コミュニケーション

【2021】チームコミュニケーションツール おすすめ11選

【2021】チームコミュニケーションツール おすすめ11選
ダルメノヴァ・ アンナ
2021年10月27日
最終更新日:2021年10月29日

最高品質のアウトプット、高い生産性、シームレスなコラボレーション-これらは、チームマネージャーなら誰もが実現したい夢の要素です。プロジェクトを成功へと導くこれらの要素を実現するには、コミュニケーションの質が鍵となります。コミュニケーションにおける問題は、コストの増加を招くだけでなく、会社の信用にも悪影響を及ぼし、顧客の安全やチームの生計にも影を落とします。幸いなことに、市場には常に最新のコミュニケーションツールが流通しています。問題は、その種類が多過ぎるということです。あなたのチームにぴったりなコミュニケーションツールを選ぶには、一体どうすればよいでしょうか?この記事では、2021年に人気を集めた社内コミュニケーションツールを11種類ご紹介いたします。


1.     Highfive

タグラインとその実態が一致するサービスやプロバイダは、実はあまり多くはありません。しかし、Highfiveは違います。Highfiveは、“社内コミュニケーションとチームコラボレーションを円滑化して質を高める”というタグライン通りの働きをしてくれます。Highfiveを使うと、場所を問わずチームメンバーを素早くひとつにまとめることができます。ビデオ会議をテレビに繋げて、同僚と画面を共有することができます。Highfiveはスマートフォン(iOS/Android)でも使えますので、世界中のどこからでもディスカッションに参加することができます。Dolby Voiceによるオーディオはたいへんクリアです。ビデオ通話や音声通話をしながら、リンクやドキュメント、その他のファイルをアプリで共有することもできます。


2. Samepage

チームメンバー全員がまとまっていることを確認するのに、最も有効な手段は何でしょうか?それはもちろん、Samepageを使うことです。Samepageを一度でも手にとれば、瞬く間にそのファンになること間違いなしです。Samepageは優秀なチームコミュニケーションツールとして2021年に人気を博したばかりではなく、プロジェクト管理ツールとしても多くの企業に導入された、たいへん優秀なコラボレーションプラットフォームです。Mac、Windows、iOS、Androidなど、パソコンやスマートフォン等あらゆるガジェットで使えることから、Samepageはリモートチームにもおすすめです。ミーティングの実施/参加、ファイルの共有、タスクやプロジェクトの追跡、顧客や外部サプライヤーとのやりとり等、Samepageでこなせるタスクには制限がありません。Samepageはサードパーティーアプリやツールと統合もできます。


3. Front

チームメイト、顧客、外部業者とコミュニケーションを行うのに逐一異なるツールを使っていると、従業員は混乱するものです。Frontを使うと、コラボレーション状況を把握しながら、顧客を扱う作業に取り組むことができます。コミュニケーションチャネルやネットワークをまとめてFrontにプラグすることで、業務の抜け漏れを防止できます。Frontのインターフェースは分かりやすく、他の受信箱に似ています。アイテムの並べ替えやフィルターの他、ユーザー毎/メッセージの種類別/プラットフォーム毎にフォルダを整理することで、作業時間を短縮できます。Frontの提供するレポートは包括的で、良好な点や改善点などの洞察をチームに与えてくれます。


4. Flock

リーダーやマネージャーの第一の使命は、チームを成功へと導くことです。そうは言っても難しい-そうお考えの方は、ぜひFlockをお手にとってみてください。Flockを使うとコミュニケーションチャネルを最適化して、チームメイトとスムーズにコラボレーションができます。たとえば、色々なデバイスで簡易動画やビデオ通話ができます。さらに、Flockを使うとチームメンバーでファイルを共有したり、シンプルなプロジェクト管理を使うことができます。この点において、Flockは他のコミュニケーションアプリとは少々異なります。Flockの無料バージョンは最大20ユーザーを追加できます。1ユーザーにつき月額4.5ドルからの有料バージョンもあります。


5. Hibox

仕事をしていると、行き詰ったりモチベーションが下がったりすることは誰にでもありますよね。そんなときには、誰かと話し合ってアイデアを出し合うことで、状況が改善したりするものです。Hiboxを使うと、チームメイトと素早く簡単に繋がることができます。Hiboxは、プロジェクトチーム向けのコミュニケーションツールです。ウォータークーラー交換のお知らせでも、仕事に関するミーティングであっても、Hiboxひとつあれば安心です。Hiboxを使うと、同僚とプライベートチャットで話し合い、会話をストリームに保存することができます。会社全体で共有したい内容は、公開ルームでアナウンスを行いましょう。HDビデオ会議システムを使うと、まるで同じ部屋にいるかのように顔を合わせて話し合うことができます。ミーティング中には、ワンクリックで画面を共有することもできます。


6. Mattermost

DevOpsは、チームや同僚が協力し合っていてもなお、また、開発プロジェクトの微々たる段階においても、困難となりうるものです。リモートチームのコミュニケーションを活性化して、プロジェクトを成功させたい人におすすめなのが、このMattermostです。Mattermostを使うと、グループメッセージ、会話の整理、ファイルや画像、リンクの共有ができます。音声ミーティングやビデオ会議を実施しながら、画面やチャットを同僚と共有できます。色々なデバイスで通知をカスタムしておけば、どんなに忙しくても何かを忘れる心配はありません。


