コミュニケーション
無料で登録

中小企業のブランディングを始める際の10個のコツ

中小企業のブランディングを始める際の10個のコツ
Bitrix24チーム
2022年6月10日
最終更新日:2022年6月23日

デザイナーの心得を理解していないと、中小企業のブランディングは優先リストから外れがちです。ですが、潜在顧客があなたとやりとりをする際に最初に目にするものとして、あなたの会社を軌道に乗せることはとても重要です。

ブランディングを適切な方法で計画して正確に実行する為の潜在的なコストを考えると、たとえその過程を気に入っていても、多くの起業家は躊躇します。この記事では、ブランディングが実はそれほど難しくはないということ、将来的に色々な問題を回避できることをご紹介いたします。


1.まずはリサーチを行いましょう!


中小企業のブランディングに取り組む際、まず取り掛かるべきはインターネットです。徹底的なリサーチを行いましょう。人気の高い競合他社を見て、彼らがブランディングにどのような配色、タイポグラフィ、声のトーンを採用しているか、その理由を考えてみてください。後で素早く分析できるよう、メモしたものは全てスプレッドシートにまとめておきましょう。

市場を理解すれば、必要なもの、迷走する可能性のあること、両者の間に存在するブランディングの側面をすべて特定できます。たとえば赤色と黄色が食べ物の配色に適しているように、特定の領域にインスピレーションを与えたい場合があります。ですが、他の側面の現状を敢えて避けて、独自の道を切り開くこともできます。たとえば、多くの企業は堅苦しい話し方を避けて、より親しみやすい(ときにはちょっと行き過ぎなことも)文章を書くようになってきています。競合他社や業界の調査が不十分だと、意思決定の為の情報が不足し、利益よりも困難が生じる可能性があります。

2.ターゲットオーディエンスを特定しましょう


  業界や競合他社の詳細を詳しく調べたら、次はユーザーを確認しましょう。ユーザーが誰と話しているかを理解することで、ブランドストーリーと全体的なメッセージをより効果的に形作ることができます。

まずは、理想的な顧客プロファイルを作成しましょう。彼らの年齢、性別、価値観、興味について考えてみてください。彼らがコーヒーを飲みたい時に何処へ行くかを特定できれば、あなたは正しい道を進んでいます。自分の理想的な顧客プロファイルを理解できたら、セカンダリ・ペルソナに移りましょう。彼らはあなたのオファーにすぐには惹かれないけれど、条件次第では心が揺れる可能性のある人々です。

中小企業向けブランディングのコツのひとつは、新しいマーケティングキャンペーンに取り組んだり、新製品を紹介する際に、事前に行った調査をヒントとして活用することです。色々なプロファイルがあれば、ブランドの傘下にある色々なグループに向けて個別にメッセージを発することができます。


3.自分の個性を特定しましょう


誰にも真似できない天才的な考えをお持ちの方は、この項目はスキップしてください。そうでない人は、競合他社よりも優位に立てるポイントオブディファレンス(POD、ブランドの差別化ポイント)を見つける必要があります。それは何もこの世のものとは思えないような突飛なアイデアである必要はありません。その他大勢からあなたを引き離し「よくあるもの」とはほんの少し違う何かを顧客に提供できる、そんなアイデアであれば良いのです。たとえば、行き届いた顧客サービス、倫理的な労働慣行、家族経営の精神でも良いのです。

中小企業のブランディングの際に、研究はとても重要です。研究をすることで自分のブランドのエッジが何であるかを定義でき、それによって競合他社のPODと、それらがどのようにオーディエンスに伝達されているかを見つけることができるからです。他の企業が何を強調しているかを幅広く理解し、サービスを利用する可能性のある人々についても深く理解することで、PODを選び出し、ブランディングの目玉にすることができます。


4.ブランドストーリーを定義しましょう


あらゆる新進気鋭企業にはストーリーが必要です。ストーリーはコミュニケーションの一種で、あなたが誰であるか、何を提供するか、ユーザーがあなたを信頼するのは何故かを表します。ストーリーは、事業主であるあなたとオーディエンスの距離を縮め、会社としての顔よりも個人としての顔を見せる為のものです。
何もないまっさらな状態からストーリーを作り始めるのは難しいですよね。そんなときには、まずは次の質問に答えることから始めてみてください。ストーリーの肉付けは後から追加しましょう。

• あなたの会社はどのように設立されましたか?
• あなたのビジネスはどんな問題を解決することを目標としていますか?
• その問題をどのように解決しますか?
• ブランド(会社)の信念は何ですか?
• それらの価値観は、どのような形で組織に反映されていますか?

