CRM
無料で登録

運送会社にCRMが必要な理由とは?

運送会社にCRMが必要な理由とは?
ダルメノヴァ・ アンナ
2021年11月8日
最終更新日:2021年11月29日

物流・運送業界には、多様で複雑なビジネスプロセスが存在します。

● 書類管理

● 予算承認

● コミュニケーション

● 注文の準備

● 梱包

● サプライチェーン

● オンライン車両追跡

● 倉庫管理

企業の経営者はコストの最適化に努めています。顧客は、迅速で信頼できるサービスを求めています。CRM の導入により、この 2 つの目標を達成するために、組織内のさまざまな部門間の連携を強化することができます。


運送会社がCRMを利用するメリット

以下のような作業の効率化が見込まれます。


リクエスト処理の自動化

CRMは、複数のコミュニケーションチャネルからの着信メッセージを収集します。

● 電話

● メッセンジャー

● 電子メール

● ライブチャット

● ソーシャルネットワーク

● サイト上の入力フォーム

 

スタッフはこれらの問い合わせを迅速に処理することができます。ルーチンワークを手動で実行する必要はありません。CRM でマネージャーに自動的にタスクを割り当て、取引が成立するまで管理することができます。


営業とマーケティングの最適化

営業部門やマーケティング部門がCRMを導入すると、以下のような作業が容易になります。

● 新規依頼のより効果的な管理と、潜在顧客の獲得

● セールス・パイプラインの各ステージの評価

● 新規顧客を獲得するための最も効率的なチャネルの特定

● 既存の顧客にサービスを提供するための通知の利用

● 複数の顧客にメールで最新情報や新しいオファーを通知

● 休止中の顧客に、さまざまなコミュニケーションツールでアプローチ

● 統合されたシステムを介し、CRMシステムからの通話の発着信

これらのデータにより、各案件の顧客満足度を評価することができます。マーケティング部門は、顧客とのコミュニケーションをよりパーソナライズされたものにすることができ、それが売上の向上につながるはずです。


便利なデータ管理

数回のクリックで、各顧客に関する以下の情報にアクセスすることができます。

● 現在の取引と完了した取引

● 貨物の状態

● 注文の見積もり

● 受け入れられたコマーシャルオファー

● 車両、出荷/追跡、および通関書類

● 支払詳細

CRMでは、各顧客の網羅的な情報が構造化された形式で保存されます。


コスト効率の向上

ビジネスプロセスの多くが自動化されるため、専門家を雇い、訓練し、給料を支払う必要がありません。避けられない人的要因による損失も発生しません。


高度なレポーティング

多くのCRMでは、すぐに使えるレポートテンプレートが用意されており、必要に応じてカスタムレポートを作成することもできます。締め切りや支払いポリシーの変更など、ワークフローのあらゆる側面をコントロールできるようになります。自社の欠点を速やかに発見し、カスタマー・エクスペリエンスを向上させるための対策を講じることができます。


顧客サービスの向上

物流業界では、2つの方法で顧客満足度を高めることができます。

1つ目は、前述したように、顧客の要望をより早く処理できることです。

2つ目は、予測不可能な問題にうまく対処できるようになることです。CRMを使えば、緊急事態がどのように発生したかをリアルタイムで把握し、顧客に知らせることができます。これにより、顧客のストレスを軽減し、損失を最小限に抑えることができます。さらに、法律に基づく告発や訴訟からご自身を守ることができます。


チームコラボレーションの強化

すべてのビジネスプロセスが透明化され、チームメンバーの誰もが理解しやすくなります。チームは、仕事の調整にかける時間と労力を減らすことができます。上司にとっては、ワークフローを監視し、各専門家や部門のパフォーマンスを評価するのが非常に便利になります。


運送会社に適したCRMを選ぶには?

物流サービスを強化するためのCRMを見つけるには、5つの簡単なヒントを参考にするとよいでしょう。


1.現在のテクノロジーの状況を調べる

現在使用しているシステムの年齢と状態を評価する必要があります。そのシステムが持続可能かどうかを理解する必要があります。長所と短所を見極め、新しいソリューションとの互換性を分析してみましょう。

もし、現在使用しているソフトウェアが時代遅れであるとわかったら、新しいシステムを購入するために多額の投資をしたほうがいいでしょう。輸送物流分野の企業では、10年から20年に一度、このようなアップグレードが必要になります。既存のシステムの機能に満足しているのであれば、そのまま使用することもできます。


2.予算を決める

現在、ほとんどのCRMはサブスクリプションで提供されています。ライセンス料の全額を前払いする必要はありません。サブスクリプションの価格は、CRMを使用する人の数や必要な機能の数によって異なります。

通常、サブスクリプションを提供しているのは、クラウド型CRMのみです。


3.CRMのタイプを選ぶ

ここでは、クラウド型、オンプレミス型、カスタムメイド型の違いについて説明します。

オンプレミス型のプラットフォームは、カスタマイズが可能な既製品です。支払いは一度で済みます。社内のITチームに任せることができます。特定のタスクに対応できない場合や、ワークフローに必要な他のソリューションとの統合ができない場合にのみ、CRMをアップデートする必要があります。

