コミュニケーション
無料で登録

【人材定着戦略】優秀な人材を維持する為の11の秘訣

【人材定着戦略】優秀な人材を維持する為の11の秘訣
Bitrix24チーム
2022年7月20日
最終更新日:2022年7月21日

生産性を保ちながら、できるだけ長く会社に勤務するよう従業員のモチベーションを保つには、人材定着戦略が鍵となります。人々に何かを改善する機会を与え、彼らがその機会を楽しめるよう心掛けることが大切です。

急速に変化する雇用市場の中、勤務を続ける従業員がいる一方で、退職する従業員もいます。事業運営の為にも、優秀な人材を確保し続ける為にも、組織はなぜ彼らが退職するのかを理解する必要があります。

一般的な環境において、従業員の満足度は重要な課題です。教育を受けた人々は、より良い機会を求めて転職します。彼らが転職をする動機は、より高い報酬、よりフレキシブルな労働時間、ポジティブな労働環境、より豊かな貢献の機会など様々です。

有能な従業員が変化を希望した際に行動を起こすのは、幹部と人事担当者の役目です。さらに、彼らは選択の実際の根拠を探す必要があります。この記事では、このシナリオを回避し、組織が優秀な人材を維持する為に鍵となるポイントをご紹介いたします。


1.従業員と、安定した信頼基盤を築けていることを確認する

人材定着戦略における最初のステップは信頼関係の構築です。従業員が職場で求めるのは、信頼と安全です。信頼関係が築けていないと、従業員はあなたが彼らの利益の為にベストを尽くしていることに気づけません。信頼関係が無ければ、従業員は自分の意見を言うことに不安を覚えます。

従業員は、幹部が彼らと協力することにただ消極的であると考える可能性があります。これを防ぎ、従業員に企業文化を信頼してもらうには何をすればよいでしょうか?

関係は重要です。従業員との強い信頼関係を築き、彼らに共感と思いやりを示し、必要な際にはいつでも手を差し伸べる姿勢を彼らに印象付けてください。彼らが間違いを犯したり、他の人と協力しながら判断を下したりするのに参加しましょう。


2. 専門的成長と発展を推奨する

従業員は、現状よりも多くを雇用に望みます。人々の多くは、現在の雇用で得るもの、進歩しているものに不満を持っています。

人々は、自らに刺激を与え、自分の能力と努力を有効活用できるキャリアを切望しています。従業員の望みを理解する為に、管理者は組織内での話し合いを推奨する必要があります。

彼らの興味や要求、そして発展に必要な短期的・長期的な目標を理解してください。これは、採用の段階ですぐに開始できます。一方、トレーニングやその先の戦略は人材定着に役立つものです。

トレーニングシステムを提供する為のリソースが組織で不足している場合は、他の方法を模索するのが一番です。組織が才能を開拓して繁栄できるよう、リーダーは開発イニシアチブを提供できます。


3.従業員の幸福度を高める為の投資をする

労働者への財政的圧力をはじめ、労働条件の中には労働者の心理的健康を害するものがあります。これらの問題は、従業員の労働条件を適切に調整する為に、管理者が費用を費やす必要があることを示唆しています。たとえば、従業員の福利厚生計画への投資があります。

ウェルネスプログラムには、前向きな仕事の習慣を推奨し、個人の健康意識を向上させる効果があります。ウェルネスプログラムは、最も革新的な人材定着戦略のひとつですので、これを実行する為の費用が無駄になることはありません。

スタッフ向けメンタルヘルスサポートを行うツールを導入して管理者に権限を与えたり、従業員と対話する為の非公式のチームセッションを設けたりして、職場に存在しうる問題について常に気を配るのも、コミットメントを示す有効な方法です。


4.協力とチームワークを推奨する

前向きな職場文化を形成するには、協力とチームワークが必要です。調整を行うことで作業効率が高まり、重要な仕事を行う為の絆が生まれます。オフィスでの対面作業からテレワークへ働き方が移行している現在、コラボレーションを強化する方法とタイミングを知っていることが管理者に求められます。

