プロジェクト管理
無料で登録

【2022】プロジェクト管理の人気トレンド

【2022】プロジェクト管理の人気トレンド
Bitrix24チーム
2022年3月31日
最終更新日:2022年4月1日

技術、手法、最新トレンドなど、プロジェクト管理の世界は日々目まぐるしく変化し続けています。プロジェクト管理のトレンドの多くは、物理的あるいは文化的行事によって世界各地で生み出されており、プロジェクト管理全体に革命をもたらす可能性を秘めています。

プロジェクト管理は、エンジニアリングや建設、近年ではヘルスケアや情報技術(IT)などの分野との関連が深く、作業を行う為に特定の順序で組み立てる、或いは完成させる必要のある複雑なコンポーネントのセットが含まれているのが一般的です。

どんな分野でも、プロジェクト管理者の仕事は同じです。プロジェクトの目標と目的の定義を明確にし、複数のプロジェクトコンポーネントをいつ誰が達成するかを指定するのは、プロジェクト管理者の役目です。完成したコンポーネントが要求されている条件を満たすよう、品質管理の過程を決めるのもまたプロジェクト管理者の仕事です。


最新型のプロジェクト管理

最新型のプロジェクト管理は、結果の予測と反復を可能なものとするよう開発されています。そのアプローチはたいへん分析的で、大規模プロジェクトを支える自動化されたテクノロジーを駆使します。他の分野と同様に、過去の経験と実践によって学ぶことができます。

準備を整え、実行し、タスクを管理する為に、最新型のプロジェクト管理では自動化システムが用いられます。その為、最新型のプロジェクト管理は従来型の手法よりも適応力が高いとも言われています。専門的なサービスを扱う企業は、短期または1度限りのプロジェクトに従事することが多い為、新しいプロジェクト管理のアプローチの必要性が高まっています。プロジェクトの途中で変更が生じた際に、それらを素早く効率的に処理できる設定において、最新型のプロジェクト管理はその効果を最も発揮します。


最新型のプロジェクト管理の利点

最新型のプロジェクト管理には、次のような利点があります。

  • 同時に扱えるプロジェクトの数が増える

  • リスクと人的エラーを最小化できる

  • 時間をよりフレキシブルに使える

  • プロジェクトの費用を削減できる

  • 各プロジェクトと戦略的目標の関係性を把握できる


プロジェクト管理の最新トレンド

特定の作業やイベントを完了するのに必要なリソースを計画したり構成するアプローチを、プロジェクト管理の一環とするのが最近のトレンドです。管理するリソースには人員、資金、技術、知的財産などがあり、1度限りまたは継続的に扱う場合など様々です。また、これらのトレンドに伴い、次のような傾向が見受けられます。

  • ハイブリッド型プロジェクト管理のアプローチ

  • よりパワフルになったコラボレーションとテレワークの実現

  • ソフトスキルの需要の高まり

  • AIやオートメーションの流行

  • プロジェクト管理ツールへの依存度の向上


プロジェクト管理の未来

これらの最近のトレンドに伴い、ミレニアル世代のプロジェクト管理者、プロジェクト管理オフィス、サイバーセキュリティの強化の存在感が増すでしょう。プロジェクト管理の未来は、今後数年間における社会的、健康的、政治的改善の先にあります。プロジェクト管理の未来として、次の傾向が予想されています。

  • 部分的なリモートワークから完全なリモートワークへの移行

  • アジャイル開発の引き続きの流行

  • 物理的・精神的ストレス軽減の為の取り組み

  • 組織的プロジェクト管理

  • プロジェクト管理者の需要の高まり


【2022】プロジェクト管理で人気のあるトレンド

新たなテクノロジーが導入された結果、リーダーシップの枠組みは進化を遂げました。それに伴い、事業主や経営者が日常業務を管理する為の新たなアプローチが誕生しました。この章では、ビジネスの世界にインパクトをもたらす、最近のトレンドをご紹介いたします。


最新型のプロジェクト管理ソフトウェア 

Bitrix24は、35種類以上のツールを備えたプロジェクト管理ソフトウェアです。

無料で始める



1.プロジェクト管理のアプローチがハイブリッド型に

ビジネス業界全体において、過去数年にわたり行われてきたプロジェクト管理のアプローチは、単一型のものが主流でした。手法こそ違えど、組織や人々は同じフレームワークに頼っていました。

いっぽう、プロジェクト管理者や彼らの属する組織は近年、より柔軟なアプローチを試みるようになっています。プロジェクトや業界の需要を満たせるよう、複数の手法を組み合わせてハイブリッド型の管理を行う例も見受けられるようになりました。企業がより柔軟な方法を取り入れるようになり、かんばん方式、アジャイル、スクラムなどのプロジェクト管理の代替方法が誕生したことで、プロジェクト管理のアプローチが進化を遂げることとなったのです。

プロジェクト管理の手法であるカンバン方式は、毎日の成果の達成を優先し、日々の進捗を測定できるよう可視化することを目的とします。カンバン方式は、もともと日本で生まれた管理手法です。進捗を管理し、プロジェクトの停滞を防ぐ為に効果的なアプローチであるカンバン方式は、多くの変化が発生しがちなプロジェクトを管理するのにぴったりです。