ただし、会社のストーリーと会社のマーケティング活動は同じではありません。ストーリーはCTA(Call To Action/コールトゥアクション/行動喚起)ではありませんし、顧客に販売を促すものでもありません。ストーリーは、中小企業のブランディングにおいてソフトな戦術としての役割を果たします。ユーザーの自信を刺激し、潜在顧客があなたの製品やサービスを選びたくなるよう、カスタマージャーニーをそっと後押しする-これがストーリーの役目なのです。


5.ブランディングアートを創りましょう


アートやデザイン、アセットは、中小企業向けのブランディングを考える際に最初に頭に浮かぶ項目のひとつです。それらは目を引くものであり、群衆の中で際立ち、場所を問わずに安定したサービスを受けることができることをユーザーに保証するものです。分かりやすい例として、マクドナルドにはロゴの名前(黄金のアーチ)さえあります。これには、世界中の何処に行っても同じ製品が保証されるというメッセージが込められています。

中小企業向けブランディングの一環として、ブランディングアートを適切に作成する為の時間を作りましょう。抜け漏れが無いよう、プロジェクト管理ツールで全てのタスクを設定してください。リブランディングの際には同じプロセスを再開できます。

標準的なアセットグループには次のものがあります:

• 色々なサイズとフォーマットのロゴ
• 配色
• タイポグラフィ
• 図像
• 標準の写真とグラフィック
• ロゴの使用に関するガイド

色々なサイズ、形式、色を組み合わせて、ニュースや雑誌等でアセットを他の場所にオンライン/オフラインで送信できるプレスパックを作成しましょう。


6.リブランディング開始の準備をしましょう


中小企業向けのブランディングの為のヒントとしてこれまでにご紹介した5つのポイントは、一般向けのペルソナの基礎を築く為のものでした。ですが時代の変化と共に、最初の試みで全てのブランディングを関連づけることはほぼ不可能となりました。

ベストプラクティス、顧客の期待、デザイン界の流行の変化に合わせて、リブランディングは数年ごとに行われる(べき)ものです。これは、最初の試みを失敗とみなすということではなく、ビジネスの進化における健全な過程です。

リブランディングを行う際には、新しい方向性を決定する為の参考として、フィードバックフォームを通して顧客の意見を訊きましょう。リブランディングの段階でA/Bテストを使用して新しいアイデアを実践し、満足のいく結果が得られたら、新しい外観を公表してください。


7.ユーザーがいる場所にあたなも居ましょう


南極大陸で氷の配達サービスを必要とする人はいません。同様に、視聴者のいないチャネルで一生懸命マーケティング活動をしても意味がありません。顧客プロファイルを作成する際には、ユーザーと出会えるよう、彼らが出没する場所(オンラインのホットスポット)を特定しましょう。

また、ソーシャルメディアチャネルのみで活動している人は、活動の幅を広げたいところです。グラフィックとブランドボイスを使う時には、全てのプラットフォームで統一してください。

ブランディングとマーケティングは、費用と時間の側面から見ると、中小企業にとって非常に大きな投資となります。さらにソーシャルCRMを使えば、全てのアカウントを一か所でまとめて管理できますので、あなた自身という価値あるリソースの無駄遣いを防ぐことができます。

ただし、ソーシャルは全て同じではありません。マーケティングチームと協力して、各プラットフォームのガイドを作成し、それぞれの視聴者へのメッセージを微調整してください。オンラインの影響力の為に自分のブランド価値を犠牲にしてはいけません。約束したものを提供しなければ、顧客はすぐにあなたの元を離れていきます。

8.ユーザーの役に立つ、利用しやすいコンテンツを提供しましょう


ブランディングとマーケティングに掛かる費用は、中小企業にとっては大きな出費となる可能性があります。ですが、コストを低く抑えながら多くのメリットを得る方法がいくつかあります。

