デジタルプロジェクトマネージャーとは?10の重要な特徴

25 分で読めます
Bitrix24チーム
2023年4月4日
最終更新日:2023年4月4日
デジタルプロジェクトマネージャーとは?10の重要な特徴

この記事の内容

  1. 素晴らしい人物である
  2. 業界の最新情報に精通している
  3. プロジェクト管理方法論のプロである
  4. さまざまな視点からのアイデアを受け入れる柔軟性がある
  5. 第三者への外注やスマート・テクノロジーの導入に抵抗がない
  6. テクノロジーやプロセスを熟知している
  7. 専門知識のないクライアントに専門知識を伝えることができる
  8. クライアントとチームの両方にバランスよく気を配ることができる
  9. オフィスでもオンラインでも働ける柔軟性に富んでいる
  10. 分析的な精神を持っている

FAQs



デジタル プロジェクトマネージャーとは、テクノロジーに重きを置く業務に特化した新しいタイプのマネージャーです。デジタル プロジェクトマネージャーはデジタルに精通していて、Webサイトの構築、ソーシャルメディア戦略の設定、eコマースビジネスの立ち上げ等、舞台裏で作業を行うすべての人に指示を出して進捗を管理します。

デジタル プロジェクトマネージャーは、ごく最近登場した役職です。彼らが一体何者なのか、彼らが仕事を上手にこなせる理由は何か、その実態は謎に包まれています。この記事では、これらの謎を解き明かすべく、デジタル プロジェクトマネージャーにみられる最も重要な特徴を10点、リスト形式にまとめました。デジタル プロジェクトマネージャーに興味のある方や、デジタル プロジェクトマネージャーに転職したい方はぜひ最後までお読みになってください!

1.素晴らしい人物である

デジタル プロジェクト管理にとって最も重要な項目となるのは人材管理です。せっかくならば雰囲気の合うチームをまとめたいですから、採用の段階から気にしますよね。カルチャー・フィットは技術的なスキルと同じくらい重要です。

プロジェクトの成功は、日々の業務におけるチームメンバー間の対立や人間関係をどのように処理するかによって決まります。チームをまとめるマネージャーの(素晴らしい)人格は、チームを団結させる力となります。ですから、マネージャ―の方はご自身のパフォーマンスを批判的に分析してください。

チームの力を最大限に発揮させる為には、チームに投資する必要があります。チームメンバーひとりひとりの長所と短所を理解し、達成可能な目標を設定して、彼らのモチベーションを維持できるよう時間を掛けてください。多忙な時期でも、これらの定期的なチェックを怠らないことが大切です。対面式ミーティングやビデオ通話を行うことは、人材管理戦略の重要な要です。


2.業界の最新情報に精通している

テクノロジーの世界は恐ろしいほどの速さで日々進化し続けていますので、ぼんやりしているとあっという間に遅れをとることになります。競争力のあるデジタル プロジェクトマネージャーになる為には、誰が誰であり、何が何であり、自分の専門分野は何かを知っている必要があります。これらをすべて把握するだけでもフルタイムの仕事に匹敵するといっても過言ではありません。

たとえば、Webサイトの構築を例にあげてみます。AIが新たな障壁を突破したり、SEOのベスト・プラクティスが絶え間なく変化していたり、音声起動アプリが開発されたり、と色々なカテゴリで急速な進化が起こっています。これらのテクノロジーは、競合他社の一歩先をゆくチャンスです。そして、その可能性を完璧に理解するには努力が必要です。

Webサイトを読んだり、カンファレンスに参加して質問したりしましょう。ポッドキャストもおすすめです。ポッドキャストは倍速で再生できますし、料理中、運動中、通勤中などに聴くことで時間を有効活用できます。

とはいえ、すべてのトピックを完璧に網羅することは不可能です。ですから、チームメンバー全員がそれぞれの専門分野で同じことを行い、チームとして成果をあげられるよう奨励してください。


3.プロジェクト管理方法論のプロである

デジタルの世界の住人は、仕事を機敏にこなすことを期待するものです。従来の厳格なウォーターフォール・アプローチとは異なり、スクラムのようなアジャイルな方法論では、柔軟な対応、必要に応じた焦点の変更、反復による最適化を実行できます。