いっぽう、変更が生じた際に開発者が素早く対応できることを目的とするアジャイル型は、典型的なウォーターフォール型よりも柔軟性に富むアプローチです。アジャイル開発は近年人気を集めており、さまざまな業界でスタンダードとなりつつあります。

最後にご紹介するスクラム開発は、チームのコラボレーションをアシストする為のアプローチです。スクラムは、チームが様々な場面から学びを得て、問題に対処しながら自己組織化し、成功と失敗を分析し、改善の為の努力を続けることができるよう、モチベーションを高めてくれます。

つまるところ、ハイブリッド型プロジェクト管理とは、従来型プロジェクト管理とアジャイル開発を合わせた技術です。ハイブリッド型フレームワークはプロジェクト、タスク、人々、コミュニケーションを一か所にまとめ、より良い決断を下すことができるようビジネスをサポートしてくれます。


2.パワフルなコラボレーションとリモートワークの登場

プロジェクト管理が四方の壁に囲まれたオフィス内で行われる時代は終わりました。インターネットの普及、ビジネスの理想の変化、ギグエコノミーの広がりに伴い、デジタル&リモートなワークグループは以前にも増して主流となりつつあります。

技術的進歩のおかげで、どんなに物理的に離れていてもインタラクションや共同作業が行えるようになりました。テレワークや人材の分散の増加への理解が、プロジェクト管理者には求められています。これらはプロジェクトうランニングや組織内コミュニケーションに多大な影響を及ぼし、プロジェクトの目標や結果を評価する際に重要な鍵となる為です。

5Gのように発展したテクノロジーを使えば、通信トラフィックの遅延なく動画コンテンツの視聴ができるようになります。こうした技術により、プロジェクト管理とチームワークが更に向上するでしょう。

パンデミックが収束した後も、リモートワークの人気は続くことが予想されています。リモートワークによって生じる可能性のある、非効率性などの問題を排除する為の戦略を立てることは、プロジェクト管理者の課題です。効果的なプロジェクト管理にとって効率的なコミュニケーションはなくてはならない要素です。リモートワークの人気の高まりと共に、コミュニケーションの重要性はますます増してゆくでしょう。


3.ソフトスキルの需要の高まり

円滑な人間関係を築く為のキャラクター、資質、対人スキルをソフトスキルといいます。これに対し、知識や職業能力をハードスキルといいます。ソフトスキルは、ハードスキルを補完する役割を担います。知能指数(IQ)と対照的に、社会学的に心の知能指数(EQ)というものがありますが、ソフトスキルはこのEQに関連があります。

ソフトスキルで重要視されるのは知識ではなく、人々そのものです。つまりソフトスキルとは、他者とスムーズに相互作用する人格の資質を意味し、通常、人格の個々の要素を意味します。ハードスキルとソフトスキルの両方をバランスよく併せ持つ人材は、競争の激しい労働市場でも常に需要が高い傾向があります。

世界経済フォーラムが発行する「Future of Jobs」レポートによると、今年最も需要の高いソフトスキルには次のものがあるとされています(需要の高い順)。

I. 分析的思考とイノベーション

II. アクティブラーニングと学習戦略

III. 創造性、独創性、イニシアティブ

IV. 批判的思考と分析力

V. 複雑な問題解決能力

VI. リーダーシップと社会的影響

VII. 感情的知性

VIII. 推論、問題解決、発想力

IX. 調整と時間管理能力

プロジェクト管理は、範囲の定義、期限の設定、予算の決定を行うだけではありません。人材の管理もプロジェクト管理に含まれ、これこそがプロジェクト管理者の仕事を複雑にしている要因です。プロジェクトメンバーの感情を十分に理解できていないと、チーム内に多くの感情的な動きが生じることとなり、プロジェクトの結果を理想的なものから遠ざける要因となります。プロジェクトを成功へと導く為の手腕は、プロジェクト管理者に問われます。チームメンバーの感情を適切に理解することでチームワークを向上することが、いかなる業種でもプロジェクト成功の鍵となります。プロジェクトの成功を左右する要素として、人々のモチベーションを高める感情をあらゆる面から理解することが重要です。

高まる需要に対応すべく、ソフトスキルを強化したい人は、次のことを実行しましょう。

·       人々の気持ちや考えを推測するのはやめましょう。会話を盛り上げつつ、プロジェクトに関する重要事項はすべて書き留めておきましょう。

  • 自分らしくプロジェクトに参加し、自分らしさを表現できるよう、従業員を勇気づけましょう。

  • プライベートなことを質問して、チームメンバーについて理解を深めましょう。

  • 言い争いが起きた際には、どのように状況をおさめるか(謝罪の方法など)を考えておきましょう。

  • 他の人が言いたいことに耳を傾けましょう。新しいことを学びスキルを磨くのに「遅すぎる」ことはありません。


4.人工知能と自動化の普及

リソースの割り当て、プロジェクトのバランス、スケジュールと予算の更新など、本来プロジェクト管理者が行う管理に関する業務の多くは将来、人工知能を使って自動化されることが予測されています。また、リソース割り当ての自動化です。リソース割り当てはこれまでにも、徐々に自動化の道を歩んできていました。

