Articles 効果的なEコマースの在庫管理のための12の重要なヒント

効果的なEコマースの在庫管理のための12の重要なヒント

ビジネス
Bitrix24チーム
28 分
75
更新済み: 2023年10月25日
Bitrix24チーム
更新済み: 2023年10月25日
効果的なEコマースの在庫管理のための12の重要なヒント

ECビジネスにおける在庫管理は、小売店舗での在庫管理とあまり変わりません。どちらも、注文を完璧かつ迅速に履行するという同じ最終目標を持っています。そのため、倉庫管理は顧客の期待に応えるために重要な役割を果たします。信頼性のある確実な倉庫管理が重要な役割を果たします。

後で解決できる詳細のように思えるかもしれませんが、責任ある在庫管理と効率的な倉庫管理が、長期間にわたってビジネスを継続させることができます。ビジネスの存続を優先したい方、この記事では、ECビジネスの倉庫管理と在庫管理をサポートするための多くの便利なヒントをご紹介します。

1. セキュリティを最優先にする

職場で事故が起こる可能性はあるものの、優れた倉庫管理者は、それを軽減するために取るべき手順や対策があることを知っています。倉庫のスタッフは、滑りや転倒の危険だけでなく、腰痛や筋肉の痛み、神経の圧迫など、身体的な負担によるリスクも抱えています。

倉庫管理者は、リスクを最小限に抑えるために注意深くなる必要があります。従業員が効率的かつ安全に仕事をするのに役立つ設備に投資し、倉庫内でけがをする可能性のある場所を確認してください。スタッフは、倉庫内で常にプロフェッショナルであり、危険な行動を避けるように訓練されるべきです。


2. 在庫管理と正確性を優先する

在庫管理は効果的かつ効率的な倉庫管理の鍵です。在庫の流れや需要を正確に把握できない場合、商品が過剰になったり、全くなくなったりする可能性があります。在庫レポート システムを導入すると、定期的に在庫数を正確に把握できます。これにより、注文の増減に迅速に対応することができます。

すでに在庫報告システムを導入している場合は、定期的なレビューや正確性のチェックを日常の一部として行いましょう。現在のシステムを見直すのは遅すぎることはありません。新しいシステムを導入したり、新しい製品在庫管理ソフトウェアを購入したりすることもできます。


3. 倉庫を整理することで効率を最適化する

整理された倉庫は、ナビゲーションが容易であるだけでなく、作業を迅速に行うことができ、職場も安全になり、作業自体も容易になります。倉庫が乱雑な状態であると、事故が起こりやすいだけでなく、作業がより手間がかかり、コストと時間がかかることにもなります。

まず、ABC分析を使用して整理と在庫管理を行います。多くの企業が倉庫内の製品に階層的な順序を設定するために使用します。ABC分析では下の図のように、A・B・Cの3つにグループ分けをして管理します。

  • Aグループの製品- 高価値のある商品、ベストセラー、または需要が高い高価な商品です。これらは倉庫スタッフが常に手に取る商品です。Aグルプの製品は普通、安全かつアクセスしやすい場所に特別に保管されています。

  • Bグルプの製品 - 中程度の価値のある商品です。これらも売れる商品ですが、Aグループの製品ほどは売れません。顧客にとっては、合理的な価格であり、非常に便利で魅力的な商品ですので、倉庫にはこれらの商品がより多くあります。Bグルプの製品は、ピッカーが頻繁にアクセスする高交通エリアに保管されています。
  • Cグルプの製品 - 価値の低い商品であり、したがって最小限の在庫管理が必要です。これらの製品も価格によって売れますが、必要性や重要性があるわけではありません。これらは時には在庫の一部として、大口購入や忠実な顧客に無料で提供されることもあります。

製品を分類した後、在庫内のすべての製品をより効果的に整理するためにラベリングシステムを使用します。これらのラベリングシステムまたは在庫タグは、製品を保管する前に製品に貼られるステッカーです。これらのタグには、アイテムを識別し、詳細や関連情報を含むためのコードが含まれています。以下のラベリングシステムやタグシステムの中から選びましょう。

  • バーコードタグ - 在庫ID、価格などを含む一次元コードで、バーコードスキャナーで読み取ることができます。バーコードは使いやすく、費用効果もあります。

  • QRコード - スキャナーまたはモバイルデバイスで読み取ることができる二次元コードです。このシステムは、どの製品にも使用でき、利用可能なすべてのプラットフォームで利用できます。