プロジェクトを計画する際には、2週間のスプリントに分割し、10日間かけてそれに取り組み、その後進捗を振り返ってください。チームの進捗を注意深く監視するにはこれが最も最適な方法です。クライアントに進捗を示す際にも役立ちます。

アジャイル手法を有利に活用できるマネージャーは、包括的な目標を常時カンバンでリスト化して、集中力を維持しています。チームメンバーひとりひとりの進捗と、それらがプロジェクト全体に及ぼす影響や関連性をカンバンで把握することで、チームの意欲も向上します。


4.さまざまな視点からのアイデアを受け入れる柔軟性がある

経験の浅いデジタル プロジェクトマネージャーが陥りがちな落とし穴があります。それは「自分のやり方だけが正しい。他のやり方は認めない」と石頭になることです。経験と自信が欠如していると、プロジェクトを遂行する為の基本的な事柄だけで頭が一杯になり、頑固になったり新しいアイデアに対して否定的になりがちです。

デジタル プロジェクトマネージャーの最も優れた特徴のひとつは、プロジェクトの関係者全員(クライアント、中間管理職、技術職の人々)から意見を取り入れることができる柔軟性の高さです。多種多様な意見を得ることで視点が狭くなることを防ぎ、革新的なアイデアを生み出すことができます。

もちろん、すべての人の意見を取り入れる必要はありません。提案された意見はきちんと記録されますが、実際に採用されるものは多くはありません。ここで大切なのは、意見が実際に採用されることそのものではなく、自分の意見に耳を傾けられることによって、自分が尊重されていると人々が実感できることです。これにより、チーム全体のモチベーションが向上します。

極端な場合はバランスをとることも必要です。意見を求めるのは素晴らしいことですが、時間を掛け過ぎるとプロジェクト進行の妨げとなりますので注意してください。


5.第三者への外注やスマート・テクノロジーの導入に抵抗がない

デジタル プロジェクトマネージャー初心者が直面するもうひとつの課題は、バックアップを要請するタイミングが分からないということです。山積みの仕事の中、絶え間なくストレスに晒されているとどうしても視野が狭くなりがちです。ですが、深呼吸して仕事の全体像を見ると、シンプルな解決策を見つけることができることが殆どです。

解決策のひとつは、アウトソーシングや委任、自動化を取り入れることです。これらを適切に活用すると、デジタル プロジェクト管理を簡易化できます。アウトソーシングは、社内で一連のタスクを実行する為のスキルや時間が足りないときにおすすめな選択肢です。たとえば、ビデオゲームを作成していて、それをテストする必要があるとします。もちろん、チームメンバー自身でテストは出来ます。ですが、技術的知識と経験のある専門組織がいれば、彼らにテストを依頼するのが最善です。

委任は、特定のチームメンバーのモチベーションを高めながら、作業負荷を軽減できる優れた方法です。明確なスケジュールを以て、マネージャ―は戦略的に問題を解決できます。

自動化は、無料のパーソナル アシスタントのようなものです。ワークフローを依存関係にリンクし、各タスクを自動的に割り当て、関係者全員にすべての更新を通知できます。


6.テクノロジーやプロセスを熟知している

不慣れなツールを使うことはリスキーです。時間とコストの無駄を避ける為に、ツールを取り入れる際にはその使用法を十分に理解するようにしてください。これは、マネージャ―だけでなくチームメンバー全員にも同じことがいえます。優れたデジタル プロジェクトマネージャーは、プロジェクトがスムーズに進行するよう、すべてのソフトウェアやプロセスに関するトレーニング セッションを実施します。

多種多様なツールを活用するのはよいですが、物事を複雑にし過ぎないように注意してください。たとえば、プロジェクトを開始する度に新しいワークフロー テンプレートをゼロから作成するのではなく、毎回使えるワークフロー テンプレートを作成しましょう。テンプレートを使えばチームはすぐに仕事に取り掛かることができますので、時間を節約できます。

技術的な側面をいくつか学ぶ努力も大切です。プロジェクト マネージャーは、特定の分野の専門家である必要はありません。ですが、JavaとJavaScriptの違いは知っている必要があります。技術的スキルを磨くことで、プロジェクトの範囲をより正確に見積もり、起こりうる問題を予測し、チームの尊敬を得ることができます。


