議を減らすことができます。ただ、念のため、ビデオ通話アプリを統合することをお勧めです。


5. Google Workspace

メリット

  • メール、ドキュメント編集、ビデオ会議ツールと連携します。
  • さまざまなサードパーティのアプリやサービスと統合します。

ディメリット

  • Google 以外のソフトウェアには互換性の問題があります。
  • Google には、セキュリティと倫理的な問題が多々発生します。

Microsoft Teams と同様に、Google Workspace は、シームレスに統合された膨大な数のネイティブ アプリをまとめて、最も多様なデジタル ワークプレース ソフトウェア ツールの 1 つにします。 コミュニケーションから始めて、ビデオ通話、チャット ルーム、電子メール、およびインスタント メッセンジャーを通じて、チーム、共同作業者、クライアントとのつながりを維持できます。

Google は、検索可能なクラウド ストレージGoogle ドライブでもよく知られています。ファイルを送信するたびにファイルを添付するのではなく、ドキュメントを共同編集し、アクセスをカスタマイズ、リンクを共有できます。変更履歴とは、各ファイルの複数のバージョンよりも、 1 つのコピー1つのみ必要であることを意味します。以前のバージョンにアクセスするには、リストをスクロールして必要なバージョンを選択できます。



6. Trello

メリット

  • ナビゲートしやすい直感的なユーザー インターフェイス。
  • タスク管理ツールとして非常に効果的です。

ディメリット

  • タスク管理以外コラボレーション ツールが制限されています。
  • 複雑で大規模なプロジェクトには適さないことがあります。

TrelloとAsanaは、最も人気のあるプロジェクト管理ツールの2つです。だが、このデジタルワークプレイス ソフトウェア ツールのリストで、Trelloは、現代のチーム向けのプロジェクト管理ツール プラットフォームとしてご紹介します。Trelloは、誰でも簡単に使えるドラッグ&ドロップツールであり、依存関係などの自動化機能により、管理タスクを大きく減らすことができます。

Trello を使用すると、タスクごとにカードを作成し、指示、リソース、締め切り、および関係者を追加できます。リモートチームやハイブリッド チームに最適です。

ストレージに関しては、大量なファイルを保管するために別のドライブを見つける必要がありますが、プレミアム レベルではアナリティクスを利用できます。


7. Bitrix24

メリット

  • タスク管理、ドキュメント共有、ビデオ会議など、さまざまなコラボレーション ツールを提供します。
  • 追加のアドオンと統合を使用して完璧にカスタマイズできます。

ディメリット

·      無料版ではストレージと機能が制限されています。

多目的なビジネス プラットフォームBitrix24は、他のデジタル ワークプレース ソフトウェア ツールが持つものをすべてカバーしています。Bitrix24は、プロの如くあなたのプロジェクトを管理できるように、さまざまなアジャイルビジュアライゼーション機能を備えた強力なタスク管理ソフトウェアです。クラウドベースの CRM では、クリック一つで、マーケティングおよび販売のパフォーマンスを追跡できます。

さまざまなアジャイル ビジュアライゼーションを備えた強力なタスク管理機能により、プロのようにプロジェクトを管理できます。

チームのニーズに合った通話ソフトウェア、ビデオ通話、Eメール、インスタント メッセージングなどを使用して、チームといつでもどこからでもやりとりできます。社内アナウンス用のソーシャル メディア アプリを搭載して、個人的なレベルでチームを結集します。

ドキュメントに関しては、Google ドキュメントと似たような機能を利用でき、変更履歴に加え、すべてをクラウドベースのドライブに安全に保存できます。すべてのデジタル ワークプレース ソフトウェア ツールが一箇所に備えています。


8. Salesforce

メリット

  • カスタマイズ可能なダッシュボードとレポートを使用して、顧客データとインタラクションの包括的な概要を提供します。
  • コラボレーション ツールの一式を備えています。

ディメリット

  • 非常に高価です。
  • 最大限に活用するには、社内または社外の専門家が必要です。

Salesforce は、非常に高価であり、強力なデジタル ワークプレース ソフトウェア ツールの 1 つです。販売パイプラインとマーケティング投資の追跡に最適し、さらにパフォーマンスを追跡するための詳細な CRM と豊富な分析を備えています。

チームに Salesforce の専門家がいる場合は、業務フローの自動化を活用できますが、素人にはかなり難しいです。しかし、数多くのカスタマイズ機能により、素晴らしい拡張性の可能性が実現されます。ですから、大きな目標を目指す中小企業の場合は、Salesforce を検討してみてもいいかもしれません。


9. HubSpot

メリット

  • Eメール マーケティングや顧客管理などのコラボレーション機能に加え、さまざまなマーケティングおよび販売ツールを提供します。
  • カスタマイズ可能なダッシュボードとレポートを使用して、販売およびマーケティング データの明確な概要を提供します。