在宅勤務者が同期された共通の目標を理解し、定期的にビデオ通話を行い、独自のコミュニケーション方法を確立したりしてチームワークが円滑になるよう、管理者は気を配りましょう。

こうしたコラボレーションを行うことで、優秀な人材を組織で長年確保できます。

 

5.透明性を伝え、サポートする

開放性と透明性は、従業員の満足度を向上します。人数の多い組織では、共同作業を行う為のコミュニケーションにスタッフは苦戦しています。

組織間の障壁が広がったとしても、現実的で効果的なコミュニケーションを確立することはできます。定期的な協議の開催、賢明な従業員感謝制度の確立、必要な進捗報告の実施は、組織の繁栄に役立ちます。グループ全体で知識を共有することは、感謝と絆の感覚を個人に与えます。作業に従事し仕事を成功させる為の知識を個人は望みます。

問題を処理し、懸念を明確にし、キャリアの可能性を概説する為に、リーダーは従業員と頻繁にコミュニケーションを行う必要があります。効率的なコミュニケーションは、従業員のコミットメントを高め、組織の成功に不可欠なソリューションを得る手助けとなります。


6.柔軟性を重視し、個々のニーズに合わせて勤務場所や勤務時間をアレンジする

人材の確保と維持に成功している組織は、従業員に独立した感覚をもたらします。

在宅勤務かオフィス勤務かの選択肢を与えることは、今日の職場において非常に重要です。しかし、それだけでは不十分です。その日の職場環境でどのように業務に従事するか、人々に選択肢を与える必要があります。マイクロマネジメントはお勧めいたしません。

ベースラインの設定は信頼性が高くある必要があります。そして、仕事がどのように行われるかに関しては、ある程度の創意工夫が求められます。必要に応じて、継続的に作業を行う従業員がタスクの完了方法を選択できるよう設定しましょう。この手法は、最も革新的な人材定着戦略のひとつです。


7. 従業員に報酬を与えて表彰する(動機付け)

感謝を示すシステムを作成するにあたり、まずは仕事が認識される必要があり、それには様々な方法があります。内部から認知を広め、それを明らかに(公に)するという道のりが大切です。

まずは、誰かの仕事を褒めるといった些細な行為です。中小企業では、友情と認識の精神がビジネスの発展と推進の鍵を握ります。

しかし、組織の成長に伴いそれは難易度を増します。人口が増加するにつれ、集団的なコミュニケーションは困難になります。ましてや、評価に値する個人が、適切に、有意義な方法でその仕事ぶりや成果を認知されることは困難となりがちです。


8.従業員の昇給を検討する

従業員への報酬を増やすことは、組織にとって容易ではありません。しかし、離職率を減らすには、十分に魅力的な給与を従業員に提供していることを確認する必要があります。

他社と大差のない報酬を提供している場合は、他の側面で従業員を惹きつけることが可能です。現在の報酬を超える額を従業員に与えるよう調整できれば、離職のリスクをほぼゼロにすることができます。他社では得られないような報酬を得ているときに離職を考える人は、よっぽどのことが無い限り存在しません。


9.従業員に追加のメリットを提供する

一般的な報酬とは別に、人材定着戦略の一環として、以下のような追加の福利厚生に資金を割り当てるのも有効です。

賞与(ボーナス)・・・年末や祝日に与えることができます。

経済的メリット・・・有給休暇の旅行の譲歩や長期的なインセンティブ、或いは、ストック製品の従業員割引など。

健康保険・・・これは、従業員にとって素晴らしいインセンティブです。日頃の節約にもなり、体調不良の際には保証があるという安心感を従業員にもたらすことができます。組織が従業員とその家族を大切に扱っているという姿勢も示すことができます。