AIに関するPMIの評価によると、次の6つのテクノロジーは、プロジェクト管理に現在影響を与えている、或いは将来影響を与える可能性があると予測されています。

  • 意思決定管理

  • 詳細学習

  • エキスパートシステム

  • ナレッジベースシステム

  • 機械学習

  • ロボティックプロセスオートメーション(RPA)

仕事が自動化されることを心配する声もありますが、自動化は多くの利点をもたらすと予測されています。カチの低い(単純な)プロセスを自動化することで、プロジェクト管理者は会社により多くのインパクトをもたらすタスクにリソースや気力を費やすことができるようになります。その結果、プロジェクトの戦略的目標を達成できる可能性が増加します。

プロジェクト管理における人工知能の広がりによって、本来人間が行う必要のあるルーチンワークをAIによって自動化し始めた企業は多くあります。こうした試みは、単純な作業を自動化するだけでなく、パフォーマンスに関する洞察を収集する際にも役立ちます。自動化を使うと、プロジェクト管理者はスケジューリングやデータの視覚化、収集したデータに基づく決断といった難しい作業を簡易化することができます。

こうした自動化の波に乗る為には、日々のタスクや役割に合わせて組織内でAIをどう活用するか、プロジェクト管理者がしっかりと理解する必要があります。


5.プロジェクト管理ツールへの依存の高まり

プロジェクト管理ツールは、個人やチームでプロジェクトやタスクを効率的に管理したい人の為のツールです。ほとんどのプロジェクト管理ツールはオンラインで購入できるか、または無料でダウンロードできます。

会社で計画を実行する際に、プロジェクト管理ツールは便利です。でも実はそれだけではなく、プロジェクト管理ツールはポートフォリオに関連する多くの作業を行う際にも役立ちます。これにより、より正確な判断を下し、重要な目標に向け躍進するよう組織を促すことができます。


プロジェクト管理ソフトウェアには、次の機能があります。


  • プランニング/スケジューリング機能

タスク、サブタスク、フォルダ、テンプレート、ワークフロー、カレンダーなど、プロジェクト管理システムを使うと、一か所で計画を立てて業務を割り当てることができます。

  • コラボレーション機能

連絡をとる方法は、Eメール以外にも必要ですよね。プロジェクト管理システムを使うと、タスクの割り当て、コメントの追加、ダッシュボードの作成、変更の承認や更新をチームで共有できます。

  • ドキュメンテーション

ファイル管理機能を使ってアップデート、バージョニング、ファイルの保存ができますので、ファイルの紛失を予防できます。

  • 評価機能

リソース管理機能とレポーティング機能を使って、生産性と成長を追跡&測定できます。

ターニングポイントはいつでもプロジェクト管理ツールです。プロジェクト管理ツールがプロジェクト管理にもたらすポジティブな影響には、次のような例があります。

  • プロジェクトプランニング機能を使うと、過去のプロジェクトの情報をもとに、より優れた計画を立てることができます。

  • 時間管理機能(スケジューリング機能)を使うと、プロジェクトに費やされた時間を追跡し、イベント、ミーティング、マイルストーン、締め切りなどのスケジュールを立てることができます。

  • コラボレーション&コミュニケーション機能を使うと、同僚、顧客、利害関係者と重要な情報を交換することができます。

  • 予算と締切機能を使うと、予算内&期限内にプロジェクトを完遂できます。

  • 進捗追跡機能を使うと、プロジェクトが予定通りに進んでいるか否か、リソースを更新する必要があるかどうかを追跡できます。


【まとめ】プロジェクト管理の最人気トレンド

プロジェクト管理者や、個人でプロジェクト管理を行う予定のある人は、特定、予測、業界のニーズの変化に素早く対応することを最優先課題とする必要があります。なぜなら、プロジェクト管理は現存する企業や分野のほぼ全てにおいて不可避であり、プロジェクト管理に携わらない従業員にすら利益をもたらすからです。

プロジェクト管理に携わることは、スリリングな体験をもたらします。AI、ソフトスキル、テレワーク、その他最新トレンドを駆使してチームワークの向上に努めながら、プロジェクトを完遂できる素晴らしい機会です。

組織のたゆまぬ成長の為にも、プロジェクト管理の最新・将来のトレンドには常に目を光らせておきましょう!

 

Free. Unlimited. Online.
Bitrix24 は誰もがコミュニケーションを取り、タスクやプロジェクトでコラボレーションし、クライアントの管理などを行える場所です。
無料で登録
あなたへのおすすめ
プロジェクト管理
ハイブリッド型チームの効果的な管理方法と6つの秘訣
CRM
教育機関におけるCRMの重要性
プロジェクト管理
Bitrix24で行われた巧みなリモートプロジェクト管理
プロジェクト管理
ハイブリッドワークモデルのベストプラクティス