コスト面から見た最良の戦略のひとつは、SEOに焦点を当てたコンテンツを作成することです。最も分かりやすいメリットは、あなたの名前が検索エンジンのトップに表示されることです。他にも、顧客の疑問に答えるようなコンテンツを作成すると、より専門的な雰囲気を醸し出せます。顧客調査を参考に、彼らの抱える問題点や業界でよくある質問に焦点を当てた記事を作成するのも効果的です。

検索エンジンに表示されるだけでなく、ソーシャルメディアやEメールマーケティングを通して素材を共有し、ブランドの認知度を最大限に高めましょう。時が経つにつれて、あなたは自分の分野における専門知識の代名詞、つまり、皆に信頼されるブランドとなる筈です。

9.ユーザー生成コンテンツ:顧客とインフルエンサーを活用しましょう


自作のコンテンツで自分の名前を世間に公表したら、次はユーザー生成の素材も活用しましょう。企業性が低く感じられるこのP2P(ピアツーピア)方式は近年大衆の人気を集めていて、中小企業向けブランディングにも効果的です。

ユーザーのレビューや証言、彼らがアップロードする製品の使用方法を説明する動画には、会社では思いつかない戦略や新たな視点が含まれています。

トップユーザーと連携して情報を発信しましょう。レビューを残したいと思っている人は大勢います。インセンティブを提供すれば、ユーザーから動画でのレビューも得ることができるでしょう。

ユーザーは実体験を、インフルエンサーはリーチを提供してくれます。インフルエンサーを起用するということは、彼らのフォロワーにもアクセスできるということです。インフルエンサーを起用すると、まったく新しい顧客ベースに即アクセスできます。


10.深刻な問題にブランドを合わせましょう


これまでの説明で、ブランドのアイデンティティと、それを世界に打ち出す方法はお分かりいただけたと思います。ではここで、中小企業にとってはあまり一般的ではないブランディングのアイデアのひとつを使って、さらに一歩前進してみませんか?それは、人権問題や環境問題、或いはモットーを特定するという方法です。こうした活動を敬遠するユーザーもいます。しかし一方で、それによってさらに深い忠誠心を持つコアな顧客ベースを生み出すこともまた可能です。

皮肉なことに、流行を追っても人を惹きつけることは出来ず、逆に問題に真剣に取り組む人々の信頼を失うことになります。しかし、会社として強い関心を持つトピックがあれば、恐れずにそれを公表しましょう-ただ、一貫性を貫いてください。チョコレートを扱う会社が倫理的に原料を調達することや、日常業務で炭素削減を目指すなど、会社として取り組むトピック(問題)とモットーを一貫して打ち出し、それに取り組む姿勢を見せることで、ブランドを際立たせることができます。

中小企業向けのブランディング


  ブランディングをコンテキスト化する為のフレームワークは以上です。これで、プロセスを実行して結果を確認し始めることができます。ブランディングの取り組みは財務等の他のタスクよりも芸術的ですが、それでもなお専門的なアプローチが必要です。つまり、タスク管理、コミュニケーション、マーケティングを専門とする作業ツールが必要であるということです。

Bitrix24は、これら全てのツール(その他のツールも)がひとつのプラットフォームで使える便利なソフトウェアです。使いたいプログラムを探してタブを切り替えたり、延々と続くサブスクリプションリストへの支払いを続けるストレスが無く、中小企業にぴったりです。

あなたも今日からBitrix24に無料でサインアップして、最先端ツールを駆使した中小企業向けブランディングを始めませんか?


FAQ


中小企業にブランディングは必要ですか?


世間にその存在を知らしめ、信頼を高め、顧客を獲得する為にはブランディングが必要不可欠です。特に新興企業やスタートアップは、まずは業界で注目を集める必要があります。

中小企業のブランディングに掛かる費用はどれくらいですか?


中小企業のブランディングの費用は、全体の予算の約10%から15%程度が理想的です。ブランディングに早い段階から投資することで、会社の名を世間に打ち出し、市場での地位を獲得できます。
Free. Unlimited. Online.
Bitrix24 は誰もがコミュニケーションを取り、タスクやプロジェクトでコラボレーションし、クライアントの管理などを行える場所です。
無料で登録
あなたへのおすすめ
コミュニケーション
【2022】チームコミュニケーションツール おすすめ11選
プロジェクト管理
ガントチャートの代わりに使える8種のツール
CRM
【2022】おすすめCRM(顧客管理)ソフト
プロジェクト管理
リソース・マネジメント・ソフトウェアとは?