退職後のメリット・・・プロビデント・ファンド(退職積立基金)の支払いをはじめ、従業員が退職後に受け取るその他の給付。

その他の補償・・・法的支援、心理カウンセリング、社内限定の製品割引、社用車の使用などの従業員支援計画。


10.仕事とプライベートのバランスを組織内で促進する

強い組織文化には、仕事とプライベートのバランスを良好に保つことが必要不可欠です。人材定着戦略のひとつとして仕事とプライベートのバランスを健康的に保つことは、ストレスの解消と、燃え尽き症候群の予防になります。

職場環境で最も一般的な健康問題は、慢性的なストレスです。これは、高血圧、腸の問題、長期的な痛みや痙攣、心臓の問題を引き起こす要因となります。さらに、うつ病、不安神経症、不眠症の増加を引き起こし、精神的健康に深刻な影響を及ぼす可能性があります。

社会的、世代的、社会経済的な変化に伴い、仕事とプライベートのバランスに関する見解は進化し続けます。このバランスを欠いている従業員の存在に気づいたら、管理者は職場環境を再考または変更し、何らかの新しい試みに取り組みましょう。

作業効率の向上は常に目標です。人々が職場を離れて各々の望む余暇を満喫したり、プライベートな時間を充実させることができるよう組織として保証することは、年齢の多様性に関わらず、才能のある人々を維持し、彼らの能力を最大限に活用する為にたいへん有効なアプローチです。


11.明確なキャリアパスを提供する

新規でもベテランでも、従業員は皆、組織の管理がどのように彼らの役に立つかを知りたいものです。社内で同僚がどのような進歩を遂げたか、人々は具体的に目にしたいと考えるものです。 

多くの人々にとって、発展は垂直な傾斜のみではありません。水平線も重要です。若い労働者は、ひとつの職務に限定されるよりも、さまざまなタスクに従事することを好む傾向があります。

ですので、従業員が会社に留まるよう動機づける為の多種多様な仕事をはじめ、明確に定義されたキャリアの機会を提供することが組織にとって重要です。


人材定着戦略のまとめ

人材を定着させるには、長期にわたる共同作業が重要な鍵となります。組織と従業員との間に深い絆(コミットメント)が確立したら、より長く組織に留まってくれるよう、説得力のある利益を従業員に提供することが管理者の責任です。

人材定着戦略を成功させたい方は、ぜひBitrix24にお任せください!Bitrix24は毎日の作業から管理者の責任まで、全てを一か所に集約したワークプラットフォームです。Bitrix24で優秀な人材を組織に定着させましょう!


FAQ


人材定着戦略とは何ですか?

組織によって概要は異なりますが、一般的には、従業員の離職率を減らして優秀な人材を組織に定着させる為の戦略を意味します。組織にとって最適な人材定着戦略を見つけることは、今日の組織や経営幹部が直面する大きな課題です。

人材を定着させ、彼らのモチベーションを高める方法とは?

従業員の定着率と、彼らのモチベーションを高める為には次の手法が有効です。

  • 従業員が仕事をきちんとこなす為に必要なリソースを提供する
  • 彼らの仕事が組織に貢献していることを伝える
  • 透明性のある労働環境を整える
  • 説明責任システムを確立する
  • 企業文化を定義し、それを取り巻く基盤を育成する
  • 幅広い勤務形態を用意する
  • 従業員の努力を認め、褒める(賞与等)

 

Free. Unlimited. Online.
Bitrix24 は誰もがコミュニケーションを取り、タスクやプロジェクトでコラボレーションし、クライアントの管理などを行える場所です。
無料で登録
あなたへのおすすめ
CRM
ロボティックプロセスオートメーション(RPA)って何?どうやって使うの?
プロジェクト管理
【厳選】ナレッジマネジメント(知識管理)システム
CRM
【2022】おすすめCRM(顧客管理)ソフト
CRM
【2022】契約書管理に役立つソフトウェア