クラウドCRMは、通常、限られたカスタマイズしかできません。そのプラットフォームを使用している他の企業と同じ機能にアクセスすることができます。頻繁なアップデートに備える必要があります。社内のIT部門があまり効率的でない場合は、技術的な問題に直面するたびにCRMのサポートに連絡する必要があるかもしれません。

カスタムメイドのCRMは、一見すると非常に魅力的なアイデアに見えるかもしれません。必要な機能はすべて手に入り、コストも一度だけで済みます。しかし、このようなソリューションには、大きな失敗のリスクが伴います。カスタムCRMをサードパーティのソフトウェアと統合するのは難しいかもしれません。


4.目標を設定する

これらは、物流会社がCRMを導入することで実現したい目標のほんの一例です。

● 時間の節約

● 経費の削減

● ビジネス・プロセスの透明性を高める

● 頼りにしている様々なソリューションを統合し、一つのインターフェイスでアクセスできるようにする。

 

5.プロバイダへの質問リストを作成する

CRMを購入する前には、そのCRMに関するあらゆる情報に目を通す必要があります。製品のレビューにも目を通しましょう。不明な点をリストアップして、その製品(CRM) のサポートチームへ問い合わせましょう。サポートチームへの質問には、次のような例があります。

 

● 競合他社のケーススタディ/サクセスストーリーを提供してもらえますか?

● 貴社のCRMと競合他社との違いは何ですか?

● どのようなROIが期待できますか、またどのくらいの導入期間が必要ですが?

● 私が連絡を取ることができるリファレンスのリストを提供してもらえますか?

 

運送業界で人気のCRM

一流のプラットフォームを探すときに、「CRM輸送」や「CRM物流」を厳密に検索する必要はありません。ほとんどの一流のCRMは、さまざまな業界に対応できるよう設計されています。以下では、輸送分野での効率性を証明したソリューションを紹介します。いずれも便利なUI/UXを誇り、ユーザーフレンドリーなモバイルアプリを備えています。見込み客を360度見渡すことができ、最高レベルのデータセキュリティが保証されています。どのCRMが最も魅力的に見えるかは、ご自分の会社のニーズと、すでに使用しているソフトウェアによって異なります。


Bitrix24

これは世界で最も有名なCRMブランドの一つです。2012年に市場に登場し、現在世界各地で900万以上の企業が愛用しているCRMです。Bitrix24は、交通機関を含むあらゆる規模と業種のビジネスに対応する、大規模で汎用性の高いプラットフォームです。クラウド型とオンプレミス型の両方が用意されています。

 

このプラットフォームは、リード獲得、リード管理、およびセールスオートメーションに最適です。ユーザーは、ワークロード管理、ビジュアルプロジェクト管理、時間管理、スケジュール管理のツールを気に入っています。チームのKPIを把握し、セールスインテリジェンスを活用することで、収益の向上につなげることができます。

 

Bitrix24のコンタクトセンターは、社内でのディスカッションと顧客とのコミュニケーションの両方に利用できます。最大で48人が同時にビデオ会議に参加できます。Bitrix24のウェブサイトビルダーは、プログラミングのスキルがなくても、新しいサイトやランディングページを作成することができます(無料のホスティングとカスタムドメイン名が付いています)。

 

まずは、ユーザー数が無制限の無料プランから始めてみてはいかがでしょうか。最も充実した機能を備えた最も高価なプランは199ドルですが、頻繁に割引を受けることができます。


Freshsales

18,000以上の企業がこのCRMを選んでいます。2010年にFreshdeskとして発売され、7年後にリブランディングを行いました。

開発者達は、この製品がデジタルトランスフォーメーションの時代における輸送を強化できると主張しています。新規市場への参入や新しいビジネスモデルへの対応が容易になるはずです。加えて、変化する顧客の期待に、よりよく対応できるようになるでしょう。

Freshsalesは、取引の進捗状況やビジネスのパフォーマンスを追跡するツールを提供します。顧客を育て、顧客のフィードバックを分析し、顧客の意見をビジネスの改善に役立てることができます。また、複数のパイプラインを同時に扱うことができ、洞察力に富んだレポートを作成してくれます。

Freshsalesの価格は、1ユーザーあたり月額0ドルから69ドルまでとなっています。無料トライアルは21日間です。


HubSpot

このブランドは2006年に設立されました。現在、121,000以上の企業が同社のCRMを利用しています。

ハブスポットのCRMは、時間制限やユーザー数の制限なく、無料で利用できます。そのデータベースには最大100万人分の連絡先が含まれ、あなたのコンタクトレコードは2000万以上の企業のデータで自動的に強化されます。リード管理とトラッキング、コンタクト管理、ドキュメントトラッキング、パイプライン管理、チケッティング、メールマーケティング、フォーム、広告、レポートダッシュボードなど、これらの機能にお金を払う必要はありません。

