Articles CRMとマーケティングオートメーションの力を明らかにする包括的なガイド

CRMとマーケティングオートメーションの力を明らかにする包括的なガイド

CRM
Bitrix24チーム
28 分
112
更新済み: 2023年10月4日
Bitrix24チーム
更新済み: 2023年10月4日
CRMとマーケティングオートメーションの力を明らかにする包括的なガイド

 マーケティングオートメーションは、明確な目的を持つメッセージを送信する販売パイプラインにおいて、様々な取引を促進するプロセスに役立ちます。

CRM(顧客関係管理)は、消費者データを把握し、綿密な計画のもと管理することを目的としたツール一式です。

マーケティングオートメーションとCRMを使うと、消費者の動線を着実に進め、短期間の作業プロセスで迅速に売上を伸ばすことができます。

この記事では、米国のGoogle検索結果トップ10に基づき、CRMとマーケティングオートメーションの包括的な情報をご紹介いたします。


CRMとマーケティングオートメーションへの理解

マーケティングオートメションとCRMのコンセプトの決定とギャップ

CRM(Customer Relationship Management/客関係管理)は、企業と顧客とのやりとりや関係を「AからBまで」実行することを目標とします。

マーケティングオートメーションとは、さまざまなマーケティングミッションを、分野やビジネスのニーズに応じたプロセスに紐づけ、自動でルール化する機能です。

CRMとマーケティングオートメーションの価値観は、両者のギャップでもあります。


CRMとマーケティングオートメーションの統合

他のアプリと統合すると、受信した結果に関するデータを最適化して整理できますので、一般的にどのビジネスにとっても有益です。ある意味戦略ともいえます。

Bitrix24の少数者向けのマーケティングオートメーションと、他のマーケティングオートメーションを統合すると、次の段階である「プロ」が100%保証されます。

1.営業部門の詳細情報

これらのツールを統合(結果的にはマーケティングオートメーションCRM)することで、サービスや生産に関する消費者の好みを知る機会を得られます。

2.データベースでの情報の自動作成

追加のCRMソフトウェアツールについては、非常に迅速かつ基本的なものです。この方法で、従業員は仕事に取り組む為の時間をより多く確保できます。

3.アンケートや消費者のフィードバックを通して、顧客とコミュニケーションをとる機会


マーケティングオートメーションCRMプラットフォームの実例トップ5

1.Mailchimpはマーケティング戦略、各種ワークフローツール、連絡先情報を扱う為に開発されました。消費者の好みに応じたグループ化プロセス、ウェブへのアクセス(顧客とのやりとりや通話履歴、作業時間に関連したマーケティングオートメーション)がMailchimpの長所です。いっぽう短所は、統合プロセスに限りがあることによる消費者ベースの重複として現れるデータインポートのバグです。

2.Go Squaredは、中小企業向けに開発された自動化ソフトウェアとして人気があります。顧客データを使用して、マーケティング自動化戦略をカスタマイズできるのがGo Squaredの強みです。いっぽう弱みは、分析フィールドが過負荷になっている点です。

3.Intercomは、提供するサービスを向上させる為に個人と対話することを目的としているプラットフォームです。Intercomは、消費者のルーティングと、ターゲットを絞ったメッセージで個人のリクエストに応答するチャットボットも進歩させました。ただ、Intercomは他のプラットフォームと同期する際に制限がありますのでご注意ください。

4.Creatioは、CRMマーケティングを実行できるようデザインされています。消費者と数多くのやりとりを行う為の優れたプランナーとして、Creatioは高い評価を得ています。Creatioには、セグメンテーション機能があります。ちなみに、Creatioのセットアップには1時間以上掛かります。

5.Bitrix24 CRMは、数多くのサービスと統合されています。「A」マークまでの自動化による課題を瞬時に実行し、他のプラットフォームと比べてお手頃価格ですので、マーケティングおよびCRMソフトウェアとしては最適な選択肢のひとつです。


マーケティングオートメーションとCRMの主な特性


CRM/マーケティングオートメーションのリード&連絡先管理

リード管理は、自動化されたCRM機能を組み合わせることができるリード管理アプリの助けを借りて、最終的に入ってくるリードを評価してビジネス領域に移動するという、システム化された手順です。Bitrix24 CRMは、最適なプラットフォームとして高い人気があります。