7.専門知識のないクライアントに専門知識を伝えることができる

デジタル領域の住人は、領域外の一般市民とは異なる言語を話します。この言語は専門用語や頭文字で構成されていて、彼らは無意識的にこうした単語を多用します。彼らにとっては馴染みの深いこれらの専門用語は、デジタルな知識を持たない一般市民にとって難解です。そして多くの場合、クライアントは一般市民です。

優れたデジタル プロジェクトマネージャーは、技術的な概念や特定の詳細を一般市民にも理解できる言語に「翻訳」して、クライアントに説明する必要があります。この「翻訳」はカスタマー エクスペリエンスを充実させる為の鍵のひとつです。これにより、競合他社の一歩先を行くことができます。

プロジェクトを始める際には、まずはミーティングを行い、クライアントがどれほどの専門知識を持っているかを把握してください。その後、プロジェクトが完了したら送信されるよう予めフォームを設定し、アプローチに関するフィードバックを取得しましょう。もしかすると、過去にクライアントの立場にいたことのある人がいるかもしれません。その場合は、その時の経験を活かして戦略を最適化してください。他のスキルと同様に練習が必要ですが、正しい姿勢があればコミュニケーションの達人になることができます。


8.クライアントとチームの両方にバランスよく気を配ることができる

「クライアントは常に正しい」というモットーを掲げていても、チームが過労でやる気がないと、問題が発生します。人材管理はデジタル プロジェクトマネージャーの持つ最も重要な特徴のひとつです。この「人材」は、クライアントとチームの両方を意味します。

最初から現実的な期待値を設定して、予防措置を講じましょう。クライアントに約束する提供物は、従業員にとって実行可能なレベルにしてください。

これらの要素は両方とも双方向です。クライアントとやりとりの中で、主要な目標と二次的な目標(あると便利なもの)を特定して調査することはデジタル プロジェクト管理の一部です。最も経験の浅いチームメンバーでもワークフローについて自由に意見を述べることができるような、快適な仕事環境を作ってください。

クライアントとチームメンバー両方に目を向け、両方の意見を聴くことには長期的なメリットがあります。面倒がらずに両者の意見にバランスよく耳を傾けましょう。


9.オフィスでもオンラインでも働ける柔軟性に富んでいる

デジタル プロジェクト管理を行う際には、バーチャル オフィスの使い方を知っておく必要があります。リモートワーク(テレワーク)を採用すると、チームメンバーについての理解が深まり、チームの潜在能力をグローバルなレベルに広げることができます。

リモートのプロジェクト マネージャーは、オフィスのプロジェクトマネージャーよりも組織化を進める必要があります。何かを忘れても、オフィスであれば同僚が口頭で知らせてくれる可能性があります。ですが、リモートではそうはいきません。代わりにオンライン カレンダーにリマインダーを設定する必要があります。

チームをまとめる方法を見つける必要もあります。リモートワークでは、同僚と毎日顔を合わせません。サイロ化を防ぎ、チームメンバー間の絆を築く為の方法を探しましょう。たとえば、インスタント メッセンジャーのソーシャルチャネルは、チームの顔をほころばせ、同じプロジェクトメンバーとしての仲間意識を育むのに有効です。


10.分析的な精神を持っている

現代はデータの時代です。伝統に固執し、素晴らしい分析ツールを見逃すのはおすすめいたしません。データと分析は、チームのパフォーマンスを改善し、チームの長所と短所を理解するのに役立ちます。

時間追跡ソフトウェアは、分析を使用する最も基本的な方法のひとつです。割り当てられた時間と各タスクに掛かった時間を比較できる時間追跡ソフトウェアは特に、リモートのプロジェクト マネージャーの味方です。多くのプロジェクトには同じようなタスクが含まれています。時間追跡ソフトウェアを使って各タスクに必要な時間を徐々に学習し、タスク計画の改善に役立てましょう。

分析について理解を深めることには、クライアント側にもメリットをもたらします。クライアントをはじめとする利害関係者は、あなたの進捗レポートの裏付けとなる難しい事実(分析)を見るのが大好きです。プレゼンテーションには分析をどんどん取り入れましょう。

