無料で登録

ユーザーのエクスペリエンス(UX)を向上させる方法

ユーザーのエクスペリエンス(UX)を向上させる方法
Bitrix24チーム
2022年5月31日
最終更新日:2022年6月23日

   私たちはもはやインターネットの初期段階ではないので、ウェブサイトの運営が不十分であるという言い訳はありません。

ユーザーエクスペリエンス(UX)は、最近のWeb構築で最も価値のある概念のひとつであり、熟練したUXデザイナーの需要が需要をはるかに上回っていることは当然のことです。 パフォーマンスが悪いと、顧客はサイトから直接競合他社の腕に跳ね返り、検索エンジンはさらにあなたを罰します。

しかし、まだ慌てる必要はありません。 強力なツールと適切な戦略でできることはたくさんあります。 この記事では、この2つを組み合わせて、ウェブサイトのユーザーエクスペリエンスを向上させ、収益の増加を監視できるようにします。


FAQs:

ユーザーのエクスペリエンス(UX)とは?

UX(ユーザーエクスペリエンス)とは、Webサイト、アプリ、ソフトウェアなどあらゆる製品やサービスを通してユーザーが感じる使いやすさ、感動、印象といった体験すべてを指します。

自社サイトのUXをチェックする方法

次の戦術を使用して、Webサイトのユーザーエクスペリエンスを測定します。
  • フォームからのフィードバック
  • ページの閲覧数と閲覧時間を追跡する
  • ページ内でクリック数を追跡する
  • お客様の声の分析
  • Google 検索の仕組み


UXとUIの違い

UXとUIは同時に語られることも多い言葉ですが、それぞれが持つ意味は大きく異なります。

UXは、ユーザーがサイトや製品、サービスなどを通じて得られる体験や経験のことです。

UIとは、ソフトウェア、アプリケーション、Webサイトでユーザーが見たり触れたりして接する部分のことを指します。


ユーザーエクスペリエンスを向上させる方法

次のWebサイトのユーザーエクスペリエンスを向上させる方法があります:
  • 魅力的なコンテンツを作成します
  • 顧客のニーズに応えるウィジェットを貼り付けます
  • ページの読み込み時間を最善します
  • 画像を最適化します
  • 重複するページを避けます
  • コンタクトセンターを提供します


Webサイトのユーザー体験(UX)を測定する

ユーザーがWebサイトを訪れた際(また、Webサイトから去ってしまった際)、そこで起こっていることを理解するため、特定の指標を追跡し、分析することで、推測を減らすことができる。

Googleは 、ユーザー体験の全体像を把握するために、客観的指標と定性的指標を組み合わせている。

ユーザー体験を測定することで、ユーザーがあなたのWebサイトで何を行っているかを把握することができる。しかし、その理由や課題に対して直接取り組むことはできない。


効果的なCTA

CTAとは、Webサイトにおいてユーザーのクリックを促し、アクション(コンバージョン)へと導くためのボタンのことです。そのため、Webサイトにおけるユーザーエクスペリエンスを高めるためには、デザインとテキストを最大限に利用する必要があります。
テキストも重要です。例えば、「もっと見る」、「詳細について」というCTAはユーザーに印象を与えず、あまり効果がありません。詳細情報を提供するではなく、ユーザーが「E-bookをダウンロードする」ようにします。

ホワイトスペースを活用する

ホワイトスペースは、ページの要素と要素の間や、その周りの空いたスペースのことです。多くの人は画面の貴重な部分を無駄にしていると思うかもしれませんが、ホワイトスペースはデザインにおいて不可欠な要素なのです。コンテンツを詰め込みすぎないようにすることで、視覚的に理解しやすいWebサイトになります。

ホワイトスペースはデザイン要素のバランスをとり、ビジュアルコミュニケーション体験を改善するためにコンテンツを整理しやすくする優れたツールです。たとえばあなたがキッチン家電会社のマニュアルを何百と作成するようなテクニカルライターであれば、文字と画像の絶妙なバランスを把握し、集中をとぎれることなく読み進めることができるでしょう。

ホワイトスペースは受動的あるいは積極的というアプローチをすることもできます。 受動的なホワイトスペースは、ユーザー体験の促進以外に、デザインにおける特定の役割がありません。読みやすさのためだけに使用されます。

 

シンプルにする

シンプルに整えられたウェブサイトを訪問したとき、おそらく多くの人が「見やすい、わかりやすい、使いやすい」と感じるのではないでしょうか?まさにそれがシンプルなウェブサイトの特徴なのです。

シンプルなウェブサイトはユーザー目線に立ってデザインされていることが多く、全体に統一感があります。さらに画像のレイアウト、テキストとのバランス、余白の取り方なども計算され訪問者が疲れないように配慮されています。

そのため、一目見て「これは何のサイトなのか、どんなサービスがあるのか、どのようにしてサービスを受けるのか」が伝わりやすくなり、ストレスなくサイトを見ることができるのです。単純に「シンプルなデザインはオシャレ」というだけでなく、使い勝手がいいことも魅力です。