  • RFIDタグ - 一度に複数の製品をスキャンするのに最適です。RFIDタグはセンサーやGPS技術と統合することで、追加のセキュリティを提供できます。

製品を分類し、ラベリングして保管したら、通路を整理し、従業員が安全に行き来できる十分なスペースがあることを確認します。アイテムを梱包する際にも、従業員が安全に移動できるように注意してください。棚の製品を均等に配置し、安全を最優先にして積み込んでください。

倉庫内のすべてを整理するために活用できる他のヒントは以下の通りです。

  • 積み重ね可能なビンやトレイを使用する

  • 先入れ先出しの原則を実践する

  • 垂直のスペースを利用して追加の収納スペースを確保する

  • 倉庫の清潔さを徹底して追究する


4. 定期的に監査し、チームの意見を得る

すでに倉庫管理と在庫管理プロトコルを導入している場合は、定期的なレビューと監査をサイクルの一部として取り入れましょう。時代が変わるにつれて、製品の需要とともにビジネスニーズも変化する可能性があります。そのため、設備や備品がまだ適切な状態であるかどうかを定期的にチェックすることも重要です。

従業員に意見や推薦を求めることで、さまざまなリソースを活用できます。彼らこそが現場で働いている人たちなので、必要なことや重要なことを把握しています。チームを集めて、在庫から設備、プロセス、手順まで、倉庫の運営と利用方法をさらに改善するための計画を立てましょう。


5. ゾーンを作成し、流れとトラフィックパターンを考える

倉庫管理は在庫管理と連携して、製品が倉庫自体から受け入れ、保管、梱包、そして最終的に出荷まで均等なペースで流れるようにします。倉庫全体の作業フローを定義し、プロセスを区別するために、土地のレイアウトを配置しましょう。

これらのセクションは以下のために適切なスペースを提供します:

  • 受け入れ:入荷した在庫が降ろされ、品質チェックが行われ、製品がラベル付けされます。その後、ストレージゾーンに運ばれます。

  • 在庫室 - 収納ラックで一杯の在庫室は、倉庫の在庫をほとんど保管しており、カテゴリーごとに整理され、適切にラベルが貼られている場所です。

  • ピッキングと梱包 - 通常、ラック、ピッキング バスケット、仕分けテーブルで満たされる倉庫のこのエリアでは、ラックや棚からピッキングされた商品が、顧客の注文に応じて小包に詰められる前に配置されます。

  • 発送 - パックされた注文のカートンやパケットがここに積み重ねられます。出荷ラベルやその他の文書は、出荷パートナーに引き渡される前にパーセルに貼られるか、パッケージ自体に貼られます。

  • 転送 - パックされた注文は、配送予定地域に応じて一括で配送業者に引き渡されます。


6. 受信のためのスペースを確保する

倉庫内でスペースを割り当てる必要があるもう 1 つのセクションは、RTS (送り主への返送) 小包や、不良在庫や余剰在庫を受け取るためのセクションです。そこで、これらの在庫をインベントリに戻すか、他の目的のために取っておくかを決定できます。

受け取りエリアは、さまざまな形状やサイズの荷物を受け取ることができるように十分な広さが必要です。倉庫の指定された受け入れセクターでは、入荷したすべての商品が適切に文書化、タグ付け、記録され、将来の目的に応じて保管されます。


7. 必要な設備を入手する

倉庫のセクションをマッピングし、フロアプランを作成したら、必要な設備を調達するか、既に持っている設備を調査して、倉庫の設備を見直す必要があるかどうかを判断しましょう。ビジネスが成長するにつれて、ツールやハードウェアのアップグレードも必要になります。

これには、次の機器の購入が必要になる場合があります。 

  • Eコマースで在庫を管理するための棚、ラック、ビン、バスケットなどの収納設備

  • ラベリング、組み立て、梱包などを含む包装および出荷設備

  • バーコードスキャナー、RFIDタグインストーラー、プリンターなどの在庫管理機

  • 倉庫スタッフが在庫の保管、配置、積み込みに必要なすべての取り扱い機器


8. テクノロジーを活用する

倉庫管理と在庫管理システムは、紙ベースの手続きやデータ入力を排除することで大きな利益を得ることができます。これにより、倉庫に最新の正確なデータが提供され、遅延やエラーのリスクが減少し、倉庫スタッフやリーダーは効率性、正確性、生産性に集中することができます。

デジタル化により、紙の書類の紛失や誤った情報のリスクを減らすことができます。デジタルの在庫管理ソフトウェアを使用することで、従業員は在庫管理を十分に行うことができます。ソフトウェアやデジタルプラットフォームは、紙や筆記用具に費やす予算を削減することも可能です。特に大規模な倉庫を管理している場合、紙を捨ててデジタル化することは合理的です。