連絡先管理とは、販売プロセスが開始される前に連絡先管理をデジタル化し、専門家が消費者の連絡先のレビューデータにアクセスできるようにすることを意味します。


CRMマーケティングオートメーションのターゲティングとセグメンテーション

セグメンテーションは、潜在的な消費者を検索する際の目標を達成するために使用され、今後の特徴を学習するために比較可能なニーズのカテゴリごとにグループ化されます。

CRMマーケティングにおけるターゲティングは、顧客からの最終的な成果を目標に、収益性、規模、サービス提供能力、競合率といった観点から消費者をセグメンテーションする選択を意味します。


EメールによるCRMマーケティングとキャンペーン

顧客関係管理(CRM)に関する記事は他にもたくさんありますので、その概念や意味をご存じの方が多いかと思います。

ここでは「なぜマーケティングオートメーションにEメールが必要なのか?」という興味深い質問を解説いたします。

CRMソフトウェアを使うと、メールを活用してマーケティングタイプの連絡をきちんと行うことができます。

CRMマーケティングは、特定の企業や個人向けに行われます。


マーケティングオートメーションのレポートと分析

顧客関係管理のためのマーケティング分析は、アプローチの全体的な投資収益性に関連する情報を把握し、アプローチを進めるための様々な機会を見つけることを目的としています。この目的を達成すべく、顧客関係のためのマーケティング分析には、データのプロセスを学習および管理する機能が備わっています。

たとえば、進捗状況を把握するためには次のような機能を使えます。

1.     Webサイトでのオンラインサービスのユーザーエクスペリエンス

2.     さまざまなブログの投稿

3.     チャネルの容量

4.     動機付けの方法

5.     マインドコントロールなど

これらは、レポートでも同様です。これらは一般化された最終結果を実証することを目的に、チャネルからすべてのデータを要約するために使用されます。


マーケティングオートメーションとCRMにおける統合とソーシャルメディア管理の持つ意味

CRMマーケティングにおけるソーシャルメディアの主な課題は、消費者の注意を引き、地球上のあらゆる地域からできるだけ多くの人々を惹きつけることです。さまざまなアンケートフォームを使ってターゲットを取得すると、顧客の要望を調査できます。また、ソーシャルネットワークで広告を始めると、他の色々なサービスとの統合を促進できます。


マーケティングオートメーションとCRMがもたらすメリット

CRMまたは自動化による顧客エクスペリエンスの向上

簡単に言いますと、顧客体験を向上させる為のプロセスは、原則として個人のブランドとして扱われます。顧客エクスペリエンスは通常、企業が提供するCRMツールを使用する際に決まります。また、次の点にも注意を払う必要があります。

  • CRMソフトウェアの料金プラン
  • ツールのブロックセットへのアクセス
  • プログラムの適用機能
  • 顧客技術サポート等


マーケティングオートメーションによる収益と売上の向上

今日、さまざまな目的の生産物を販売するプロセスは過去に比べて大幅に複雑化されましたが、これらの間違いは利点になる可能性を秘めています。

人工知能が新たに作成されたことにより、以前はひとつだけだった購入方法が現在は複数提供されるようになりました。注文によっては長時間待つ必要があり、その場合、利益や商品の売り上げが減少する可能性があります。自動化ソフトウェアの原理を理解し、次の事柄に注意を払うことで不快な状況を避けることができます。

  • 消費者のニーズの理解

顧客とのコミュニケーションを維持することは、とても重要です。成果を上げるべき製品間のイノベーションの可能性と必要性を評価するには、顧客とのやりとりがベストな方法だからです。

  • すべての販売エリアの評価
  • 顧客の収益性の評価
  • 売上金を管理する能力

これには、適切な知識ベースが必要です。また、この分野の専門家と協力すると尚更ベターです。


自動化ソフトウェアによる効率性とチームコラボレーションの向上

チーム内の作業プロセスを生産的にするためには、協力することが鍵となります。協力してタスクに取り組むことで、従業員は新しいアイデアや経験を交換でき、サービスの拡大に繋がります。その際には、マーケティングオートメーションが力強い味方となります。マーケティングオートメーションを使用すると、従業員は短期間で互いに連絡を取り合いながら作業プロセスを進めることができます。


CRM自動化のパーソナライゼーションと顧客維持

テクノロジーは急速に進化しています。顧客データの色々な出力を操作できるようになった今、パーソナライズされたマーケティングオートメーションは近い将来、顧客ベースの効果的な発展と維持の強化に貢献すると期待されています。Bitrix24は、このプロセスにぴったりなCRMソフトウェアです。