ディメリット

  • セットアップとカスタマイズが高価で複雑になることがあります。
  • 他のコラボレーション ツールに比べて、カスタマイズ オプションが制限されています。

HubSpot は、多数の機能を一箇所にまとめた広範なデジタル ワークプレイス ソフトウェア ツールの 1 つです。顧客関係管理、マーケティング キャンペーン、セールスプロセスをすべて一つのアプリから実行できます。使いやすいインターフェースを持ち、新しいスタッフをリモートで採用できます。

自動化、ワークフロー、およびテンプレートを使用すると、作業を合理化し、時間を節約でき、包括的なアナリティクスを使用すると、進行状況を監視し、いつでもアプローチを改善できます。問題が発生した場合は、無料で使える優れたカスタマー サービスを使用できます。


10. Jira

メリット

  • さまざまなアジャイル プロジェクト管理機能を使用するソフトウェア開発チーム向けに設計されています。
  • 使いやすく、信頼性が高い。

ディメリット

  • 技術者でないチームメンバーにとっては圧倒されることがあります
  • タスクの割り当てやコメント以外コラボレーション機能が制限されています。

Jiraはいわゆるチケット管理ツールですが、特にアジャイルチームのためのプロジェクト管理ツールとして使いやすいように作られています。タスクやプロジェクトのコラボレーション、調整、割り当てに最適なプラットフォームJiraは、リスト、カレンダー、タイムライン、ボードなどのさまざまなビューを提供し、チームがプロジェクトを簡単に計画&実行できます。

テンプレート、フォーム、カスタム ワークフローを持つ Jira のライブラリは、時間を節約し、プロジェクト管理を合理化します。また、初心者でも簡単に使えるシンプルなインターフェースを備えています。しかし、柔軟なコラボレーションを使用したい場合は、Jira に追加アプリを統合する必要があります。


ビジネスに適したデジタル ワークプレイス プラットフォームを入手しましょう

この記事をお読みになり、あなたにぴったりのデジタル ワークプレイス プラットフォームは見つかりましたでしょうか?

モダーンなマーケットでは、ビジネスは生産性を向上し、業務を合理化するためにデジタル ワークプレイスにアップグレードする必要性が高まっています。

Bitrix24には、この記事で触れたデジタル ワークプレイス プラットフォーム機能がすべて含まれています。コミュニケーションとコラボレーションからプロジェクト管理と自動化まで、あらゆる企業がデジタルの時代に成功を収めるのに役立つ包括的な機能一式を利用できます。

デジタル ワークプレイス ソフトウェアをお探しの際は、今すぐBitrix24にサインアップしてください。


FAQs

デジタルワークプレイスとは?

デジタル ワークプレイスとは、いつでもどこでも同じ環境で快適に働けるデジタルな仕事空間のことです。


デジタルワークプレイスの意味とは?

デジタル ワークプレイスとは、従来型のオフィスのクラウド ベース バージョンを指します。デジタル ワークプレースは、生産性を向上させるオフィス環境を反映するデバイスとツールを使用する必要があります。


デジタル ワークプレイス トのトランスフォーメーションとは?

デジタル ワークプレイス トのトランスフォーメーションは、職場で従業員の生産性、コミュニケーション、およびコラボレーションを向上させるデジタル テクノロジを導入するプロセスです。アジャイル ツール、プロセス、および戦略の数が年々増えてきています。

 

最も人気
コミュニケーション
Googleカレンダーの代替 おすすめ18選
コミュニケーション
【2023年】オンライン会議ツールZoomの代替
CRM
人気トップ10の販売追跡技術を駆使して売上を2倍に延ばす方法
CRM
タスクとプロジェクトの効率化、CRM自動化によってビジネスを成長させる方法
コミュニケーション
英語メールの署名の書き方とデザインテンプレート25選
目次
この記事の内容 1. Microsoft Teams 2. Slack 3. Zoom 4. Asana 5. Google Workspace 6. Trello 7. Bitrix24 8. Salesforce 9. HubSpot 10. Jira ビジネスに適したデジタル ワークプレイス プラットフォームを入手しましょう FAQs デジタルワークプレイスとは? デジタルワークプレイスの意味とは? デジタル ワークプレイス トのトランスフォーメーションとは?

Free. Unlimited. Online.

Bitrix24 は誰もがコミュニケーションを取り、タスクやプロジェクトでコラボレーションし、クライアントの管理などを行える場所です。

無料で始める
あなたへのおすすめ
お客様と長期的な関係性を作るためのヘルプデスク ソフトウェア ソリューションのおすすめ16選
CRM
お客様と長期的な関係性を作るためのヘルプデスク ソフトウェア ソリューションのおすすめ16選
30 分で読めます
【チャットプロンプトでビジネスを促進したい方必見】コンテンツ作成のガイド
【チャットプロンプトでビジネスを促進したい方必見】コンテンツ作成のガイド
18 分で読めます
【プロジェクト・コミュニケーション】強固なチームを結成して結果を出すための コツ 10選
コミュニケーション
【プロジェクト・コミュニケーション】強固なチームを結成して結果を出すための コツ 10選
31 分で読めます