Webサイトの表示速度を改善する

ページの表示速度が遅いと、ユーザーは離れてしまいます。Webサイトのページ表示速度の速さは、ユーザー体験の質に直結します。逆に表示速度を改善すれば、ユーザーの離脱・直帰率を防ぎ、結果的にコンバージョン率が改善され“売上が上がる”ということになります。

実際にWebサイトの表示スピードを改善するには、Google アナリティクスとGoogleサーチコンソールを使用してみましょう。

Googleのウェブマスターツールはモバイルとデスクトップそれぞれのページパフォーマンスを測定してくれる無料ツールです。ページのパフォーマンスを測定してくれるうえ、ページ表示速度に悪影響を与えている箇所の改善案も提示してくれます。


イメージを最適化する

重い画像はウェブページを遅くするため、ユーザーエクスペリエンスが悪化します。画像の最適化とは、プラグインまたはスクリプトを使用してファイルサイズを縮小するプロセスのことです。これにより、ページの読み込み時間が改善されます。

画像を書式設定する主な目的は、最小ファイルサイズと納得できる画質のバランスを見つけることです。これらの最適化を実行する方法は複数あります。最も一般的な方法の一つは、画像を圧縮することです。

考慮すべき2つの主な項目は、ファイル形式と使用する圧縮種類です。ファイル形式と圧縮種類の正しい組み合わせを選択することにより、画像のサイズを最大5倍まで減らすことができます。最も効果的なものを探し出すには、各組み合わせを試してみる必要があります。


フォーマットに一貫性を持たせる

一貫性を保つだけで、Webサイトのユーザーエクスペリエンスを大幅に向上させることができます。 フォント、見出し、画像スタイル、リンクデザインなど、すべてがユーザーにすぐに認識できるようにする必要があります。 リンク用の青い下線付きテキストなど、Web全体に適用されるものもあれば、配色やフォントなど、ブランドに固有のものもあります。

ユーザーへの信頼を高めるだけでなく、ヘッダーとレイアウトの一貫性は検索エンジンが簡単に理解できるため、SERPで上位にランク付けされる可能性が高くなります。 また、ロボットが追跡しやすい場合は、人間やスクリーンリーダーにとっても簡単です。

チームのクリエイティブなメンバーにとって、この一貫性を欠点と見なすのは非常に簡単で、芸術的なWebサイトのアイデアを押しつぶします。 ただし、ユーザーエクスペリエンスを向上させる必要がある場合、フォーマットルールは単にその中で機能する必要があるフレームワークです。


404に注目してください

書式設定は人間とロボットの両方にとって重要ですが、Webトラッカーの方が寛容であっても、404ページは人間にとって不快なものになる可能性があります。

404ページは「お探しのページは見つかりませんでした」という文言だけを表示し、行き止まりになってしまう場合があります。

ページはGoogleツールと統合すると、Webサイトにおけるユーザーエクスピリエンスを向上することができます。これらは定期的にサイトの周りにクローラーを送信して、デッドリンクと404ページを識別します。 これが発生したときにアラートを受信するように通知を設定し、技術チームが問題を解決するためにすぐに作業できるようにします。

自由に流れるサイトを使用すると、ユーザーエクスペリエンスを向上させ、最終的に信頼性を高め、売上を伸ばすことができます。

ユーザーにコンタクトセンターを提供する

Webサイトは、最終的にはマーケティングツールであり、あなたの製品をできるだけ多くの人に紹介するデジタルマーケットの屋台です。しかし、相互作用はマーケット屋台のポイントです。

FAQページは重要ですが、顧客との個人的なやりとりはWebサイトのUXを改善するのに役立ちます。

現在、Webサイトにチャットボットウィジェット(ユーザーが質問に即座に回答できる部分的に自動化されたテキストボックス)を含めることが一般的になっています。 チャットボットはCRMと統合されており、コンタクトセンターのチームが同時に複数のリクエストに応答します。



Webサイトのユーザーエクスペリエンスを向上させるのは終わりのないプロセスです。2000年のトップWebサイトについて考えてみれば、よくわかりますね。

しかし、中小企業の場合でも、適切なツールで高品質なサイトを立ち上げることができます。

Bitrix24は、包括的なWebサイトビルダーをはじめ、UXを向上させる数多くのツールを提供しています。無制限のページと無料ホスティングに加え、ビルトインフォーム、CRM 、ライブチャット、SEOツールを備えています。

Bitirx24は1000万社以上に導入されており、ビジネスのニーズに合わせて構成できます。Bitrix24はご登録、ご利用ともに無料です。ぜひお気軽にお試しください。



 

Free. Unlimited. Online.
Bitrix24 は誰もがコミュニケーションを取り、タスクやプロジェクトでコラボレーションし、クライアントの管理などを行える場所です。
無料で登録
あなたへのおすすめ
CRM
【2022】セールストラッキングソフトウェア おすすめ11選
コミュニケーション
従業員エンゲージメントを向上する9つの有効な方法
プロジェクト管理
ビジネスを成功に導く、スクラムにおける10のステップ
【2022】カスタマーサクセスのメトリクス&KPI