9. 適切な在庫管理および商品管理ソフトウェアを選ぶ

小売店、特に大規模な倉庫で在庫管理方法を学ぶには、多くの集中力、時間、労力が必要になります。同時に、倉庫は、特に小売業の繁忙期には、顧客のニーズと要求に応える能力を持つことが重要です。製品在庫管理ソフトウェアとともに、信頼性のある堅牢な在庫管理システムを調達することが合理的な選択です。

在庫受領書を自動的に記録し、その情報をシステムに正確に入力させるソフトウェアが必要です。このような信頼性の高いシステムにより、倉庫管理者は在庫と倉庫全体をより詳細に制御できるようになります。このようなインテリジェントなシステムを導入することで、販売時や注文時のエラーによる在庫不足や過剰、ビジネスの損失が確実に減少します。


10. 効果的な倉庫管理のために適切なピッキング方法を選ぶ

ピッキング戦略は、倉庫が需要の低い時期と需要の高い時期の両方でスムーズに運営されることを保証します。アジャイルなアプローチを適用することで、労働力と在庫の不足を解消します。ソフトウェアによるプロセスを導入することで、従業員が需要に対応するために慌てることなく、販売の増減に柔軟に対応できるようになります。

すべてに完璧なピッキング方法はありませんが、倉庫の規模に応じて以下のアプローチのいずれかが適していることがあります。

  • シングルピッキングは、最も一般的な受注処理方法であり、同時に最も時間がかかる方法です。ピッカーは一度に1つの注文に取り組み、シフト内で何度も行き来します。

  • バッチピッキング(またはマルチオーダーピッキング)は、ピッカーが同時に複数の注文に取り組む方法です。この方法は、同じSKUが複数の注文で高い需要がある倉庫やeコマースストアに最適です。

  • ピックアンドパスは、倉庫をゾーンに分割し、各ゾーンにピッカーが割り当てられます。バスケットやコンテナは、注文が完全に処理されるまで、あるゾーンから別のゾーンへと渡されます。

  • クラスターピッキングは、ピッカーが同時に複数の注文を処理できます。ピッキングカートやモバイルロボットは、プロセスをより管理しやすくするのに役立ちます。

  • ウェーブピッキングは、1つのゾーンでピッキングを行い、バスケットやコンテナをゾーンからゾーンへと渡すのではなく、すべてのゾーンから同時にピッキングする方法です。製品は、それぞれの出荷に分類され、組み合わせられます。

ピッキング方法は、倉庫のサイズや顧客の需要に基づいて、定期的に確認する必要があります。


11. 人気商品の補充を優先し、無駄のない在庫戦略を行う

業務において、作業停止、倉庫の停止時間、急な供給注文はコストがかかる可能性があります。マネージャーは、製品の人気度と在庫の動きを注意深く監視することで、在庫の動きに少なくとも2 歩先を予測する必要があります。品切れを予測することで、不足を防ぎ、倉庫の運用を常時稼働させることができます。


12. デッドストックを再利用することで、Eコマースでの在庫管理を改善する

デッドストックや売れない在庫をすぐに処分したり軽視したりすることはありません。在庫の一部を処分することは、本質的にお金の無駄になるため、費用がかかります。生産中止になったスタイル、返品された荷物、その他の余剰在庫など、デッドストックの在庫を確認し、将来の使用のために保管しておきます。在庫管理の方法を学ぶには、企業が売り込む見込みのない製品をどうするかを知ることも重要です。

デッドストックは、大量の商品を注文した顧客に感謝の気持ちを示したい場合、無料の贈り物として使用することができます。他の企業と提携することも、デッドストックの処分に役立つ別のオプションです。さらに、従業員が製品の大ファンである場合、デッドストックをスタッフや他の従業員へのプレゼントとして割り当てることもできます。

まとめ

現在、ますます多くの顧客がオンラインショッピングを選ぶようになり、Eコマース市場はますます競争が激しくなっています。顧客や注文の増加とともに、常に変化するトレンドがありますが、Eコマースにおけるしっかりとした倉庫管理と在庫管理は、季節を問わず顧客の需要に応えることができます。

適切な倉庫管理チームを見つけ、強力なチームを編成することが重要ですが、倉庫の規模に比例した最適な在庫管理システムと製品在庫管理ソフトウェアを導入することがより重要です。

Eコマースとシームレスに統合できる完全な倉庫管理ソリューションをお探しの場合は、今すぐBitrix24にサインアップしてください!