マーケティングオートメーションによるデータ主導の意思決定プロセス

データ主導の意思決定プロセスとは、企業のKPIを活用して消費者データを収集し、そのデータを真の情報に変換する方法です。

Bitrix24をはじめとする無料のCRMソフトウェアを使用すると、情報の収集、傾向の特定、予測が可能になります。

また、CRMソフトウェアを使用すると、次の事柄が明確になります。

  1. プロセスを最適化する方法
  2. チームの生産性を向上させる方法
  3. 優れた管理動作をデバックする方法
  4. 売上と利益を拡大する方法


マーケティングオートメーションとCRMのビジネスへの導入

CRM自動化によるビジネスの目的とニーズの推定

提供されるサービスの見積は、製品の評価または価値となります。これは、将来のプロジェクトで期待される利益、収益、料金の合計に関連します。

見積もりのガイド:

  1. 作業スケジュール
  2. サービスと材料の概算コスト
  3. 会社に関する情報や顧客のレビュー


適切なマーケティングオートメーションとCRMプラットフォームの選択

上述のように、魅力的且つ有益なツールを多数備えた自動化ソフトウェアは、ビジネスの透明化と包括的な進歩を促進できるよう設計されています。自動化ソフトウェアを導入する際には、次の要素にご注意ください。

  • 価格リストが明確である
  • 会社の規模
  • 他のCRMソフトウェアと統合できる
  • カスタマーサポート
  • 機能のフィールド
  • トレーニングが提供されている
  • カスタマーサポートとフィードバックがある

なお、Bitrix24では、これらすべてがカバーされています。


マーケティングオートメーションとCRMを既存の技術スタックと統合する

マーケティングオートメーションとCRMを効果的に統合することは、専門家が顧客とのコミュニケーションの戦術をより良い方向に修正し、個人データの完全な透明性を確保し、各ツールの能力を最大化すること概念的には同じです。個人の重複を防ぎ、データ操作を高速化するために、データベース内で当事者を正確に推定する機能を確保することにも留意してください。


従業員のトレーニングと導入ガイドの推進

1.「実践こそがプロ意識の頂点である」

新しいCRM自動化アプリの操作をマスターするには、ある程度の時間を要します。アプリの動作原理の確認、アプリの使用に関連する色々な機能についての説明、練習に快適な条件のもとインタラクティブな課題を与えて実際にアプリを使って実践してください。

2.意思決定

新しいプログラムを導入するということは、解決したい問題があるということです。トレーニングを行うと、従業員は新しいプログラムの利点を包括的に理解し、経験を積むことができます。

3.スタッフのサポート

従業員が自分の能力に自信を持ち、新たな成果を獲得する意欲を高めるには、マネージャ―のサポートが必要不可欠です。


継続的な進歩の為の戦略の監視と調整

CRM自動化ソフトウェアを使用すると、さまざまなトリック、戦術、プラットフォーム、適性の成長など、継続的な進歩戦略を実行できます。


成功事例とケーススタディ


<ケース①>中小企業の多数のコンバージョンと顧客ベースを増やす為のCRMとマーケティング自動化

自動化機能を備えたCRMソフトウェアを使用すると、目標を絞った斬新的な成長と消費者/コンバージョンを維持できますので、小規模企業の成長を促す効果があります。さらに、数多くの一流の機能を利用できます。


<ケース②>大企業による、CRMやマーケティングオートメーションの活用による営業プロセスの最適化

従業員が関係者に最高で有益なサービスと支援を提供できるよう、色々な販売やプロセスの進行、消費者とのやりとりを活性化する権限が与えられます。


<ケース③>非営利団体による新規寄付者の維持と誘致のためのCRMとマーケティングオートメーション

CRMは、非営利団体にとっても味方です。多数のプロジェクトを迅速に管理して成功に導いたり、寄付金の追跡、パーティーの活性化、効果的なレポートの作成を実行できます。


まとめ

これまでに述べてきた事実を要約すると、次のことが言えます。

広告や取引を含む電子メールを通して、販売や顧客関係管理のプロセスを最適化できることが、CRMソフトウェアとマーケティングオートメーションが重要視される理由です。

IMC(Integrated Marketing Communication/統合型マーケティング・コミュニケーション)は、企業がマーケティング活動を単一の全体的なブランドステートメントに調整する協力な戦略として構成されています。このような情報は、ブランド名と生産性の向上、顧客の発見と維持をサポートすることが目的です。

こうしたツールやシステムを使用すると、社内の作業プロセスが即座に簡易化されます。その結果、最大限の結果を達成するべく、従業員は販売や顧客管理に集中して取り組むことができるようになります。


FAQ

マーケティングオートメーションとは何ですか?