デジタル プロジェクトマネージャーという仕事は今後数年間、安全且つ有利なキャリアパスとなることが予想されています。

ですが、経験不足の場合はどん底に突き落とされるリスクもあります。

デジタル プロジェクトマネージャーとして働き始める際には、Bitrix24のようなオール・イン・ワンのビジネス プラットフォームを使い始めるのがおすすめです。Bitrix24はプロジェクト管理、コミュニケーション、アジャイル ツールを完備しています。Bitrix24は、世界各地のデジタル プロジェクトの背後をサポートしているエンジンです。

デジタル プロジェクトマネージャーに必要なツールがすべて揃ったプラットフォームをお探しの際は、今すぐBitrix24にサインアップしてください。


FAQs

デジタル プロジェクトマネージャーは何をしますか?

デジタル プロジェクトマネージャーは、次の事柄を行います。

  • プロジェクトに関連のあるタスクの計画を立て、タスクを従業員に割り当てる
  • 時間内・経費内に収まるようプロジェクトを遂行する
  • 進捗を追跡して製品をレビューする
  • 結果を測定して戦略を改善する


デジタル プロジェクトマネージャーはどのようなスキルが求められますか?

デジタル プロジェクトマネージャーには、テクノロジーに関する知識に加えて、次のようなスキルが求められます。

  • チームとクライアント、両者とやりとりができるコミュニケーションスキル
  • 堅牢な組織を構成するスキル
  • 結果重視の姿勢
  • 戦略的な柔軟性
  • データ分析力


デジタル プロジェクトにはどんな例がありますか?

デジタル プロジェクトには、次のようなものがあります。

  • Webサイト、アプリ、ゲームデザイン
  • eコマースビジネスの構築
  • 検索エンジン最適化
  • ソーシャルメディア戦略
  • オンライン イベントの管理


どうすればデジタル プロジェクトマネージャーになれますか?

プロジェクト マネージャーまたはスクラム マスターの認定を受けると、デジタル プロジェクトマネージャーになれます。ですがやはり、Webまたはソフトウェア開発で具体的な経験を積むのが一番です。

 

最も人気
コミュニケーション
Googleカレンダーの代替 おすすめ18選
コミュニケーション
【2023年】オンライン会議ツールZoomの代替
CRM
人気トップ10の販売追跡技術を駆使して売上を2倍に延ばす方法
CRM
タスクとプロジェクトの効率化、CRM自動化によってビジネスを成長させる方法
コミュニケーション
英語メールの署名の書き方とデザインテンプレート25選
目次
この記事の内容 1.素晴らしい人物である 2.業界の最新情報に精通している 3.プロジェクト管理方法論のプロである 4.さまざまな視点からのアイデアを受け入れる柔軟性がある 5.第三者への外注やスマート・テクノロジーの導入に抵抗がない 6.テクノロジーやプロセスを熟知している 7.専門知識のないクライアントに専門知識を伝えることができる 8.クライアントとチームの両方にバランスよく気を配ることができる 9.オフィスでもオンラインでも働ける柔軟性に富んでいる 10.分析的な精神を持っている FAQs デジタル プロジェクトマネージャーは何をしますか? デジタル プロジェクトマネージャーはどのようなスキルが求められますか? デジタル プロジェクトにはどんな例がありますか? どうすればデジタル プロジェクトマネージャーになれますか?

Free. Unlimited. Online.

Bitrix24 は誰もがコミュニケーションを取り、タスクやプロジェクトでコラボレーションし、クライアントの管理などを行える場所です。

無料で始める
あなたへのおすすめ
お客様と長期的な関係性を作るためのヘルプデスク ソフトウェア ソリューションのおすすめ16選
CRM
お客様と長期的な関係性を作るためのヘルプデスク ソフトウェア ソリューションのおすすめ16選
30 分で読めます
【チャットプロンプトでビジネスを促進したい方必見】コンテンツ作成のガイド
【チャットプロンプトでビジネスを促進したい方必見】コンテンツ作成のガイド
18 分で読めます
【プロジェクト・コミュニケーション】強固なチームを結成して結果を出すための コツ 10選
コミュニケーション
【プロジェクト・コミュニケーション】強固なチームを結成して結果を出すための コツ 10選
31 分で読めます