シームレスに拡張でき、900近くの統合機能を使うことができます。HubSpotをGmailやOutlookをはじめ、何百ものサードパーティアプリと同期することができます。ハブスポットのCRMは、明確な指標に基づいた徹底的な分析レポートを作成します。スタッフの間でタスクを合理的に配分し、各プロフェッショナルのパフォーマンスを分析することができます。


Pipeliner

このCRMは、運輸・物流業界を対象としています。パイプラインの確認、売上予測、収益リスクの管理、営業チームとの連携が可能です。売り上げが均一で予測可能になり、適切なリードに集中することが容易になります。リアルタイムのデータにアクセスして、勝敗や先行・後行の指標を分析することができます。プロのチームやテリトリーごとの売上を確認したり、現実的な主要売上指標や目標を設定することができるようになります。

Pipelinerの開発者は、この使いやすく習得しやすいビジュアル・セールス・ツールを使うと、ノイズをインテリジェントにカットし、価値の高い活動に集中できると主張しています。このツールは、セールスサイクルの明確な道筋を示し、是正措置や活動の指針を与えてくれるはずです。このCRMは、セールスプロセスの中でバイヤーとその役割を特定するプロセスを促進します。Pipelinerは、MS OutlookやGmailと統合することができます。ウェブ上のデータを取得するには、Google FormsまたはWeb Clipperを使用できます。無料トライアルは14日間です。その後、有料プランに変更する必要があります。最も高いプランでは、1ユーザーあたり月額115ドルです。


セールスフォース

1999年に設立された会社で、15万人以上の顧客を持っています。セールスフォースは、輸送・物流分野のビジネスに特化したソリューションを提供しています。すべてのシステムとデータを単一のプラットフォームに統合することで、配送業務全体を効率化することができます。このCRMを使用すると、貨物の追跡、貨物の状態の確認、荷主との価格交渉などが可能になります。プロアクティブなサービスを提供することができ、ターゲットを絞ったマーケティングも可能になります。

さらに、Salesforceを使ってドライバーのエンゲージメントを高めることもできます。このプラットフォームでは、スタッフの雇用過程を完全に把握することができます。見込み客が採用された後は、オンボーディングとトレーニングをデジタル化し、リアルタイムのダッシュボードで権限を与え、定着率を向上させることができます。無料トライアルを受けるには、Salesforceのサイトで8つの短い質問に答える必要があります。有料プランの価格は、1ユーザーあたり月額25ドルからとなっています。


Zoho

2年以上の歴史があり、世界中で25万以上の企業が利用しています。開発者は、Zohoが完全にカスタマイズ可能であることを強調しています。

このCRMは、統合されたドキュメント管理、キャンペーン管理、ベンダーとコントラクターの管理に不可欠です。請求書や支払いの処理、リードを生み出すためのマーケティングの自動化の際にも頼りになります。Zohoは、単一システムのオムニチャネル・コミュニケーションに最適です。さらに、販売や購買の発注書を作成することもできます。あなたのビジネスがEUに拠点を置いている場合、このCRMは地域の個人情報保護規制を遵守するのに役立ちます。

マネージャーは、Zohoの効率的なタスクの割り当てとトラッキングを高く評価するでしょう。便利なスケジューリング・ツールを備え、すべての財務情報を一箇所にまとめておくことができます。コンテクストに基づいたサブスクリプションにより、適切な人に適切なタイミングで適切なオファーを出すことができます。

Zohoの利用を開始するには、1時間のデモセッションを受けることができます。有料プランの価格は、1ユーザーあたり月額7ドルから52ドルとなっています。


まとめ

この記事をお読みになり、物流・輸送ビジネスにおけるCRMの重要性をご理解いただけましたでしょうか?このようなプラットフォームを利用することで、競争力を高め、顧客との関係を強化し、より多くの収益を得ることができます。市場に出回っている製品の中では、Bitrix24 を選ぶとよいでしょう。このパワフルで汎用性の高いCRMは、クラウドとオンプレミスの形式で利用でき、優れたモバイルアプリも備えています。ビジネスプロセスを合理化し、チームのパフォーマンスを向上させ、顧客満足度を高めることができます。Bitrix24の基本機能を無料でお試しいただきました後に、豊富な機能を備えた有料プランにリーズナブルな価格でアップグレードすることができます。

 

Free. Unlimited. Online.
Bitrix24 は誰もがコミュニケーションを取り、タスクやプロジェクトでコラボレーションし、クライアントの管理などを行える場所です。
無料で登録
あなたへのおすすめ
プロジェクト管理
【2022】ドキュメントコラボレーションツール おすすめ8選
CRM
【2021】知らないと損する!無料で使えるマーケティングツール5選
CRM
運送会社にCRMが必要な理由とは?
CRM
ウェブサイトにライブチャットを実装するべき8つの理由