マーケティングオートメーションとは、Eメールキャンペーン、ソーシャルメディアへの投稿、見込み客の発掘といった反復的なマーケティングタスクを自動化するソフトウェアの一種です。

CRMとマーケティングオートメーションを統合するメリットは何ですか?

CRMとマーケティングオートメーションを統合すると、顧客の行動や、顧客とのやりとりの全体像を得たり、マーケティング活動をパーソナライズして見込み客を発掘・変換できます。

人気のあるマーケティングオートメーションやCRMプラットフォームは何ですか?

Bitrix24、Mailchimp、HubSpot、Salesforce、Zohoは、高い人気を誇るマーケティングオートメーション及びCRMプラットフォームです。

マーケティングオートメーションは、どのようにしてチーム内の作業効率やコラボレーションを向上しますか?

反復的なタスクの自動化、顧客情報の一元的なデータベースへの収集・保管、チームメンバー間のコミュニケーションの活性化によってです。

CRMとマーケティングオートメーションは、データ主導の意思決定をどのように促進しますか?

CRMとマーケティングオートメーションは、顧客の言動に関する貴重なデータをもたらします。これらのデータを活用することで、マーケティング戦略や全体的な事業運営に関する意思決定をデータ主導型にすることができます。

 

最も人気
コミュニケーション
英語メールの署名の書き方とデザインテンプレート25選
コミュニケーション
Googleカレンダーの代替 おすすめ18選
コミュニケーション
【2023年】オンライン会議ツールZoomの代替
CRM
人気トップ10の販売追跡技術を駆使して売上を2倍に延ばす方法
CRM
【2023】おすすめの在庫管理ソフトウェア
目次
CRMとマーケティングオートメーションへの理解 CRMとマーケティングオートメーションの統合 マーケティングオートメーションCRMプラットフォームの実例トップ5 マーケティングオートメーションとCRMの主な特性 CRM/マーケティングオートメーションのリード&連絡先管理 CRMマーケティングオートメーションのターゲティングとセグメンテーション EメールによるCRMマーケティングとキャンペーン マーケティングオートメーションのレポートと分析 マーケティングオートメーションとCRMにおける統合とソーシャルメディア管理の持つ意味 マーケティングオートメーションとCRMがもたらすメリット CRMまたは自動化による顧客エクスペリエンスの向上 マーケティングオートメーションによる収益と売上の向上 自動化ソフトウェアによる効率性とチームコラボレーションの向上 CRM自動化のパーソナライゼーションと顧客維持 マーケティングオートメーションによるデータ主導の意思決定プロセス マーケティングオートメーションとCRMのビジネスへの導入 CRM自動化によるビジネスの目的とニーズの推定 適切なマーケティングオートメーションとCRMプラットフォームの選択 マーケティングオートメーションとCRMを既存の技術スタックと統合する 従業員のトレーニングと導入ガイドの推進 継続的な進歩の為の戦略の監視と調整 成功事例とケーススタディ <ケース①>中小企業の多数のコンバージョンと顧客ベースを増やす為のCRMとマーケティング自動化 <ケース②>大企業による、CRMやマーケティングオートメーションの活用による営業プロセスの最適化 <ケース③>非営利団体による新規寄付者の維持と誘致のためのCRMとマーケティングオートメーション まとめ ---------------------- FAQ マーケティングオートメーションとは何ですか? CRMとマーケティングオートメーションを統合するメリットは何ですか? 人気のあるマーケティングオートメーションやCRMプラットフォームは何ですか? マーケティングオートメーションは、どのようにしてチーム内の作業効率やコラボレーションを向上しますか? CRMとマーケティングオートメーションは、データ主導の意思決定をどのように促進しますか?
あなたへのおすすめ
ブログ
ウェビナー
用語集

Free. Unlimited. Online.

Bitrix24 は誰もがコミュニケーションを取り、タスクやプロジェクトでコラボレーションし、クライアントの管理などを行える場所です。

無料で始める
あなたへのおすすめ
【2023年】プロジェクト管理ツールについて知っておくべきこと
プロジェクト管理
【2023年】プロジェクト管理ツールについて知っておくべきこと
27 分
中小企業がCRMを導入すべき理由
CRM
中小企業がCRMを導入すべき理由
50 分
【プロジェクト・コミュニケーション】強固なチームを結成して結果を出すための コツ 10選
コミュニケーション
【プロジェクト・コミュニケーション】強固なチームを結成して結果を出すための コツ 10選
31 分