7. Brosix

次にご紹介いたしますのは、Brosixです。Brosixでは、リアルタイムのコミュニケーションを堪能しながら、チームワークと生産性を向上し、信頼性の高いセキュリティ機能を使うことができます。チームリーダーやマネージャーは、Brosixの管理者アクセスやコントロールアクセスを使って、様々なアプリが日々どのように活用されているかを把握することができます。その他にも、テキストチャットやインスタントメッセージ、ビデオ通話、音声通話、ファイル共有、スクリーンショットの作成、ファイルの移行、仮想ホワイトボードなど、豊富な機能が満載です。ユーザーアクセスの制御、管理者コントロール、様々なレベルでデータを安全に保護します。


8. Troop Messenger

Troop Messengerを使うと、チームをまとめ、1日の業務を整頓してその成果を追跡することができます。Troop Messengerは、大小どんな規模のビジネスでも使えるようにデザインされた、汎用性の高い社内コミュニケーションツールです。Troop Messengerは iOSやAndroid等のモバイルデバイスでも、MacやWindows、Linux等のパソコンでも使えます。Troop MessengerにはForkout(フォークアウト)と呼ばれる機能があり、複数人へ向けて同時に添付を送信することができます。個人間でのプライベートメッセージの交換もでき、これらのスレッドは一定期間が過ぎると期限切れとなります。他にも便利な機能が色々ありますので、ぜひ実際にお手にとって確かめてみてください。


9. Beekeeper

Beekeeperは、チームコミュニケーションを最適化することでビジネスを躍進させるようデザインされたツールです。Beekeeperを使うと、連絡先をすべてインポートしてメッセージやアップデート等の通知を一度のタップで送信することができます。適切なメッセージが適切な人々へ常にきちんと送信されるよう、受信者を設定できます。作業はシステムに任せることができますので、ユーザーがパソコンの前を離れていても安心です。また、Beekeeperはモバイルデバイスからもアクセスできます。社内コミュニケーションを健全に保ち、チームのモチベーションと作業の質を高めることだけがBeekeeperの役割ではありません。Beekeeperは、顧客へ辿り着き、彼らとの繋がりを保つ際にも活躍します。迅速かつ的確に顧客のニーズに対応することで、顧客体験と顧客満足度を向上できます。


10. Slack

チームで使えるプロジェクトコミュニケーションツールとして、おすすめなのがSlackです。Slackを使うと、人々をグループにまとめるチャネルを作成して、メッセージを受信できるようになります。Slackはダウンロードさえすれば、モバイルアプリを通して時と場所を問わずに使うことができます。音声/ビデオ通話機能もあり、画面共有、ファイル以降、録音など記録機能もあります。Slackはサードパーティーアプリと統合もできますので、チームのニーズに合わせて様々なかたちで活用できます。

 

11. 番外編!Bitrix24

チームにだけではなく、顧客にもインパクトを与えることのできるコミュニケーションツールをお探しの際には、Bitrix24をおすすめいたします。Bitrix24にはHDビデオ会話、クリアな音声通話、インスタントメッセージ等の機能があります。ファイルのアップロード/ダウンロード、通話の録音、画面共有も難なくできます。パワフルなCRMシステムは、Bitrix24と他の製品とを隔てる最大の特徴です。Bitrix24 CRMは、ディールや顧客の要望を管理し、コンバート率を改善し、顧客データベースを無制限に保管し、効果的なマーケティングで最大限の販売結果をもたらします。また、Bitrix24を使うとソーシャルメディアやEメールアカウントをプラグインして、顧客とのコミュニケーションと同期できます。さらに、Bitrix24は無料バージョンでもユーザー無制限です。

es_4-08 (1).jpg


さいごに

古い格言にもあるように、コミュニケーションは要です。適切なコミュニケーションツールはチームワークの要となるばかりでなく、ビジネスにおける勝者と敗者とを分かつ要ともなりうるのです。ビジネスを成功させるには、あなたのチームにぴったりなコミュニケーションを見つける必要があります。多くのツールには無料トライアル期間がありますので、まずはそれを試し、実際の使用感をしっかりと体感しましょう。もしもそれがあなたにぴったりなツールであれば、チームメンバーの団結力が強まり、顧客との絆も深まる筈です。この記事が、皆さまが最適なツールをお探しの際、少しでもヒントになれば幸いです。

 

Free. Unlimited. Online.
Bitrix24 は誰もがコミュニケーションを取り、タスクやプロジェクトでコラボレーションし、クライアントの管理などを行える場所です。
あなたへのおすすめ
CRM
【2021】無料で使える市場調査ツール おすすめ6選
CRM
【2021】CRMソフトウェア おすすめ8選
CRM
【2021】おすすめCRM(顧客管理)ソフト
プロジェクト管理
【プロジェクト管理ソフト】おすすめ6選&自分に合うものを見つけるには?