FAQs

ECサイトの在庫管理とは?

Eコマース倉庫は、オンラインで販売される製品を分類して保管する方法です。つまり、Eコマース倉庫管理は、次のような他の多くのプロセスを含まれます。

  • 倉庫作業員の管理

  • 設備の管理

  • 在庫管理

  • 製品の安全性とセキュリティ

  • プロセスの監視

  • 配送業者との連絡調整

  • 需要予測の観察による在庫の確保

  • 作業員、製品、設備の安全対策の維持

ECサイトの在庫管理はなぜ重要なのか?

Eコマース倉庫管理は、事業主が在庫の監視と追跡の正確性を向上させることで、品切れや紛失、無駄な在庫を防ぐのに役立ちます。効果的なEコマース倉庫管理システムを導入すると、企業は以下のことも実現できます。

  • 倉庫の賃貸または購入の選択
  • 設備、作業員、技術、出荷用品への投資
  • 新しい販売チャネルの採用
  • マルチチャネル在庫管理機能の導入
  • トランジット時間を短縮するための複数のフルフィルメントセンターの開設
  • グローバルブランドへの成長

倉庫管理とは何ですか?

倉庫管理とは、倉庫内の日々の業務を監督、管理、制御する物流プロセスです。以下のような要素が含まれます。

  • 倉庫スタッフの採用、トレーニング、管理

  • 設備のメンテナンス

  • 在庫追跡

  • 受注処理

在庫管理システムのメリットは何ですか?

Eコマース倉庫管理システムを活用することで、企業は以下のメリットを得ることができます。

  • 信頼性のある在庫管理

  • 全体的なコスト削減

  • 正確なピッキング、パッキング、注文処理

Eコマース倉庫管理システムを選ぶ方法はありますか?

Eコマース倉庫管理システムを選ぶ方法は次の通りです。

  • 使いやすさ - 複雑なシステムやセットアップは貴重な時間を浪費する可能性があります。

  • 統合 - 製品管理や在庫管理ソフトウェアなど、既存のソフトウェアと簡単に統合できる倉庫管理システムを選びます。

  • 柔軟性 - ビジネスは時間とともに成長し変化するため、ビジネスの変化に対応できる柔軟な倉庫管理システムやソフトウェアを選びましょう。

  • ROI(Return on investment:リターン・オン・インベストメント)- 適切な倉庫管理システムはコスト削減や利益最大化に役立ちますが、誤った選択は利益を減少させる可能性があります。

  • 正確性 - デモをリクエストして、検討中のシステムが正確であるかを確認します。

  • アクセシビリティ - システムはリアルタイムのデータを必要な時に提供できますか?携帯電話からでもアクセスできますか?

 

最も人気
コミュニケーション
英語メールの署名の書き方とデザインテンプレート25選
コミュニケーション
Googleカレンダーの代替 おすすめ18選
コミュニケーション
【2023年】オンライン会議ツールZoomの代替
CRM
人気トップ10の販売追跡技術を駆使して売上を2倍に延ばす方法
CRM
【2023】おすすめの在庫管理ソフトウェア
目次
1. セキュリティを最優先にする 2. 在庫管理と正確性を優先する 3. 倉庫を整理することで効率を最適化する 4. 定期的に監査し、チームの意見を得る 5. ゾーンを作成し、流れとトラフィックパターンを考える 6. 受信のためのスペースを確保する 6. 受信のためのスペースを確保する 7. 必要な設備を入手する 8. テクノロジーを活用する 9. 適切な在庫管理および商品管理ソフトウェアを選ぶ 10. 効果的な倉庫管理のために適切なピッキング方法を選ぶ 11. 人気商品の補充を優先し、無駄のない在庫戦略を行う 12. デッドストックを再利用することで、Eコマースでの在庫管理を改善する まとめ FAQs
あなたへのおすすめ
ブログ
ウェビナー
用語集

Free. Unlimited. Online.

Bitrix24 は誰もがコミュニケーションを取り、タスクやプロジェクトでコラボレーションし、クライアントの管理などを行える場所です。

無料で始める
あなたへのおすすめ
【2023年】プロジェクト管理ツールについて知っておくべきこと
プロジェクト管理
【2023年】プロジェクト管理ツールについて知っておくべきこと
27 分
中小企業がCRMを導入すべき理由
CRM
中小企業がCRMを導入すべき理由
50 分
【プロジェクト・コミュニケーション】強固なチームを結成して結果を出すための コツ 10選
コミュニケーション
【プロジェクト・コミュニケーション】強固なチームを結成して結果を出すための コツ 10選
31 分